多発性骨髄腫 Multiple Myeloma(MM)
研究ノート


■11. 維持療法

● インターフェロン

1995年:Ludwig(オーストリア)らはIFNを使用した世界の臨床試験30試験3,948例(導入療法17試験2,333例、維持療法13試験1,615例)を解析した。導入療法へのIFNの追加は寛解率を6.6%上昇(2p<0.002)、無再発生存期間を4.8か月(p<0.01)、全生存期間を3.1か月(p<0.01)延長し、維持療法へのIFNの追加は無再発生存期間を4.4か月(p<0.01)、全生存期間を7.0か月(p<0.01)延長すると報告した。

Ludwig H, et al. Interferon-alpha for induction and maintenance in multiple myeloma: results of two multicenter randomized trials and summary of other studies. Ann Oncol. 1995 May;6(5):467-76. [PubMed]

1997年:Gisslinger はIFN有り/無しの8試験929例のメタアナリシスを報告した。無再発生存期間が7か月延長、全生存期間が5か月延長と報告した。

Gisslinger H. Interferon alpha in the therapy of multiple myeloma. Leukemia. 1997 Dec;11 Suppl 5:S52-6. Review. [PubMed]

1998年:Cunningham らは自家移植後の維持療法にIFNを用いた85症例で、PSFは対照群の27か月に対してIFN群(42例)で46か月だった。

Cunningham D, et al. A randomized trial of maintenance interferon following high-dose chemotherapy in multiple myeloma: long-term follow-up results. Br J Haematol. 1998 Jul;102(2):495-502. [PubMed]

2001年:イギリスのMTCGは24試験4,012例(導入療法12試験2,469例、維持療法12試験1,543例)を解析した。導入療法へのIFNの追加は寛解率を有意に上昇(非投与群53.1%対投与群57.5%,p=0.01)させ、導入-維持療法で無進行生存期間を延長させる(導入:p=0.0005,維持:p<0.0001)ことを報告した。

Myeloma Trialists' Collaborative Group. Interferon as therapy for multiple myeloma: an individual patient data overview of 24 randomized trials and 4012 patients. Br J Haematol. 2001 Jun;113(4):1020-34. [PubMed]

● インターフェロンとステロイド

1998年:SWOGは導入療法後PR以上の初発MM患者を対象にしたIFN単独対IFN+PSLによる維持療法の無作為化試験(SWOG9028)で、IFN+PSL群が無増悪生存期間が有意に長い(4年で30%)ことを報告している。

Salmon SE, et al. Interferon versus interferon plus prednisone remission maintenance therapy for multiple myeloma: A southwest Oncology Group syudy (SWOG 9028). J Clin Oncol 1998; 16: 890.

2002年:Berenson らは維持療法としてPSL生理量(10mg×3/週)対PSL薬理量(50mg×3/週)を比較する試験(SWOG9210)で、PSL薬理量(50mg×3/週)群が無病生存期間や全生存期間で有意に長いことを報告している。

Berenson JR, et al. Maintenance therapy with alternate-day prednisone improves survival in multiple myeloma patients. Blood. 2002 May 1;99(9):3163-8. [PubMed]

JCOG-LSGでは導入療法有効患者を対象としたIFN+PSL対PSLの第III相無作為化試験(JCOG0112:MM-RCT01)を実施中である。

● その他