本文へスキップ

  

確かな自由な発想 新しいライフスタイルをご提案します

城陽市地域包括支援センター・城陽市西部地域包括支援センターは、地域にお住まいの高齢者のみなさんが、いつまでも健やかに住みなれた地域で安心して生活していけるよう、介護、福祉、健康、医療などさまざまな面から総合的に支援します。

地域包括支援センターとは?

  • 城陽市地域包括支援センターは、介護保険法に基づき平成18年4月に城陽市が設置し、業務委託により城陽市社会福祉協議会が運営しています。また平成29年1月からは、城陽市西部地域包括支援センターの運営も城陽市社会福祉協議会が行なっています。
  • 城陽市にお住まいの高齢者の皆さんが住みなれた地域で安心して生活していけるよう、保健師(看護師)・社会福祉士・主任ケアマネジャーがチームを組み、それぞれの専門分野を活かし、4つの支援を行っています。
  • 城陽市では、お住まいの日常生活圏域(中学校圏域)によって、担当の地域包括支援センターがあります。        
  • 東城陽中学校圏域、城陽中学校圏域、南城陽中学校圏域にお住まいの方は、城陽市地域包括支援センターへお問い合わせください。
  • 西城陽中学校圏域にお住まいの方は、城陽市西部地域包括支援センターへお問い合わせください。        
  • 北城陽中学校圏域にお住まいの方は、城陽市北部地域包括支援センターひだまり (TEL0774−55−5180)へお問い合わせください。
      
     

4つの支援とは?新着情報

総合相談
・介護、保健、福祉、医療に関するサービスの情報提供や紹介を します
・高齢者やその家族、近隣に暮らす人の悩みや問題の相談をお受けします。
・保健師(看護師)、社会福祉士、主任ケアマネジャーの専門職の連携により早期の問題解決に努めるとともに、必要に応じて行政、医療機関等の関係機関とも連携し問題解決を図ります。
介護予防        ケアマネジメント
・要介護認定で「要支援」と認定を受けた方に、介護保険サービス利用の手続きや適切なサービス、機関の紹介を行い、状態の維持・改善に向けた介護予防ケアプランを作成、事後評価を行います。
・「介護予防・日常生活支援総合事業(新しい総合事業)」の利用の手続きや適切なサービス、機関の紹介を行い、状態の維持・改善に向けた介護予防ケアプランを作成、事後評価を行います。
・要介護認定で「要介護」と変更になった方に対しては新しい居宅介護支援事業所の紹介と引継ぎを行います。
包括的、継続的     ケアマネジメント
・地域のケアマネジャーが円滑に業務ができるよう支援や指導を行っています。
・より暮らしやすい地域にするために、医療機関を含め、さまざまな関係機関とのネットワーク作りにも力をいれ、協力体制を整備しています。
権利擁護
・認知症などにより判断能力が低下し、日常生活に支障をきたしている高齢者の方が安心して生活していけるよう援助します。 (成年後見制度や福祉サービス利用援助事業の利用や普及など)  
・高齢者虐待への対応を行い、本人、また養護者の支援を行います。至った原因を正しく把握し、その解決に向けた対応のため個別ケア会議を開催し、多職種の参加による協働体制により解決を図ります。

・消費者生活センターなどと協力し、消費者被害を未然に防ぐよう努めます。


認知症に関して新着情報

認知症地域支援推進員
・城陽市地域包括支援センターには、認知症に関して、専門的な対応をおこなう「認知症地域支援推進員」が所属しています。
・@認知症の人やその家族の相談を受けています。
・A市民の方に認知症を理解して頂く活動をおこなっています。(認知症サポーター養成講座、認知症に関する出前講座など)
・B認知症の人や家族の状況に応じて、必要な医療や介護等のサービスが受けられるよう、医療機関への連絡・調整をおこなっています。

城陽市地域包括支援センター

〒610-0121
京都府城陽市寺田水度坂130
鴻の巣会館内

TEL 0774-54-7330
   0774-55-3047
FAX 0774-54-7331

城陽市西部地域包括支援センター

〒610-0111
京都府城陽市富野西垣内1-19

TEL 0774-55-7222
  
FAX 0774-55-7221

スマートフォン版