このページ脳トレ 知力トレーニング           

知能を高める脳トレ、エルピス知力トレーニング

優勝

関連検索 削除,Yahoo!検索順位上位表示方法SEO裏技エルピス阪神タイガース優勝2023,誹謗中傷ワード消去関連検索対策(自宅サーバー)

脳トレ エルピス知力トレーニング

高齢者、リハビリに最適の無料右脳トレーニング


Amazing grace!
How sweet the sound
That saved a wretch like me!
I once was lost but now I am found
Was blind, but now I see.
'Twas grace that taught my heart to fear.
And grace my fears relieved;
How precious did that grace appear,
The hour I first believed.
Through many dangers, toils and snares.
I have already come;
'Tis grace has brought me safe thus far,
And grace will lead me home.
When we've been there ten thousand years,
Bright shining as the sun,
We've no less days to sing God's praise
Than when we've first begun.

作詞者はジョン・ニュートン (John Newton,1725?1807)。作曲者は不詳。アイルランドかスコットランドの民謡を掛け合わせて作られたとしたり、19世紀に南部アメリカで作られたとするなど、諸説がある。 ジョン・ニュートンは1725年、イギリスに生まれた。母親は幼いニュートンに聖書を読んで聞かせるなど敬虔なクリスチャンだったが、ニュートンが7歳の時に亡くなった。成長したニュートンは、商船の指揮官であった父に付いて船乗りとなったが、さまざまな船を渡り歩くうちに黒人奴隷を輸送するいわゆる「奴隷貿易」に携わり富を得るようになった。 当時奴隷として拉致された黒人への扱いは家畜以下であり、輸送に用いられる船内の衛生環境は劣悪であった。このため多くの者が輸送先に到着する前に感染症や脱水症状、栄養失調などの原因で死亡したといわれる。 ニュートンもまたこのような扱いを拉致してきた黒人に対して当然のように行っていたが、1748年5月10日、彼が22歳の時に転機は訪れた。イングランドへ蜜?を輸送中、船が嵐に遭い浸水、転覆の危険に陥ったのである。今にも海に呑まれそうな船の中で、彼は必死に神に祈った。敬虔なクリスチャンの母を持ちながら、彼が心の底から神に祈ったのはこの時が初めてだったという。すると流出していた貨物が船倉の穴を塞いで浸水が弱まり、船は運よく難を逃れたのである。ニュートンはこの日を精神的転機とし、それ以降、酒や賭け事、不謹慎な行いを控え、聖書や宗教的書物を読むようになった。また、彼は奴隷に対しそれまでになかった同情を感じるようにもなったが、その後の6年間も依然として奴隷貿易に従事し続けた。のちに、真の改悛を迎えるにはさらに多くの時間と出来事が必要だったと彼は語っている。 1755年、ニュートンは病気を理由に船を降り、勉学と多額の献金を重ねて牧師となった。そして1772年、「アメイジング・グレイス」が作詞された。歌詞中では、黒人奴隷貿易に関わったことに対する悔恨と、それにも拘らず赦しを与えた神の愛に対する感謝が歌われている。

世の中の偽善者たちよ! 汝らに天照大御神の御加護あれ!

エルピス(古代ギリシャ語:希望)知力トレーニングは若者の学力低下に対応するため、1995年より開発が始まった新しい右脳開発法(脳トレ)です。読書速度を速める、事務能力を高める、記憶力を高める、知能を高める、健康になる等のことが特殊な図(知力トレーニング図一覧)を眺めることにより可能になりました。知力トレーニングのプログラムや無料脳トレゲームを公開しますので、楽しく脳トレを楽しんで下さい。右脳というと最近では○○式右脳教育法とか、なにかいかがわしいイメージになってしまいましたが、知力トレーニングは、右脳も開発しようという意味で決してオカルトではないことを宣言しておきます。右脳を開発することは、決して○○式のように、子供の脳を固定してしまうものではありません(○○式には効果がまったくないので、無害ともいえますが)。右脳を使うことにより、柔軟な発想ができるのです。理数系も文系もどちらも理解でき、発見する能力を身につけるのです。確かに天才=右脳が発達した人、という図式は当たっていると思います、しかし右脳を過度に使う→天才になれるわけではないことも理解してください。まるで右脳開発を否定するかのような文になってしまいましたが、私は右脳開発こそが今後の日本の運命を左右すると信じています。ただ、○○式のような似非科学、オカルト、右脳を金儲けにするために学歴詐称をする人物などを否定するあまりに言い過ぎたかもしれません。やはり真の脳トレは右脳開発であると思っています。

また、知力トレーニングを行っている老人は、病気の回復が速くなります(この効果は右脳よりも左脳に働いている可能性が高いですが)。高齢者の方には手足が動くようになる、ボケ防止等の効果があるので、脳トレ知力トレーニングを強くお勧めします。(ボケ防止の効果が最も強く働いたのは私の妻です。2007年11月重度のくも膜下出血から、二ヶ月で完全に回復しました。)

お気に入りに追加  


人類右脳進化
(現在ダウンロード不可)
知力トレーニングダビデの亀プログラム
無料ダウンロード

Alexander

大統領就任演説リンク
JFK

鎌田東征