本文へスキップ

権利擁護RIGHTPROTECTION

高齢のみなさんが安心していきいきと暮らすために、みなさんの持つさまざまな権利を守ります。利用できる制度の紹介や虐待を早期に発見したり、消費者被害などに対応します。

お金の管理や契約などに不安はありませんか?

  年齢を重ねることで、様々な理由により物事の判断が難しくなり、生活が成り立たなくなる場合があります。そのような場合にも安心して暮らしていけるよう、利用できる制度の説明や利用に向けての支援を行います。

   
@成年後見制度とは・・・
       不動産や預貯金などの財産管理、介護などのサービスや施設への入所、
       入院などに関する契約といった場面において、適切な判断をすることが
       難しくなった高齢の皆さんを法律的に保護する制度です。

   A福祉サービス利用援助事業とは・・・
       福祉サービスの利用をしたい時、書類の整理や手続きがわからない時など
       に手続きのお手伝いをする制度です。また、日常的な金銭管理(年金の
       受領、公共料金・税金などの支払い、預貯金の出し入れ)や通帳、印鑑
       の保管管理もお手伝いします。
      


                                 

虐待を防止します

  平成17年11月に「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律
(高齢者虐待防止法)」が成立しました。これに基づき、地域包括支援センターでは虐待の
 早期発見、把握に努め、他の機関と連携して高齢のみなさんを守ります。

                         

その他にも・・・

  ・悪質な詐欺商法や消費者金融などの消費者被害のあってしまったら、地域包括支援
   センター等にご相談下さい。状況をよくうかがった上で警察や消費生活センター、
   行政などと連携して対応します。
  

                          
   


城陽市中部地域包括支援センター

〒610-0121
京都府城陽市寺田水度坂130
鴻の巣会館内

TEL 0774-54-7330
   0774-55-3047
FAX 0774-54-7331

城陽市西部地域包括支援センター

〒610-0111
京都府城陽市富野西垣内1-19

TEL 0774-55-7222
  
FAX 0774-55-7221