4月1日 ホームページをリニューアルしました。   
 
 
  治道認定こども園は、大和郡山市域の東南部に位置しています。園の所在地横田町あたりは、
五、六世紀に栄えた豪族、和邇氏が支配し栄えていた歴史ある土地柄です。園の近くには、園児がよく散歩に出かける「和邇下神社」があり古い歴史を伺い知ることができます。1954年、治道小学校内に大和郡山市立治道幼稚園が創立されました。その後、1979年に独立園舎が建設され小規模ながら、地元の就学前の幼稚園教育を担ってきました。しかし、園児数は少なく、地元活性化のため、また、大和郡山市の初めての試みとして2010年より「認定こども園」として子育て支援に注力し、2011年から「幼保連携こども園」として0歳から5歳までの幼児を保育しています。園の周囲は、田園が広がり豊かな自然に恵まれています。このような保育環境に恵まれた中で職員一同、教育保育方針の達成に日々努めています。