多発性骨髄腫 Multiple Myeloma(MM)
研究ノート


■9. 化学療法(Chemotherapy)

従来型化学療法

日本の多剤併用化学療法

新しい多剤併用化学療法

化学療法薬剤


化学療法レジメン一覧
治療名 使用薬剤 備考
MP メルファラン+プレドニゾン  
HDM 高用量メルファラン  
CP シクロフォスファミド+プレドニゾン  
C-weekly シクロフォスファミド  
VBMCPM2) ビンクリスチン+BCNU(カルムスチン)+メルファラン+シクロフォスファミド+プレドニゾン  
VMCP/VBAP ビンクリスチン+メルファラン+シクロフォスファミド+プレドニゾンと
ビンクリスチン+BCNU(カルムスチン)+アドリアマイシン+プレドニゾンの交代療法
 
ABCM アドリアマイシン+BCNU+シクロフォスファミド+メルファラン  
VCMP ビンクリスチン+シクロフォスファミド+メルファラン+プレドニゾン  
VBAP ビンクリスチン+BCNU+アドリアマイシン+プレドニゾン  
HDD 大量デキサメサゾン(コルチコステロイド)  
VAD ビンクリスチン+アドリアマイシン+デキサメサゾン  
VAMP ビンクリスチン+アドリアマイシン+メチルプレドニゾロン  
NOP ミトキサントロン+オンコビン(ビンクリスチン)+プレドニゾロン  
Z-Dex 経口イダルビシン+デキサメタゾン  
DC-IE デキサメタゾン+シクロフォスファミド+イダルビシン+エトポシド  
C-VAD シクロフォスファミド+ビンクリスチン+アドリアマイシン+デキサメサゾン  
VAD-PECC (ビンクリスチン+アドリアマイシン+デキサメタゾン)と(プレドニゾン+ビンデシン+カルムスチン+シクロフォスファミド)交互サイクル  
EDAP エトポシド+デキサメタゾン+シタラビン(Ara-C)+シスプラチン  
DCEP デキサメタゾン+シクロフォスファミド+エトポシド+シスプラチン  
MMCP MCNU+メルファラン+シクロフォスファミド+プレドニゾン 日本
DAD ドキソルビシン+アルケラン(メルファラン)+デキサメサゾン 日本
ROAD-IN ラニムスチン(MCNU)+オンコビン(ビンクリスチン)+アルケラン(メルファラン)+デキサメタゾン+インターフェロン 日本
MCNU-VMP MCNU+ビンクリスチン+メルファラン+プレドニゾン 日本
COP/MP (シクロフォスファミド+オンコビン(ビンクリスチン)+プレドニゾン)と(メルファラン+プレドニゾン)の交代療法 日本
MCNU-COP/MP MCNU+シクロフォスファミド+オンコビン(ビンクリスチン)+プレドニゾン)と(メルファラン+プレドニゾン)の交代療法 日本
MCMP MCNU+シクロフォスファミド+メルファラン+プレドニゾン 日本
DVd ドキシル+ビンクリスチン+低量デキサメタゾン  
DVd-T ドキシル+ビンクリスチン+低量デキサメタゾン+サリドマイド  

● 従来型化学療法

MP療法(メルファラン+プレドニゾン)

MP
(q 4-6 weeks)
melphalan(L-PAM) 0.25mg/kg/day(po) days 1〜4
predonisolone(PSL) 2mg/kg/day(po) days 1〜4

1958年: Blokhin らがフェニル・アラニン・マスタードのD-/L-イソマーのラセミ体であるサルコリシン(sarcolysin)の治療効果(3/6例)を報告し、その後、L-イソマーに抗MM効果があることが分り、メルファラン(商品名:アルケラン、略号:L-PAM)開発された。

Blokhin N, et al. Clinical experiences with sarcolysin in neoplastic diseases. Ann NY Acad Sci 1958;68: 1128-1132.[PubMed]

1967年: Salmon らが高用量プレドニゾン間歇投与がメルファラン不応例に有効なことを報告した。

Salmon SE, et al. Intermittent high-dose prednisone (NSC-10023)therapy for multiple myeloma. Cancer Chemother Rep 1967;51:179-187.[PubMed]

1969年: Alexanian らが未治療183例でのメルファラン単独とメルファラン+プレドニゾンの治療結果を報告した。奏効率はM群32%対MP群65%で、50%生存期間M群15か月対MP群24か月であった。

Alexanian R, et al. Treatment for multiple myeloma: combination chemotherapy with different melphalan dose regimens. J A Med Assoc 1969;208:1680-1685.[PubMed]

1969年: Samoson らはMP間歇投与と持続投与を比べると間歇投与が骨髄抑制が少なく投与量調節の必要性が少ないことを報告した。

Samoson D: Principles of chemotherapy and radiothrapy. In: Gahrton G, et al, editors. Multiple Myeloma. London, Arnold. 1969.

1973年: Costa らはgood risk 患者に効果があり、poor risk 患者では生存期間を短縮させると報告した。

Costa G: Melphalan and prednisone: an effective combination for the treatment of multiple myeloma. Am J Med 54: 589-599, 1973

1980年: 英国MRCがメルファラン単独とMPの比較では標準量のステロイド付加の恩恵はなく、ステロイド関連副作用の発現リスクが高い患者では避けることが合理的だと報告している。

Medical Research Council's Working Party on Leukaemia in Adults. Report on the second myelomatosis trial after five years of follow-up. Br J Cancer. 1980 Dec;42(6):813-22.

1988年: Belch らはプラトー後のMP療法継続と経過観察との比較試験で治療継続の効果はないと報告している。

Belch A, et al. A randomized trial of maintenance versus no maintenance melphalan and prednisone in responding multiple myeloma patients. Br J Cancer. 1988 Jan;57(1):94-9. [PubMed]

1990年: Feinberg らはメルファランが吸収が悪く食前投与が一般的であるが奏効者と非奏効者で血液毒性は同等であり吸収の差だけではないと報告している。

Fernberg JO, et al. Oral dosage of melphalan and response to treatment in multiple myeloma. Eur J Cancer. 1990 Mar;26(3):393-6. [PubMed]

1995年: Bergsagelらが奏効率50%、生存期間延長約32か月で、4か月のプラトーに達したら治療を止めると報告している。

Bergsagel DE.: The role of chemotherapy in the treatment of multiple myeloma. Baillieres Clin Haematol. 1995 Dec;8(4):783-94. [PubMed]

1998年: 英国MRCのMTCGが多剤併用化学療法とMP療法を比較した臨床試験27件(患者数6,633例)のメタアナリシス評価を行った。奏効率はCCT(60.0%)対MP(53.2%)で、死亡率はCCT群が1.5%低かったものの有意な差ではなかった。中央生存期間(29か月)は同等であった。

Myeloma Trialists' Collaborative Group.Combination chemotherapy versus melphalan plus prednisone as treatment for multiple myeloma:an overview of 6633 patients from 27 randomized trials.J Clin Oncol 1998;16: 3832-3842.[PubMed]

2002年: 1985年〜2000年の低量MPの持続投与109症例(A群:初回治療、中央年齢78歳、67例、B群:2回以降治療、中央年齢72歳、42例)で、反応はA群32%/B群13%)、SDはA群(45%/B群47%)、PDはA群(5%/B群18%)で、中央生存期間は19か月と24か月であった。

Pulsoni A, et al: Continuous low dose of melphalan and prednisone in patients with multiple myeloma of very old age or severe associated disease. Drugs Aging. 2002;19(12):947-53. PMID: 12495369 [PubMed]


■HDM療法(高用量メルファラン)

1983年: McElwain らが最初に高用量メルファランの治療結果を報告した。MM8例(未治療4例)にメルファラン(100-140 mg/m2 )IV点滴治療を行い、既治療4例では全例疼痛が消失し、M蛋白減少、骨髄形質細胞数減少が見られたが寛解期間は2〜16か月と短かった。

McElwain TJ, et al. High-dose intravenous melphalan for plasma-cell leukaemia and myeloma. Lancet. 1983 Oct 8;2(8354):822-4. PMID: 6137651 [PubMed]

1987年: Selby らは既治療15例を含むMM58の治療結果を報告した。未治療41例ではCR11(27%),PR21(51%)で、寛解継続期間は19か月であった。既治療15例ではCR2例,PR8例(奏効率66%)で、全例が1年以内に再発した。

Selby PJ, et al.: Multiple myeloma treated with high dose intravenous melphalan. Br J Haematol. 1987 May;66(1):55-62. PMID: 3593657 [PubMed]

1988年: Barlogie らは既治療43例の治療結果を報告した。奏効率は44%で、内訳は再発18例中10例(56%)、治療無効12か月以内12例中6例(50%)、治療無効13か月以上13例中3例(23%)に寛解が得られ、治療歴の長い患者に無効例が多かった。平均生存期間は、PS≦1でLDHが高くない21例が18か月だったのに対し、残り22例ではわずか3か月だった。

Barlogie B, et al.: Prognostic factors with high-dose melphalan for refractory multiple myeloma. Blood. 1988 Dec;72(6):2015-9. PMID: 3196876 [PubMed]

1992年: Case らはMM28例をメルファラン60/80/100/140mg/m2の4群にわけた試験を報告した。

Case DC Jr, et al.: Phase I-II trial of high-dose melphalan in previously untreated stage III multiple myeloma: Cancer and Leukemia Group B study 8512. Cancer Invest. 1992;10(1):11-7. PMID: 1735010 [PubMed]

反応 60mg/m2 80mg/m2 100mg/m2 140mg/m2
CR(Complete Remission) - - 1 1 2
PR(Partial Remission) 5 1 1 5 12
nR(no Response) 3 - - 1 4
PD(Progression) 2 - - - 2
死亡(Toxic death) 2 - 2 4 8
総計 12 1 4 11 28

1994年: Cunningham らが長期成績を報告している。HDM(140 mg/m2)による初回治療例63例で、CR32%(20/62),CR+PR82%(51/62)、生存期間中央値47か月と良い成績だが、CR20例中で5年寛解維持は3例のみと少ない。

Cunningham D, et al.: High-dose melphalan for multiple myeloma: long-term follow-up data. J Clin Oncol. 1994 Apr;12(4):764-8. PMID: 8151320 [PubMed]


■CP療法(シクロフォスファミド+プレドニゾン)

CPM+PSL レジメン

CP
(q 3 weeks)
cyclophosphamide(CPM) 100mg/m2/day(po) days 1〜4
predonisolone(PSL) 2mg/kg/day(po) days 1〜4

CPM毎週投与レジメン

C-weekly
(weekly)
cyclophosphamide(CPM) 2-400mg/m2/day(div) weekly

 

1963年: Rivers らがシクロフォスファミドを最初に使用した。

Rivers SL, et al.: Comparison of effect of cyclophosphamide and a placebo in treatment of multiple myeloma. Cancer Chemother Rep. 1963 May;29:115-9. [PubMed]

1969年: メルファランとの比較試験結果を報告した。

Rivers SL,Patno ME.Cyclophosphamide vs melphalan in treatment of plasma cell myeloma.JAMA 1969;207: 1328-1334.[PubMed]

1964年: Korst らも同様の報告を行っている。

Korst DR, et al.: MULTIPLE MYELOMA. II. ANALYSIS OF CYCLOPHOSPHAMIDE THERAPY IN 165 PATIENTS. JAMA. 1964 Sep 7;189:758-62. [PubMed]

1971年:英国MRCはメルファランとシクロフォスファミドの比較を行い、同等の効果を報告している。

MRC Working Party on Leukaemia in Adults. Myelomatosis: comparison of melphalan and cyclophosphamide therapy. Br Med J 1: 640-641, 1971.

1972年: Bergsagel らがMP耐性例にも有効なことを報告している。

Bergsagel DE, et al.: Plasma cell myeloma: response of melphalan-resistant patients to high-dose intermittent cyclophosphamide. Can Med Assoc J. 1972 Nov 4;107(9):851-855. [PubMed]

1980年: MRC第3次試験の485例の結果が報告され、反応率および生存期間に関して、メルファランと同様な結果が得られている。

Medical Research Council's Working Party on Leukaemia in Adults. Treatment comparisons in the third MRC myelomatosis trial. Br J Cancer. 1980 Dec;42(6):823-30. [PubMed]

1984年: Lenhard らは難治例や再発例に対し大量のシクロフォスファミド(600mg/m2/dayx4day)で奏効率43%を得ている。

Lenhard RE Jr, et al.: High-dose cyclophosphamide. An effective treatment for advanced refractory multiple myeloma. Cancer. 1984 Apr 1;53(7):1456-60. [PubMed]

1987年: Brandes らは毎週のシクロフォスファミド投与(150-300 mg/m2/weekly; 最大500 mg)とプレドニゾン(50-100 mg/隔日)により進行例や耐性例だけでなく4週間隔投与不応例にも有効性を報告している。

Brandes LJ, Israels LG.: Weekly low-dose cyclophosphamide and alternate-day prednisone: an effective low toxicity regimen for advanced myeloma. Eur J Haematol. 1987 Oct;39(4):362-368. [PubMed]


VBMCP療法(M2プロトコル)

ビンクリスチン+BCNU(カルムスチン)+メルファラン+シクロフォスファミド+プレドニゾンによる多剤併用療法(M2プロトコル)

VBMCP レジメンM2プロトコル)

VBMCP
(M-2 protocol)
(q 5 weeks )
vincristine*    
BCNU(carmustine)    
melphalan    
cyclophosphamide    
prednisolone    

1974年: Lee らがビンクリスチン+BCNU(カルムスチン)+メルファラン+シクロフォスファミド+プレドニゾンによるVBMCP療法(M2プロトコル)を報告した。

Lee BJ, et al. Proceedings: Combination chemotherapy of multiple myeloma with alkeran, cytoxan, vincristine, prednisone, and BCNU. Cancer. 1974 Feb;33(2):533-8. [PubMed]

1982年: Tirelli らは1975年1月〜1981年5月にM2プロトコルを受けた25症例を報告している。17/21 (80.9%)に有意反応が得られ、反応は中央値2か月で見られ反応継続期間は中央値8か月で、生存期間中央値は42か月であった。

Tirelli U, et al. Combination chemotherapy for multiple myeloma with melphalan, prednisone, cyclophosphamide, vincristine, and carmustine (BCNU) (M-2 protocol). Cancer Treat Rep. 1982 Nov;66(11):1971-3. [PubMed]

1983年: Paccagnella らは1975年1月〜1981年12月にM2プロトコル(Leeらのレジメンと異なる)を受けた63症例を報告している。44/56(78%)に有意反応が得られ、反応継続期間は中央値21.5か月であった。有効例では1年で治療を停止し、再発時に再開して18/22(82%)が反応している。また3回目の治療を受けた4/7例が反応した。全生存期間は51か月であった。

Paccagnella A, et al. Treatment of multiple myeloma with M-2 protocol and without maintenance therapy. Eur J Cancer Clin Oncol. 1983 Oct;19(10):1345-51. [PubMed]

1984年 Gossinger らはM2プロトコルの未治療MM37症例で、奏効24(65%)、反応は中央値10週で得られ、反応継続期間は中央値15.3であった。全生存期間中央値は24か月であった。

Gossinger H, et al. Efficacy of the M-2 protocol in previously untreated patients with advanced multiple myeloma. Blut. 1984 Nov;49(5):383-8. [PubMed]

1985年Case らはM2プロトコルの未治療MM54症例を報告した。奏効50/54(90%)、全生存期間中央値は4年と予想される。

Case DC Jr, et al. Combination chemotherapy for multiple myeloma with BCNU, cyclophosphamide, vincristine, melphalan, and prednisone (M-2 protocol). Oncology. 1985;42(3):137-40. [PubMed]

1985年: Hansen らはVBCMPとVMPとMPを比較した第III相試験の結果で、奏効率、生存率とも変わらなかったと報告した。

Hansen OP, et al. Phase III study of intermittent 5-drug regimen (VBCMP) versus intermittent 3-drug regimen (VMP) versus intermittent melphalan and prednisone (MP) in myelomatosis. Scand J Haematol. 1985 Nov;35(5):518-24. [PubMed]

1997年: Oken らがECOGのMPとVBMCPの比較試験結果を報告している。未治療MM患者をVBMCP群(220例)とMP群(221例)に無作為化し、寛解率はVBMCP群(72%)MP群(51%)、50%生存期間はVBMCP群(30か月)対MP群(28か月)、5年生存率はVBMCP群(26%)対MP群(19%)であった。

Oken MM, et al.: Comparison of melphalan and prednisone with vincristine, carmustine, melphalan, cyclophosphamide, and prednisone in the treatment of multiple myeloma: results of Eastern Cooperative Oncology Group Study E2479. Cancer. 1997 Apr 15;79(8):1561-7. [PubMed]

 


VMCP/VBAP療法

ビンクリスチン+メルファラン+シクロフォスファミド+プレドニゾンとビンクリスチン+BCNU(カルムスチン)+アドリアマイシン+プレドニゾンの交代療法である。

VMCP/VBAP レジメン

VMCP/VBAP(IMMSG) :alternative q 4 weeks
VMCP vincristine* 1mg (iv) day 1
melphalan 6mg/sqm (po) days 1〜7
cyclophosphamide 120mg/sqm (po) days 1〜7
prednisolone 60mg/sqm (po) days 1〜7
VBAP vincristine* 1mg (iv) day 1
doxorubicin* 30mg/sqm (po) day 1
carmustine* 30mg/sqm (po) day 1
prednisolone 60mg/sqm (po) days 1〜7

 

1983年: Salmon らがSWOGのMPとVMCP/VBAPの比較試験結果を報告している。VMCP/VBAP群160例とMP群77例で、75%以上の腫瘍減少が53%対32%で、中央生存期間が43か月対23 カ月であった。

Salmon SE, et al: Alternating combination chemotherapy and levamisole improves survival in multiple myeloma. J Clin Oncol 1:453, 1983 [PubMed]

1986年: Durie らがSWOGのVMCP/VBAP交代療法とVCP療法の比較試験結果を報告している。未治療440例で、levamisoleメンテナンスの無作為化も行い、75%以上の腫瘍縮小反応はVMCP/VBAP(54%44%)VCP(28%28%)で、VMCP/VBAP(48か月と33か月)対VCP(29か月と26か月)であった。

Durie BG, et al: Improved survival duration with combination chemotherapy induction for multiple myeloma: a Southwest Oncology Group Study. J Clin Oncol. 1986 Aug;4(8):1227-37. [PubMed]

1993年: Blade らがスペインPETHEMAのVMCP/VBAP交代療法とMP療法の比較試験結果を報告している。未治療487例のうち評価可能な449例で、奏効率はVMCP/VBAP群(45.2% )対MP群(31.5%)であった。

Blade J, : Alternating combination VCMP/VBAP chemotherapy versus melphalan/prednisone in the treatment of multiple myeloma: a randomized multicentric study of 487 patients. J Clin Oncol. 1993 Jun;11(6):1165-71. [PubMed]


ABCM療法

アドリアマイシン+BCNU+シクロフォスファミド+メルファランによる4剤併用療法である。

ABCM レジメン

ABCM(MRC)
(q 3 weeks)
doxorubicin* 30mg/sqm (iv) day 1
carmustine* 30mg/sqm (iv) day 1
melphalan 6mg/sqm (po) days 1〜4
cyclophosphamide 100mg/sqm (po) days 1〜4

1992年: 英国MRC-X研究では、初回治療としてABCM群314症例と中用量メルファラン(M7)群316症例の比較で、中間生存期間はM724か月対ABCM群32か月で、プラトー到達患者はM749%対ABCM群61%であった。

MacLennan IC, : Combined chemotherapy with ABCM versus melphalan for treatment of myelomatosis. The Medical Research Council Working Party for Leukaemia in Adults. Lancet. 1992 Jan 25;339(8787):200-5. [PubMed]


■ VCMP療法

ビンクリスチン+シクロフォスファミド+メルファラン+プレドニゾンによる4剤併用療法である。

VCMP レジメン

VCMP(GMTG)
(q 4 weeks)
vincristine* 1mg (iv) day 1
cyclophosphamide 100mg/sqm (po) days 1〜4
melphalan 5mg/sqm (po) days 1〜4
prednisolone 60mg/sqm (po) days 1〜4

1985年: イタリアで行われた未治療MM133症例のMP療法とVCMP療法の比較試験では、奏効率はMP群35%対VCMP群46%でわずかに良かったが生存期間の点では差は見られなかった。

Tribalto M, et al. Treatment of multiple myeloma: a randomized study of three different regimens. Leuk Res. 1985;9(8):1043-9. [PubMed]

1988年: 320症例のMP療法とVCMP療法の比較試験

Peest D, et al.: Induction and maintenance therapy in multiple myeloma: a multicenter trial of MP versus VCMP. Eur J Cancer Clin Oncol 24 (6): 1061-7, 1988. [PubMed]


VBAP療法

ビンクリスチン+BCNU+アドリアマイシン+プレドニゾンによる4剤併用化学療法である。

1982年: SWOGから再発難治例151症例で、21日サイクルのVBAPレジメンにより奏効率25%が報告されている。再発123例中37例(30%)に反応が見られ、難治28例中3例(7%)にしか反応が見られなかった。生存期間は反応例で78週、不応例で33週であった。

Bonnet J, et al. Vincristine, BCNU, doxorubicin, and prednisone (VBAP) combination in the treatment of relapsing or resistant multiple myeloma: a Southwest Oncology Group study. Cancer Treat Rep. 1982 Jun;66(6):1267-71. [PubMed]


■HDD(大量コルチコステロイド)

1983年: 難治MM70症例で、プレドニゾン単独又はビンデシンとの併用で1/4に反応が見られ、ビンクリスチンとドキソルビシンとの併用では57%に反応が見られたことが報告された。

Alexanian R, et al.: Prednisone pulse therapy for refractory myeloma. Blood. 1983 Sep;62(3):572-7. PMID: 6882916 [PubMed]


VAD療法

主に自家移植前の寛解導入療法に使用されている、ビンクリスチン+アドレアマイシン+デキサメサゾンの3剤併用療法である。肝臓排泄薬剤であるため、腎臓傷害がある患者にも適用できる可能性がある。

VAD レジメン

VAD
(q 4 weeks)
vincristine* 0.4mg (ci) days 1〜4
doxorubicin* 9mg/sqm (ci) days 1〜4
Dexa 40mg/body(po) days 1〜4,9〜12,17〜20

1984年: 進行難治MM27症例でのVAD療法で、75%以上の縮小反応がアルキル化剤耐性20例中14例に見られ、さらにドキソルビシン耐性9例中3例にも反応が見られたことが報告された。

Barlogie B, et al.: Effective treatment of advanced multiple myeloma refractory to alkylating agents. N Engl J Med. 1984 May 24;310(21):1353-6. [PubMed]


VAMP療法

VAD療法のデキサメタゾンの変わりにメチルプレドニゾロンを使用した3剤併用化学療法である。

VAMP レジメン

VAMP
(q 4 weeks)
vincristine* 0.4mg (ci) days 1〜4
doxorubicin* 9mg/sqm (ci) days 1〜4
methylprednisolone ?? ??

1989年: 未治療MM50症例で、自家移植を伴なうHDMが後続するVAMP療法により、奏効率74%(37/50、CR率50%(25/50が得られたことが報告された。

Gore ME, et al.: Intensive treatment of multiple myeloma and criteria for complete remission. Lancet. 1989 Oct 14;2(8668):879-82. PMID: 2571812 [PubMed]


■NOP療法

ミトキサントロン+オンコビン(ビンクリスチン)+プレドニゾロンによる3剤併用化学療法である。

NOP レジメン

NOP
(q 4 weeks)
MIT*(mitoxantrone) 40mg/sqm (iv) days 1〜4
vincristine* 0.4mg/sqm (ci) days 1〜4
prednisolone 250mg (po) days 1〜4 ,17〜19

1993年: 151症例中NOPレジメン77症例対MPレジメン74症例の比較試験で、 奏効率がNOP群60%対MP群64%、反応持続期間がNOP群16か月対MP群21か月、50%生存期間がNOP群14か月対MP群31か月であったことが報告された。NOPレジメンは、mitoxantrone(16 mg/m2, day 1), vincristine (2 mg, day 1) , prednisolone (250 mg, day 1-4 and 17-20)で4週毎に繰り返すものであった。MPレジメンはmelphalan (0.25 mg/kg), prednisolone (100-200 mg/day, day 1-4)で4週毎に繰り返すものであった。

Keldsen N, et al. Multiple myeloma treated with mitoxantrone in combination with vincristine and prednisolone (NOP regimen) versus melphalan and prednisolone: a phase III study. Nordic Myeloma Study Group (NMSG). Eur J Haematol. 1993 Aug;51(2):80-5. PMID: 8370422 [PubMed]

1991年: NMSGの難治MMに対するNOP療法第U相試験で、奏効率25%23/92)、反応持続7.5 か月が報告された。レジメンは、mitoxantrone (bolus injection of 4 mg/m2 on days 1-4), vincristine (continuous infusion of 0.4 mg/24 h on days 1-4) , prednisone (250 mg/d on days 1-4 and 17-20)で4週毎に繰り返すものであった。

Gimsing P, et al.: Refractory myelomatosis treated with mitoxantrone in combination with vincristine and prednisone (NOP-regimen): a phase II study. The Nordic Myeloma Study Group (NMSG). Br J Haematol. 1991 Jan;77(1):73-9. PMID: 1998599 [PubMed]

1992年: NMSGの難治MMに対するNOP-ボーラス療法で、奏効率26%、反応持続27週間、50%生存25週間が報告された。レジメンはmitoxantrone (最初の25例では16 mg/m2、次の33例では12 mg/m2, bolus injections, on day 1), vincristine (2 mg, bolus injections, on day 1), prednisone (250 mg/d on d 1-4 and 17-20)で4週毎に繰り返すものであった。

Wisloff F, et al.: Bolus therapy with mitoxantrone and vincristine in combination with high-dose prednisone (NOP-bolus) in resistant multiple myeloma. Nordic Myeloma Study Group (NMSG). Eur J Haematol. 1992 Feb;48(2):70-4. PMID: 1547878 [PubMed]


■Z-Dex療法

経口イダルビシン+デキサメタゾンによる化学療法である。

1996年:英国Clarkらは、初診患者、VAD不応又再発、および再発患者にZ-Dexを使用し、奏効率70%, CR率(5%)初診患者では奏効率80%(12/15)で、CR6.7%を報告している。

Cook G, et al.: A phase I/II trial of Z-Dex (oral idarubicin and dexamethasone), an oral equivalent of VAD, as initial therapy at diagnosis or progression in multiple myeloma. Br J Haematol. 1996 Jun;93(4):931-4. PMID: 8703828 [PubMed]

2002年:英国Clarkらは、自家移植前導入療法にZ-Dexを使用し、CR(12%), PR(80%), SD(8%)を報告している。

Clark AD, et al.: Dose escalation therapy in previously untreated patients with multiple myeloma following Z-Dex induction treatment. Br J Haematol. 2002 Jun;117(3):605-12. Erratum in: Br J Haematol 2002 Sep;118(4):1201. PMID: 12028028 [PubMed]


■DC-IE療法

デキサメタゾン+シクロフォスファミド+イダルビシン+エトポシドによる化学療法である。

DC-IE レジメン

DC-IE
(q 4 weeks)
dexamethasone   days 1-4
cyclophosphamide   day 5
idarubicin   days 8-10
etoposide   days 8-10

1997年:米Ballesterらは、初診例(n =21 )でCR(4/21), nCR(6/21), PR(21/21), 奏効率76%、再発難治例(n = 24)で奏効率62%を報告している。

Ballester OF, et al. Dexamethasone, cyclophosphamide, idarubicin and etoposide (DC-IE): a novel, intensive induction chemotherapy regimen for patients with high-risk multiple myeloma. Br J Haematol. 1997 Mar;96(4):746-8. PMID: 9074417 [PubMed]


■C-VAD療法

VAD療法にシクロフォスファミドを加えた化学療法である。

C-VAD レジメン

C-VAD
(q 4 weeks)
Cyclophosphamide 600 mg(iv) days 5,10,20
Vincristine 0.5 mg/day(ci) days 1-4
Adriamycin 9 mg/m2/day(ci) days 1-4
Dexamethasone 40 mg (po/iv) days 1-4,10-13,20-23

1994年:Adamらは、難治例(n=21)でCR(n=9), PR(n=5)、平均寛解期間10.2か月を報告している。

Adam Z, et al.: Treatment of refractory multiple myeloma with vincristine, adriamycin, dexamethasone, and with repeated application of cyclophosphamide (C-VAD). Acta Med Austriaca. 1994;21(4):111-5. PMID: 7871966 [PubMed]

 


■VAD-PECC療法

VAD(ビンクリスチン+アドリアマイシン+デキサメタゾン)とPECC(プレドニゾン+ビンデシン+カルムスチン+シクロフォスファミド)の交互サイクル療法である。

1994年: Delainらは、未治療群44例と既治療群36例で、奏効率68%(未治療群54%(既治療群, 50%生存は28か月(未治療群53か月対既治療群18か月)を報告している。

Delain M, et al.: VAD-PECC regimen in the treatment of advanced-stage multiple myeloma. J Clin Oncol. 1994 Dec;12(12):2706-13. PMID: 7989948 [PubMed]


■EDAP療法

エトポシド+デキサメタゾン+シタラビン(Ara-C)+シスプラチンによる4剤併用化学療法である。アーカンソー大学のトータルセラピー"Total therapy"に使用されている。

1989年: Barlogieらによると、MP,HDM,VADに不応性20症例で、奏効率;40%、50%生存;4.5か月(good PS<2、低-中等度腫瘍量患者で14か月、その以外2か月)であった。

Barlogie B, et al.: Etoposide, dexamethasone, cytarabine, and cisplatin in vincristine, doxorubicin, and dexamethasone-refractory myeloma. J Clin Oncol. 1989 Oct;7(10):1514-7. [PubMed]

Barlogie B, et al. Total therapy with tandem transplants for newly diagnosed multiple myeloma. Blood. 1999 Jan 1;93(1):55-65. [PubMed], [PDF]

EDAP レジメン

EDAP
(q 3-4 weeks)
etoposide* 100mg/m2 (ci) days 1〜4
dexamethasone 40mg/day(po) days 1〜5
cytarabine(Ara-C,VP-16)* 1g/m2 (iv) days 5
cisplatin* 25mg/m2 (ci) days 1〜4

■DCEP療法

デキサメタゾン+シクロフォスファミド+エトポシド+シスプラチンによる4剤併用化学療法で、主に末梢血幹細胞動員用に使用される。

DCEP レジメン

DCEP
(48H後からG-CSF投与)
dexamethasone 40 mg/day(po) days 1〜4
cyclophosphamide 400mg/m2(ci) days 1〜4
etoposide* 40mg/m2(ci) days 1〜4
cisplatin* 10mg/m2(ci) days 1〜4

Corso A, et al. A combination of dexamethasone, cyclophosphamide, etoposide, and cisplatin is less toxic and more effective than high-dose cyclophosphamide for peripheral stem cell mobilization in multiple myeloma. Haematologica. 2002 Oct;87(10):1041-5. [PMID: 12368158], [PDF]

Lazzarino M, et al.:DCEP (dexamethasone, cyclophosphamide, etoposide, and cisplatin) is an effective regimen for peripheral blood stem cell collection in multiple myeloma. Bone Marrow Transplant. 2001 Nov;28(9):835-9. PMID: 11781643 [PubMed]

Desikan R, et al.: DCEP consolidation chemotherapy after 2 cycles of melphalan-based high dose therapy-High incidence of CR and superior outcome in comparison with matched historical controls. Ann Meet Am Soc heamatol 1999 (abstr 1411)


●日本の多剤併用化学療法

■MMCP療法

名古屋共同研究グループ(10病院)で1991年1月〜1995年8月に行われたMMCP療法104例で、評価可能な87例中PR割合は65.5%で、VMCP (13/47=27.7%, p<0.0001)とMMPP (21/47=44.7%, p=0.0196)に比べて優れていた。プラトー到達率は49.4%で、VMCP(19.1 %, p=0.0017)より高く、MMPP (42.6%, p=0.6790)とは同等だった。中央生存期間は31.6か月で、VMCPの22.5か月とMMPP22.9か月にに比べて優れていた。

VMCP [vincristine, MPH, CPM and PSL] , MMPP [MCNU, MPH, procarbazine and PSL].

MMCP
(q 3 weeks )
MCNU 33.3mg/m2 (div) day 1
melphalan 4mg/m2 (po) days 1〜4
cyclophosphamide 66.7mg/m2 (po) days 1〜4
prednisolone 30mg/m2 (po) days 1〜4

Mizuno H, et al: Superior efficacy of MMCP regimen compared with VMCP and MMPP regimens in the treatment of multiple myeloma. Intern Med. 2002 Apr;41(4):290-4. PMID: 11993789 [PubMed]


■DAD療法

愛知医大から報告されたドキソルビシン+メルファラン+デキサメサゾンの併用療法で、17症例中10例(58.8%)にMタンパク減少(IgG < 2,000 mg/dl, IgA < 1,000 mg/dl, BJP = 0 g/dl/day)が得られ、そのうち6例がプラトーに達した。中央生存期間は37.6か月で、VMCP(22.5か月), MMPP(23.5か月), MMCP(29.5か月)に比べて優秀であった。

Miwa H, et al: DAD, new intensive chemotherapy for patients with myeloma: a preliminary report. Rinsho Ketsueki. 2002 Nov;43(11):982-7. Japanese. PMID: 12508483 [PubMed]


■ROAD-IN療法(VMDM療法,MCNU-VMD療法)

ROAD-INは、R:ラニムスチン(MCNU)、O:オンコビン(ビンクリスチン)、A:アルケラン(メルファラン)、D:デキサメタゾン、IN:インターフェロンの略である。

ROAD-IN
(q 6 weeks )
MCNU 40mg/m2 (iv) day 1
vincristine* 1.2mg/m2 (iv 30min) day 1
melphalan 8mg/m2 (po) days 1〜6
dexamethasone 40mg (iv 60min) days 1〜4,9〜12,17〜20
IFNα   days 22,24,26,29,31,33,35,37,39

2000年:ROAD-INによる164症例の報告によると、IFNαは22日から開始し毎週3回×3週間で、6週サイクルのレジメンであった。評価対象は161例で、寛解率75%(CR24%PR51%)、MSTは3.6年(反応例4.3年対不応例1.4年)、7年生存率は反応例32%対不応例9%P<0.0001)であった。

Wada M, et al: Induction therapy consisting of alternating cycles of ranimustine, vincristine, melphalan, dexamethasone and interferon alpha (ROAD-IN) and a randomized comparison of interferon alpha maintenance in multiple myeloma: a co-operative study in Japan. Br J Haematol. 2000 Jun;109(4):805-14. [PubMed]


MCNU-VMP療法

1994年:日本骨髄腫研究会の報告によると、1988年1月〜1990年12月に登録された未治療MM99症例(VMP49例、MCNU-VMP群50例)中、72例VMP34例、MCNU-VMP群38例)が評価対象で、奏効率はMCNU81.6%64.7%、反応43(VMP21例、MCNU-VMP群22例)中、寛解持続期間中央値はMCNU-VMP群>10.1か月対VMP群8.0か月(P = 0.018)、MSTはVMP群20.3か月に対しMCNU-VMP群>15か月で差は見られなかった。白血球減少症、血小板減少症、悪心/]嘔吐MCNU-VMP群で少し重度であった

MCNU-VMP
(q 6 weeks )
MCNU 70mg/m2 (div) day 1
vincristine* 2mg/m2 (iv) days 1〜22
melphalan 6.5mg/m2 (po) days 1〜4,22〜25
prednisolone 40-60mg/m2 (po) days 1〜4,22〜25

Imamura Y, et al. Combination chemotherapy with MCNU, vindesine, melphalan, and prednisolone (MCNU-VMP therapy) in induction therapy for multiple myeloma. Japan Myeloma Study Group. Int J Hematol. 1994 Feb;59(2):113-23. [PubMed]


COP/MP療法

1999年:日本JCOGリンパ腫グループ(JCOG-LSG)の第II相多施設共同試験(JCOG8906)の報告によると、1989年11月〜199112月にCOP-MP交替療法を受けた未治療MM81症例で、奏効率は50.7%、MSTは38.5か月、3年生存率50.7%、5生存率27.3%であった。WHO基準のGrade 4 毒性は貧血8例、白血球減少症3例、心臓疾患1例、肝臓疾患2例であったが、TRMは無かった。

COP-MP
(JCOG-LSG)
(q 7 weeks )
vincristine* 1mg/sqm (iv) days 1、8、15
cyclophosphamide 350mg/sqm (div) days 1、8、15
prednisolone 40mg/sqm (po) days 1〜3,8〜10,15〜17
melphalan 6mg/sqm (po) days 29〜31
prednisolone 40mg/sqm (po) days 29〜31

Takenaka T, et al.; Alternating combination chemotherapy COP (cyclophosphamide, vincristine, prednisone) and MP (melphalan, prednisone) in multiple myeloma: a multicenter phase II study (JCOG8906). Lymphoma Study Group of the Japan Clinical Oncology Group. Jpn J Clin Oncol. 1999 Oct;29(10):485-9. [PubMed]


MCNU-COP/MP療法

2004年:日本JCOGリンパ腫グループ(JCOG-LSG)の第III相多施設共同(32施設)無作為化臨床試験で、COP-MP交替療法にMCNUを加えた試験結果が報告された。未治療MM210例で、奏効率は43.7%対MCNU群56.1%、PFSは15.8か月対MCNU群23.0か月、OSは44.0か月対MCNU群49.9か月で優位性は示されませんでした。

MCNU-COP-MP
(JCOG-LSG)
(q 7 weeks )
MCNU    
vincristine* 1mg/sqm (iv) days 1、8、15
cyclophosphamide 350mg/sqm (div) days 1、8、15
prednisolone 40mg/sqm (po) days 1〜3,8〜10,15〜17
melphalan 6mg/sqm (po) days 29〜31
prednisolone 40mg/sqm (po) days 29〜31

Takenaka T, et al.; Phase III study of ranimustine, cyclophosphamide, vincristine, melphalan, and prednisolone (MCNU-COP/MP) versus modified COP/MP in multiple myeloma: a Japan clinical oncology group study, JCOG 9301. Int J Hematol. 2004 Feb;79(2):165-73. [PubMed]


■MCMP療法

仙台血液疾患センターで行われているラニムスチン(MCNU)+シクロフォスファミド+メルファラン+プレドニゾンの併用療法である。

MCMP
(q 4-6 weeks )x3 cycles
(q 8-12 weeks )x 1yer
MCNU 50mg/m2 (iv) weekly
cyclophosphamide 500mg/m2 (iv) weekly
melphalan 8mg/m2 (po) days 1〜5,15〜20
prednisolone 20mg/m2 (po) dayly

2003年度日血・臨血学会で発表された抄録より

WS-11-1多発性骨髄腫に対する治癒的治療:長期観察成績」
Curative treatment of multiple myelom:long term follow up results
斎藤 淑子、宇塚 善郎(東北大学 医学部 消化器内科、仙台血液疾患センター)
YOSHIKO SAITOU , YOSHIROU UZUKA
[目的]
多発性骨髄腫(MM)の標準的化学療法として、MP療法(Alexanianら1969)を基礎とした、多剤併用療法が行われてきたが、治療の進歩は極めて不十分なものであった。その最大の原因は間歇的治療デザインにあると思われる。われわれは過去15年間に独自の連続的治療プロトコールを確立し、画期的な治療成績を得ているので報告する。
[方法]
対象は1988−2002年までに東北大3内および仙台血液疾患センターに入院したMM88例である。男48例、女40例、年齢は36−84才である。診断および治療効果の判定はSWOGの基準に準じた。寛解導入療法はMCNU50mg、CPM500mg週一回(di)、melphalan 8mg/日5日間、隔週(po)、4−6週間治療を1クールとし、4−6週毎に治療を反復した。その間、プレドニン20mg連日長期投与を行った。維持療法は同一のプロトコールを8−12週ごとに一年間続けた。
[成績]
全症例についての完全寛解率61%、生存期間の中央値は60ヶ月、10年生存率は36%である。本療法に伴うステロイド糖尿病の発現、悪化は、インスリン療法によって十分コントロール可能である。
[考案]
われわれは持続的化学療法によって、本症に対し高率の完全寛解率と著明な延命効果をもたらした。10年以上生存し、無症状で正常のQOLを有するMM患者が“true cure”なのか“operational cure”なのか現段階では 断定できないが、本療法により急性白血病に匹敵する治癒的効果が得られつつあることは明らかである。

追加の発表では、136症例で完全寛解率62%,10年生存率45%という信じられない成績であった。

http://www4.ocn.ne.jp/~ketsueki/library/2004.1.30.htm


●新しい多剤併用化学療法

DVd療法

VAD療法のアドリアマイシンの代わりにドキシルを使用したドキシル+ビンクリスチン+低量デキサメタゾンによる併用化学療法である。

DVd
(q 4 weeks)
liposomal doxorubicin 40 mg/m2iv day 1
vincristine* 2 mgiv day 1
Dexa 40 mg(po) days 1〜4

2002年: クリーブランド・クリニックから未治療33症例の第U相試験で、奏効率88%、CR 4 (12%)、PR18(55%)、MR7(21%)で、最大反応まで中央値5.8か月、進行まで中間値23.1か月、2年PFS42%、3年PFS23%2年OS793OS67が報告されている。

Hussein MA, et al: A Phase II trial of pegylated liposomal doxorubicin, vincristine, and reduced-dose dexamethasone combination therapy in newly diagnosed multiple myeloma patients. Cancer. 2002 Nov 15;95(10):2160-8. [PubMed]

2003年: クリーブランド・クリニックからDVd療法(87例)をVAD療法(88例)と比較した第IIb相多施設共同無作為化試験の結果が報告された。Response rates were comparable in both arms (DVd vs VAd: complete remission, 3.4% vs 0%; remission, 14.9% vs 13.6%; and partial remission, 25.3% vs 25.0%). In contrast, substantially less toxicity was seen in patients receiving DVd com-pared with VAd (Table 1). Notably, grade 3/4 neutropenia occurred in significantly fewer patients (8.0% vs 22.7%, respectively; P<.05) and rates of sepsis showed a trend toward statis-tical significance (3.4% vs 8.0%, respectively). In addition, hospitaliza-tions for drug administration were less frequent and hospital days for compli-cations were reduced by a mean of 1 day (7.4 vs 8.4) with DVd versus VAd.

Hussein M et al. 45th Annual Meeting of the ASH. Poster 1653. (Blood.2003;102. Abstract 1653).

2003年: ギリシャから初回治療におけるVAD療法(127例)とDVd療法(132例)を比較した無作為化試験で、奏効率61.4%61.3%で同等であったと報告している。

Dimopoulos MA, et al: Prospective randomized comparison of vincristine, doxorubicin and dexamethasone (VAD) administered as intravenous bolus injection and VAD with liposomal doxorubicin as first-line treatment in multiple myeloma. Ann Oncol. 2003 Jul;14(7):1039-44. [PubMed]


DVd-T療法

DVd療法にサリドマイドを加えた併用化学療法である。

2003年: クリーブランド・クリニックから再発難治例におけるDVd-T療法の有効性が報告されている。

Hussein MA.: Modifications to therapy for multiple myeloma: pegylated liposomal Doxorubicin in combination with vincristine, reduced-dose dexamethasone, and thalidomide. Oncologist. 2003;8 Suppl 3:39-45. [PubMed]


TM療法

Offidani M, et al: Thalidomide plus oral melphalan for advanced multiple myeloma: a phase II study. Haematologica. 2003 Dec;88(12):1432-3. PMID: 14688003 [PubMed] [Haematologica]

 


●化学療法薬剤

【アルキル化剤】

分子構造中に生体内で活性化されやすいアルキル基を2個以上持ち、核親和性物質をアルキル基で置換してDNA生合成を阻害し、腫瘍細胞の分裂・増殖を阻止する薬剤。アルキル化剤は、正常細胞にも作用して骨髄障害をはじめ多くの生物学的作用を示し、その作用が放射線障害と類似しているところから放射線類似物質とも言われる。アルキル化剤は、非酵素的に核酸や蛋白質と反応してその特定部位をアルキル化する。とくに核酸構成成分のグアニン塩基が反応し易く、グアニンのN-7位がアルキル化をうける。癌細胞がアルキル化をうけた結果、DNA構造に歪みを生じ、脱塩基や鎖切断を起こし、鋳型活性を損い、DNAの複製や修復を阻害し、分裂・増殖が阻止される。

■メルファラン(Melphalan):商品名アルケラン(Alkeran)

ナイトロジェンマスタードのフェニルアラニン誘導体で、腫瘍選択性や親和性を高めるため、クロロエチルアミンをL-フェニルアラニンに結合させた構造を持つ。ナイトロジェンマスタードに類似した作用機序、すなわち、グアニンのN-7位と結合し二本鎖DNAに架橋を生じさせ、その結果、DNA構造に歪みや断絶が生じ、DNA複製を阻害することにより細胞毒性を示す。多発性骨髄腫のDNA合成開始を抑制することによりその増殖を抑制する。特に多発性骨髄腫疾患の自覚的ならびに他覚的症状の寛解に対し適応される。

「副作用」
骨髄抑制による白血球減少、血小板減少、貧血や、悪心、嘔吐、食欲不振などの消化器症状がある。投与に際しては血液検査を行い、白血球数2000/mm2以下または血小板数50000/mm2以下に減少した場合、骨髄機能が回復するまで減量または休薬することが必要である。

【薬剤添付文書】
アルケラン錠
アルケラン静注用50mg

【食事との関係】
医薬ジャーナル2003年07月号(Vol.39 No.07)より

■シクロホスファミド(Cyclophosphamide):商品名エンドキサンEndoxan

アルキル化剤の一つであり、ナイトロジェンマスタード系の化合物。DNAの構成塩基と直接アルキル化反応を起こし、その結果DNAの立体構造に歪みや断絶が生じ複製が阻害されることがその作用機序。それ自体には活性がなく、肝臓の水解酵素とホスホアミダーゼによって活性化されるプロドラッグである。また、肝臓のアルデヒドオキシダーゼによって不活性化される。活性体の臨床用途範囲は広く、併用療法において必須の構成薬剤である。製剤には注射剤、内服剤がある。

【薬剤添付文書】
エンドキサンP錠
注射用エンドキサン100mg/注射用エンドキサン500mg

【ニトロソウレア系】

■MCNU;ラニムスチン(ranimustine):商品名サイメリンcymerin)

癌細胞のDNA,蛋白,RNAをアルキル化し,特にDNA合成を強く阻害,DNA単鎖を切断する。また,RNAプロセシング阻害を来すことにより癌細胞の増殖阻害,殺細胞作用を示すと推測されている(in vitro)。

【薬剤添付文書】
注射用サイメリン50mg/注射用サイメリン100mg

■BCNU;カルムスチン(carmustine):国内未承認

MCNUで代用。

【糖質コルチコイド(ステロイド)】

■プレドニゾロン(Prednisolone):商品名 プレドニゾロン(Prednisolone), プレドニン(Predonine)

プレドニゾロンは合成糖質副腎皮質ホルモンで,抗炎症作用,抗アレルギー作用,免疫抑制作用のほか,広範囲にわたる代謝作用を有する。

[重大な副作用]
1. 誘発感染症、感染症の増悪 [免疫機能抑制作用]
2. 続発性副腎皮質機能不全、糖尿病 [糖新生作用]
3. 消化管潰瘍、消化管穿孔、消化管出血
4. 膵炎
5. 精神変調、うつ状態、痙攣
6. 骨粗鬆症、大腿骨及び上腕骨等の骨頭無菌性壊死、ミオパチー
7. 連用により眼圧上昇、緑内障、後のう白内障(症状:眼のかすみ)、中心性漿液性網脈絡膜症・多発性後極部網膜色素上皮症(症状:視力の低下、ものがゆがんで見えたり小さく見えたり、視野の中心がゆがんで見えにくくなる。中心性漿液性網脈絡膜症では限局性の網膜剥離がみられ、進行すると広範な網膜剥離を生じる多発性後極部網膜色素上皮症となる)
8. 血栓症 [血液凝固促進作用]
9. 心筋梗塞、脳梗塞、動脈瘤
10. 硬膜外脂肪腫

【薬剤添付文書】
プレドニン錠5mg
水溶性プレドニン10mg/水溶性プレドニン20mg/水溶性プレドニン50mg

■デキサメタゾン(Dexamethasone):商品名デカドロン(Decadron)

デキサメタゾンは、プレドニゾロンのC-9位にフッ素と、C-16位にメチル基を導入したもので、副腎皮質ステロイドとして抗炎症作用、抗アレルギー作用を有し、糖・蛋白・脂質等の代謝、生体の免疫反応等に影響を及ぼす。動物実験においては、ヒドロコルチゾン、プレドニゾロン、トリアムシノロンより強い抗炎症効果及び糖質代謝効果を示す(ヒドロコルチゾンの25〜30倍のグルココルチコイド活性)が、塩類代謝, 鉱質代謝, ナトリウム貯留作用, 電解質代謝への影響はほとんどないことが認められている。

[重大な副作用]
1. 誘発感染症,感染症の増悪
2. 続発性副腎皮質機能不全,糖尿病
3. 消化性潰瘍,膵炎
4. 精神変調,うつ状態,痙攣
5. 骨粗鬆症,大腿骨及び上腕骨等の骨頭無菌性壊死,ミオパシ−
6. 緑内障,後嚢白内障
7. 血栓症

【薬剤添付文書】
デカドロン錠
デカドロン注射液(0.5mL)/デカドロン注射液(1mL)/デカドロン注射液(2mL)

【アルカロイド系】

■硫酸ビンクリスチン(Vincristine Sulfate):商品名オンコビン(Oncovin):略号VCR、LCR

本剤の作用機序の詳細はまだ明らかにされていないが、紡錘体を形成している微小管のチュブリンに結合することにより、細胞周期を分裂中期で停止させると考えられている。

【薬剤添付文書】
オンコビン注射用1mg

■エトポシド(Etoposide):商品名ベプシド(Vepesid)、ラステット(Lastet)

細胞周期のS期後半からG2期にある細胞に対して殺細胞作用を示し,その機序は,DNAに対する直接作用ではなく,DNA構造変換を行う酵素トポイソメラーゼIIの活性を阻害するなどが考えられる。また,この殺細胞作用は作用濃度と作用時間の双方に依存して増強する。
エトポシドはTopo-IIによるDNA切断作用を阻害した。培養癌細胞(HeLa S3)の細胞周期進行はエトポシドの1時間接触では30μg/mL以上で、また48時間接触では1μg/mL以上でG2/M期に停止した。また、エトポシドはS期及びG2/M期の細胞に対して高い感受性を示した。また、この殺細胞作用は作用濃度と作用時間の双方に依存して増強する。

【薬剤添付文書】
ベプシドS50/ベプシドS25
ベプシド注
ラステットS50/ラステットS25
ラステット注

【アンソラサクリン系】

■塩酸ドキソルビシン(Doxorubicin Hydrochloride);慣用名アドリアマイシンAdriamycin :商品名アドリアシン(Adriacin)

腫瘍細胞のDNAとcomplexを形成することによって、DNA polymerase反応、RNA polymerase反応を阻害し、DNA、RNAの双方の生合成を抑制することによって抗腫瘍効果を示す。

【薬剤添付文書】
アドリアシン注

【代謝拮抗剤】

■シタラビン(Cytarabine);慣用名シトシンアラビノシド(Cytosine arabinoside),アラC(Ara-C)
  :商品名キロサイド(Cylocide)、サイトサール

シタラビンの代謝拮抗性作用機序は、DNA合成過程におけるCDPreductaseレベルとDNApolymeraseレベルでの阻害によると考えられている。最近では、本剤がDNA合成能の低下したstationary phaseの白血病細胞に対しても、濃度依存的な殺細胞作用を示すことや、殺細胞作用以下の作用濃度で白血病細胞の分化を誘導することも報告されている。

【薬剤添付文書】
キロサイドN注
キロサイド注(20mg,40mg,60mg,100mg,200mg)

■シタラビン オクホスファート(Cytarabine ocfosfate):商品名スタラシド(Starasid)

スタラシド(Starasid)は、ara-Cのプロドラッグであり、体内で活性代謝物のara-Cに代謝された後、腫瘍細胞内でara-CTPとなり、DNAポリメラーゼを阻害することにより抗腫瘍作用を示す。

【薬剤添付文書】
スタラシドカプセル50,100

【プラチナ製剤】

■シスプラチン(Cisplatin):商品名シスプラチン(Cisplatin),シスプラメルク(Cisplamerck),ブリプラチン(Briplatin),プラトシン(Platosin),ランダ(Randa)

癌細胞内のDNA鎖と結合し,DNA合成及びそれに引き続く癌細胞の分裂を阻害するものと考えられている。殺細胞効果は,濃度依存性である。

【薬剤添付文書】
シスプラチン注「マルコ」
シスプラメルク注射液0.05%/シスプラメルク注射液0.05%
ブリプラチン注(10mg/20mL,25mg/50mL,50mg/100mL)
プラトシン注10,25,50
ランダ注(10mg/20mL, 25mg/50mL, 50mg/100mL)