飛鳥ニューツーリズム協議会

写真



発足
目的
構成
連携
これまでの活動

飛鳥地域において体験交流プログラムと民家ステイによる教育旅行の
受入推進、また地域及び奈良県内において体験交流プログラムや地域資源を
活用した着地型観光を展開していく為、更にワンストップサービス型
受入れ組織の公地気を目指して、発足しました。

 飛鳥地域における着地型観光の実現に向けて、関係団体及び法人・個人が
 協力して共に考え、行動し、地域資源である「人・自然・歴史・産業・文化・交流」
 をテーマにした地域活性化を寄与することを目的としています。

 当協議会では以下の4団体で構成されており、
 明日香村や奈良県からの支援を受け、教育旅行の受入れに取り組んでいます。

 ■明日香村商工会
 ■明日香村地域振興公社
 ■飛鳥観光協会
 ■奈良県商工会連合会

 ■明日香村(後援)

 民化ステイ・体験プログラムを実践するにあたり、奈良県や
 地域の法人・個人が共に協力し合い、深い連携のもと実現しています

 ■奈良県立大学
 ■奈良県観光局観光プロモーション課
 ■奈良県立万葉文化館

 平成23年
  5月 明日香ニューツーリズム協議会設立総会
  7月 モニターツアー実施
  9月 修学旅行受け入れ
 10月 シンガポールからの視察受け入れ(インバウンド)
 12月 全国ほんもの体験フォーラムへ参加
     モニター歴史ガイドツアー

 4月〜11月
 旅行社会訪問(東京・神奈川・岡山・神戸・福岡・石川 …etc)