TV用コンパクトロン オーディオアンプ


     コンパクトロン[17GT5A]はMT管のように頭の先がとんがっていて、この形が気に入って
    オーディオアンプを作成しました。コンパクトロンでネット検索すると良い情報が多数あります。
    この中で超三極管接続のアンプが私の目的にぴったりでしたので早速製作しました。
    私はオーディオは詳しくないので殆ど物まねですが、それなりにいい音で満足しております。

  アンプの概要

    17GT5Aはヒータ電圧が16.8Vと半端な電圧なので使用球のヒータを直列にしてAC100V
    で点灯します。電源はトランスレスで、B電源は17AX3を2本使用して倍電圧整流します。ヒータ
    電圧合計をなるべく100Vに近づける目的で整流管2本を使用しています。17AX3のヒータ電圧
    も16.8V、6EA8は6.3Vです。ヒータ電流は0.45Aで全て同じにしなければなりません。
    ヒータ電圧の合計は(16.8+16.8+6.3)x2=79.8V です。100Vには少し不足です。
    この不足分をコンデンサ(交流抵抗)で補っています。コンデンサは熱が出ないので非常にうまく
    行きます。
   
    この様な容量の計算方法もネット検索すれば多数情報が入手でき、簡単にわかります。
     回路は下記のホームページを参考にさせていただきました。
             http://homepage.mac.com/ryomasuda/VT/Katsuhara/STC/index.html

              

           

    自作の楽しみ方にはいろいろ有ると思います。以前は「動作すればいいや」とあまり格好は気に
   しなかったので、しばらく楽しめば次の作品の部品取りになり何も残っていませんでした。最近は外
   観もできるだけ綺麗で個性的にして長く楽しめる作品にしようと思ってます。今回はケースなど有り
   合わせのものを加工したので少しは個性的な感じが出たようです! 

戻る
戻る