多発性骨髄腫 Multiple Myeloma(MM)
研究ノート


■7. MMの病期分類と予後

病期分類(Staging)

予後(Prognosis)


 病期分類

● Durie & Salmon 病期分類基準

病期 診断基準 腫瘍細胞量
I 次の項目のすべてを満たすもの
  1)ヘモグロビン値 10g/dl
  2)血清カルシウム値 正常(≦12mg/dl
  3)骨X線写真で正常像もしくは孤立性の骨形質細胞腫
  4)低-M成分産生率
    a.IgG 5g/dl
    b.IgA 3g/dl
    c.電気泳動上の尿中LM成分 4g/24hr
少量
0.6×1012/sqm
II 病期I、IIIのいずれにも属さないもの 中等量
<0.6〜1.2×1012個/sqm
III 次の項目のうちひとつ以上を満たすもの
  1)ヘモグロビン値 8.5g/dl
  2)血清カルシウム値 12mg/dl
  3)進行した骨融解病変(広範囲および骨折)
  4)高-M成分産生率
    a.IgG 7g/dl
    b.IgA 5g/dl
    c.電気泳動上の尿中LM成分 12g/24hr
大量
1.2×1012/sqm
(腫瘍細胞1012個は
1kgの腫瘍に相当)
亜分類 A =腎機能比較的正常(血清クレアチニン<2.0mg/dl
B
=腎機能異常(血清クレアチニン≧2.0mg/dl
  (血清クレアチニンの代わりにBUNを用いてもよい。
   ABUN30mg/dlBBUN30mg/dl
 

Durie BG, Salmon SE. A clinical staging system for multiple myeloma. Correlation of measured myeloma cell mass with presenting clinical features, response to treatment, and survival. Cancer. 1975 Sep;36(3):842-54. [PubMed]

● Durie/Salmon PLUS病期分類システム

分類 新しい画像法:MRIおよび/またはFDG PET
MGUS 完全陰性
多発性骨髄腫
病期IA*(くすぶり型または無症候性)
単発性形質細胞腫瘍および/または
限局性疾患が画像で確認される可能性あり
多発性骨髄腫
病期IB*,IIA/B*,IIIA/B*
病期IB 巣状病変5個未満;軽度の骨粗しょう症(広範な骨量の減少)
病期IIA/B* 巣状病変5〜20個;中等度の骨粗しょう症(広範な骨量の減少)
病期IIIA/B* 巣状病変21個以上;重度の骨粗しょう症(広範な骨量の減少)

A*: 血清クレアチニン値2.0 mg/dLb未満, 髄外病変(EMD)なし
B*: 血清クレアチニン値2.0 mg/dLb以上, 髄外病変(EMD)あり

参考文献:
1.Bauer et al. Magnetic resonance imaging as a supplement for the clinical staging system of Durie and Salmon; Cancer 2002; 95: 1334-1345.

2.Durie et al. Whole-body F-FDG PET identifies high-risk myeloma. J Nucl Med 2002; 43: 1457-1463.

3.Greipp et al. Development of an International Prognostic Index Group. Haematol J 2003; 4 (Suppl 1): P7.1 S42-S44.

亜分類Bにおいて予後不良の特徴を最大限明らかにする必要がある場合、血小板130,000/mm3未満および/またはLDH正常値超を追加パラメータとする。

● SWOGの病期分類システム(血清β2ミクログロブリン値と血清アルブミン値)

病期 診断基準
病期I β2M<2.5 mg/dL
病期II β2M≧2.5<5.5 mg/dL
病期III β2M≧5.5 mg/dL
S. Alb≧3.0 g/dL
病期IV β2M≧5.5 mg/dL
S. Alb<3.0 g/dL

Jacobson J et al. A new staging system for multiple myeloma patients based on the Southwest Oncology Group (SWOG) experience

● IPI病期分類システム(国際骨髄腫病期分類ワーキンググループ)

病期 診断基準
病期I β2M<3.5;S. Alb≧3.5
病期II β2M<3.5;S. Alb<3.5

または

β2M3.5-5.5

病期III β2M>5.5

Greipp PR et al. Development of an International Prognostic Index Group. Haematol J 2003; 4 (Suppl 1): P7.1 S42-S44.


予後(Prognosis)

予後因子として認識されているもの

因子 意味
年齢 若い−良好
全身状態(Performance Status) 低値−不良
ルーチンの臨床検査  
β2マイクログロブリン 高い−不良
血清アルブミン 低い−不良
血清クレアチニン 高い−不良
LDH値 高い−不良
C反応性蛋白 高い−不良
ヘモグロビン 低い−不良
血小板数 少ない−不良
特殊検査  
Labelling Index 高い−不良
形質細胞の形態 形質芽球−不良
骨髄細胞遺伝学  
標準細胞遺伝学 低二倍体/13番欠失−不良
FISH分析(13番染色体) 13番欠失−不良
マイクロアレイ法 鑑別パターン
全身FDG/PETスキャン 髄外病変−不良