器の販売風景←click (器は丁寧に扱いましょう)



私、生まれも育ちも大和の国は初瀬です。 
かの有名な長谷寺十一面観音様のお膝元ときた。
初瀬の川で産湯を使い、根っからの大和人です。
姓は吉岡、名は萬理と申します。 マリではありません、バンリです!! 
54歳 おっさんです。  残念~!!


自分で作った やきものを ランボルギーニハイエースバンに積み込んで
日本全国へ個展の旅に出かけます。 
個展と言えば聞こえが良いですが、ま~出稼ぎの旅とも言えるな~。

でも行く先々で、有り難いかな沢山の人たちの人情に触れ エライお世話になり
そして日本列島津々浦々の自然や風物に触れる事が出来ます。

個展を終えて奈良に帰ると、体はキツイけど、日本はまだまだ捨てたもんじゃないと
思えるのです。 また頑張ろうと、勇気と希望が湧いてくるのです。
たまに売れなかった時は、心も体も懐もキツイけどな(笑)

ま~こんな調子でやきもの屋さんとしてこれまでやってきて、もう後戻りはできません。 
やきもの屋として人生突っ走るしかありません。 
キツイ、お金にならないこんな仕事ですが、でも唯一エエところは時間的にも精神的にも
「自由だ~!!」 と言う事です。  どうせやるなら好きにやらずにどないするねん。 
自分が作りたいと思ったものしか作らんぞ~。 
そう 「自由」 こそがこの仕事の旨味やで~!!  実に青臭い(笑)

自由は、はきちがえるとアホみたいになってしまうので、自由でいると言う事は
非常に大変な事なのかもしれません。
でもそんな事を怖がっていては、僕の思い描く作品は作れません。
心が自由であるということは、きっと良い作品を作るのに大事な事だと思うのです。
これからも誰に遠慮することなく、精神を自由にして土いじったり、絵描いたりしたるねん!!
そしたらいつの日か、オモロイ作品が作れると思うのですわ~。

こいつ大丈夫か~? なんかオモロそうなおっさんやな~
そこまで言うなら一回ぐらい見たろやないけー
何でもかまいませんので、あなたの町へ行ったなら是非見に来てやってチョ!!

ま~そんなことで、こんな感じでやっとります。→Click (動画提供 うつわや悠々さん)