地域福祉権利擁護事業(福祉サービス利用援助事業)
サービスの内容
 
  認知症の方や知的障がいや精神障がいのある方で、自分一人の判断では自信がない
 といった不安をお持ちの方が、住み慣れた地域で安心して暮らせるよう、福祉サービスの
 利用援助や、日常的な金銭管理などの援助を行い、在宅での自立した生活のお手伝いを
 します。
  ご本人と社会福祉協議会が、利用契約を結び、専門員・担当職員と生活支援員がサー
 ビスを提供します。
◎契約を結んで、生活支援員の訪問が始まってから利用料がかかります。
 それまでは職員が何度訪問しても無料です。

<サービス利用料> 訪問1時間あたり 1,000円(以降30分ごとに 500円)
              交通費は実費(車・バイクの場合は300円)
サービス利用料金
サービスを受けることができる方
<福祉サービスの利用のお手伝い>
   ・福祉サービスを利用したり、変更したり、やめたりする相談のお手伝いをします。
   ・福祉サービスの不満・疑問を解決する「苦情解決制度」の利用のお手伝いをします。

<日常的な金銭管理のお手伝い>
   ・福祉サービスの利用料や公共料金などの支払い手続きや確認のお手伝いをします。
   ・生活費を預貯金から払い戻したり預け入れる時に同行したり、代行したりします。

<ふだんの生活に必要な手続きのお手伝い>
   ・家に届く郵便物や通知物を一緒に確認します。
   ・行政や事業所での必要な手続きをお手伝いします。

<大切な書類のお預かり>
   ・通帳や証書類、権利証、印鑑などを社会福祉協議会でお預かりします。

  ※このサービスでお手伝いできないこと
    ・本人にかわって施設入所などの契約を決定すること。
    ・施設入所や入院時の保証人になること。
    ・預かった資産を運用すること。
    ・現金や不動産などを預かること。