12Vで動作する単球ラジオ


     真空管は通常DC200V程度の電圧で動作させますが、DC12Vでも動作するものもあります。インターネット
    で検索すれば参考になるデータがいろいろ見つかります。それらの中で12AU7を使用した単球ラジオが有りま
    した。ヒータ電流も少なく乾電池でも動作可能です。
     早速製作して見ました。簡単な回路ですので写真のようにアルミ板を曲げたシャーシに空中配線をしました。
    2mほどのビニール線をアンテナにして動作確認をするとNHKが快適に受信できました。再生もムーズにかかり
    かなり良い音で受信できます。これに気を良くしGT管で同様な球の12SN7GTでも製作すると、これも見事に動
    作しました。使用する真空管はヒータ電圧12Vで電流の少ないものを選ぶと良いでしょう。
     
               
               
              
   製作上の注意点
     バリコンは手持ちの約8~240pFで減速機構付(3回転で180度回転)です。特殊なバリコンですが同調
    しやすいのが特徴です。コイルは適当なものが入手できなかったので、このバリコンに合わせてコイルを作
    りました。ベークボビンも簡単には入手できません。しかし何とベークボビンを少量でも作ってくれる会社があ
    ります。
     コイルについてもインターネットで検索すれば良い情報があります。また巻き方も「並四コイル」で検索すれ
    ば詳細な情報が簡単に手に入ります。
     手巻きしたコイルは径0.16mmのホルマル線を、直径2.5cm/長さ5cmのボビンにグリッドコイル150回、
    再生コイルに30回巻きました。巻幅は直径とほぼ同じ2.5cmで、最もQが大きいとされている範囲になります。
    これで中波の550~1350kHzくらいが受信できます。周波数の微調整はバリコンに数pFのセラミックコンデ
    ンサを並列に追加すればできます。

   参考資料 下記の内容で検索してください。
          「マルツのホームページ」 「12AU7 DC12V」 「0-V-1]など
          「並四コイルの使い方とその受信機」
          「ベークライト 村上電業」

   本機に使用したバリコンとコイルを頒布します。
          バリコン+コイル 1、500円 送料 500円(レターパック510) 合計2,000円
             (コイルは私の手作りですので美品では有りません。)

            

戻る
戻る