片桐西幼稚園では、“かろやかに たくましく にこやかに じぶんらしく”の教育目標を掲げ教育を進めています。令和3年度は「夢中になって遊ぶ子どもをめざして」~一人一人が自己発揮するための援助を探る~を研究テーマに取り組んできました。一人一人の子どもたちが自分の思いや願いを素直に自己発揮しながら、夢中になって遊び、やってみたい、やりとげたいという思いを実現させ、多様な経験を積み重ねられるように環境構成や援助を工夫してきました。令和3年度を振り返り、本園の取組状況を職員で自己評価したものと保護者の皆様に年度末アンケートで評価していただいたもの、そしてその結果から、学校評議員の方々にご意見をいただきました。
 ○ 幼稚園の自己評価 及び 学校評議員評価
   幼稚園の取り組み状況については、4段階の評価基準を設定し、自己点検・自己評価を行いました。
   学校評議委員の評価についても、4段階の評価基準を設定し、評議員会及びアンケート調査の結果を基に評価 
   頂きました。

極めて達成度が高い(80%以上) 概ね達成できている(80%~60%)
課題を残している(60%~40%) 課題が多く改善が必要である(40%以下)
 ○ 保護者の評価 
    保護者の評価については、5段階の評価基準を設定し、アンケート調査による評価をしていただきました。    
A そう思う まあそう思う あまり思わない 思わない わからない
保護者アンケート調査の結果及び園の自己評価・評議員評価の集計表 
回収率 ( 年少組:70%  年中組:100%  年長組:74% )
項  目 内          容 保護者の評価
(%)
教育
課程
教育
目標
子どもは、幼稚園に通うことを喜んでいる。 90 3 3 0 4
幼稚園の教育目標を知っている。 69 28 0 0 4
教育
内容
 
子どもは、起床・食事・就寝・排泄などの習慣が身についてきている 87 10 3 0 0
子どもは、友達と遊ぶことを楽しんでいる 86 7 3 0 4
先生たちは、子どもに丁寧に温かくかかわっている 90 10 0 0 0
幼稚園は、小学校との交流を通してあこがれや期待感をもたせている。 31 31 14 3 21
 幼稚園は子どもたちが自己発揮し夢中になって遊べるように環境を用意している。 83 17 0 0 0
8 幼稚園は、体操やマラソン、運動遊びを通して体力づくりに取り組んでいる。 83 14 0 0 0
組織
運営
先生たちは、力を合わせて子どもの教育活動にあたっている 93 7 0 0 0
安全
管理
10 子どもの安全に配慮している。( 交通安全指導・遊具の点検・避難訓練など ) 86 14 0 0 0
保健
管理
11 幼稚園は、子どもの健康を守るための計画をし、実施している。(定期健康診断・感染症対策など) 93 7 0 0 0
12 先生たちは、子どもの健康状態を把握している。 69 31 0 0 0
教育環境整備 13 幼稚園は環境整備や清掃が行き届いている。 69 31 0 0 0
情報
提供
14 園の情報を園だよりや学級通信 、写真掲示、ホームページを通じて、わかりやすく伝えている 79 17 0 0 4
 
A  
15 個人情報は守られている 72 28 0 0 0
保護者
地域の
連 携
16 幼稚園は、保護者や地域の人たちの要望や意見を聞く機会を設けている。( アンケート調査など ) 72 24 0 0 4
17 地域の人や保護者などの保育ボランティアが、幼稚園に関わっていることを知っている 83 10 0 0 7
18 あなたは、幼稚園での活動に参加している 48 38 14 0 0
子育て
支 援
  
19 幼稚園は、教育相談や園庭開放を行っている 66 34 0 0 0
20 何でも気軽に先生に相談できる 55 38 3 0 4
21 子どもを、この幼稚園に通わせてよかった 72 28 0 0 0
保護者アンケート調査から、保護者の回答と感想、園の今後に向けての改善方策、成果の一部抜粋
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

☆総評               

 ・片桐西幼稚園だからこその教育活動や先生方の熱心な取組がよい雰囲気で行われているということが、保護者アン  ケートで「この幼稚園に通わせてよかった」と100%の保護者が答えていることからも伝わってきた。これから  も、子ども一人一人の気持ちを大切にしてくれる園として、たくさんの人に認めてもらえたら嬉しいと思う。

 ・職員の工夫と努力で園運営がなされていると感じた。自由に話し合えるよい職場関係の構築がなされているので、
  継続できる状況を望む。そして、先生方の仕
事軽減と意識改革をすすめていってほしい。 

 ・感染症対策の制約がある中でも、地域との交流を工夫して行っているのがよかった。地域との関わりが子どもたち によい影響となっており、今後も大切にしてほしい。

・預かり保育も軌道に乗り小規模園化が進み、PTAや活動方法も工夫が必要となるだろう。保護者も先生も安心して働ける、園の環境づくりを引き続きがんばってばんほしい。



☆教育活動について

コロナ禍で制約の多い中、先生方が教育内容や環境などの創意工夫をし、様々な体験活動をしており素晴らしいと感 じた。

・幼保小連携については、コロナ禍で交流ができず残念であったが、今後もできる範囲の交流を望む。幼稚園で自分の地域に親しみをもつ活動を通して幼児期に地域に親しんでも、成長とともにその気持ちが薄れているように思うので
「郷育」の気持ちが小学校・中学校へもスムーズにつながっていってほしいと願う。

・感染症対策のため活動に制限がある中で「かたにしバンド」等の新しい取組をしていて感心した。音楽を通して自己表現する場、友達と心を合わせる楽しさを味わえる場等、いろいろな学びにつながるよい活動である。幼児の自己発揮や主体性を尊重し、様々な経験ができるように考えられている。

・畑で野菜を育てることや、地域の施設や自然にふれあえることなど、この地域でしかできない活動をこれからも続けてほしい。



☆幼稚園運営について

・感染対策で、できなくなったことも多いと思うが、今できることで子どもたちの生活が豊かになるように、職員の工夫と努力で園運営がなされていると感じた。「かたにしバンド」の発足は素晴らしいと思う。感染が落ちついたら、ぜひ演奏を聴かせてもらいたい。

・自由に話し合えるよい職場関係の構築がなされているので、継続できる状況を望む。そして先生方の仕事軽減、意識 改革をすすめていってほしい。

☆情報発信・地域とのつながりについて
    

・感染症対策のため活動が制限される中、職員・保護者・地域みんなで、子どもたちのために地域に根付いた幼稚園を作り上げている。

・園長通信や降園時の動画紹介等、保護者に園の様子を伝える取組がよいと感じた。保護者や地域の方ともよい関係が築けていると感じる。

・地域とのつながりを大切にしながら一つ一つの取組にも丁寧な対応が感じられた。今後も連携を図りながら進めてほしい。

・保護者にとって先生は話や悩みを聴いてくれる心の拠り所である。保護者の信頼を得るために、今後も「傾聴し共感 する力」を大切に積み重ねていってほしい。


コロナ禍でいろいろと大変な中、子どもたちが楽しく活動できるよう、いろいろと考えやっていただけているので、 感謝しております。子どものやってみたいという気持ちを否定せず受け止めて、一緒に方法を考えて実行してくれて いるので、子どもが自分の思いを遠慮せず言えていると思います。

・コロナ禍で、なかなか活動がなかったり、参観がなかったりするのが残念です。

・PTAの役員や会長を決める時、それぞれ理由があり、なかなか決まらず残念でした。今後、PTAの役決めや運営 がスムーズにできることを願っています。

・コロナ禍で様々制約がある中でも、子どもたちのがんばりを発表する場を今年度も設けて頂き、本当に感謝していま す。園児数が年々減りさみしい気持ちもありますが、先生方が丁寧に見てくださり、子どもも全員と仲良くなること ができて、少ないことが強みでもあるように感じた1年でした。


・感染症が収まらない中、保育活動を止めないよう対策をしながら子どもに様々な経験をさせて頂き、感謝しておりま す。子どもも(コロナで)できなかったことより、できたこと、やれたことを嬉しそうに話してくれます。先生方の おかげだと思っております。本当にありがとうございます。子どもをこの幼稚園に通わせて良かったと心から思いま す。

・兄弟の時から、たくさんの先生にお世話になりましたが、この幼稚園に通わせることができて、本当に良かったと思 います。

・子どもが楽しんでくれているのが1番だと思います。

                                           
 令和3年度は、「夢中になって遊ぶ子どもをめざして」~一人一人が自己発揮するための援助を探る~を研究テーマとして取り組み、幼児が自己を発揮し、夢中になって遊ぶことができる環境構成や援助を全職員で試行錯誤し、工夫しながら保育にあたってきました。
 幼児期は人格形成の基礎を培う大切な時期であり、幼稚園教育は、主体的・対話的で深い学びそのものです。自分からやりたいという思いを大切にし、夢中になって遊び、多様な経験を積み重ね、友達や教師とともに様々な感情を味わいながら幼児の主体性は育まれています。そして、一人一人が自己発揮する喜びや充実感を味わうためには、自分の思いや願いが受け止められる安心できる環境であること、子どもたちの「やってみたい」「やりとげたい」「あきらめない」という思いや意思を実現できる環境であること、友達や教師とともにいろいろな経験を重ね、多様な感情を味わい多様な学びがある環境であることが大切であると分かりました。今後も、子どもたちの主体性や生きる力を育み、自己発揮する達成感や充実感、挑戦意欲、失敗しても乗り越えようとする心や姿をしっかりと支えていけるように、一人一人の内面を深くみつめながら、保育に取り組んでいきたいと思います。

 私たち職員は、今、目の前にいる子どもたちの心の育ちを確かに感じています。コロナ禍のため制約のある日々でしたが、保護者の理解と協力を得ながら、職員一同保育の創意工夫をすることで、子どもたちは幼稚園生活の中で、豊かな経験を重ねてきました。朝のおはよう当番や、体操・マラソンを通して、たくましい心や体を育んだこと、大和郡山市「子どもの学び」アイデアサポート事業として「かたにしバンド」を発足し自己発揮する喜びや楽しさを味わったこと、小さな木の実や木の葉、自然の風や雲にも心を寄せ目を輝かせて遊んだこと、竹馬やなわとびなど自分がやり遂げたいと思ったことにあきらめず挑戦したこと、お化け屋敷ごっこや鳴き龍ごっこを考え、みんなで遊びを創り出す喜びを感じたこと、活発な異年齢交流を通して憧れや意欲を膨らませたこと、地域の人や自然、文化施設に触れ親しみをもち、学ぶ喜びを感じたことなど、幼稚園生活を通して、多様な感情を味わい、心に残る経験を重ねてきました。その中で、子どもたち一人一人が学び、育ち、主体性は育まれたのです。遊びや生活の中で、子ども自身が「分かった」と思える感情が動くような学びを、今後も大切にしていきたいと思います。

 私たち職員は、これからも目の前の子どもたちと向き合い、「一人一人が自己発揮するための環境構成や援助とは何か」を思い、保育を重ねていきます。何よりも、教職員が自己を発揮し主体的に生活することが、子どもたちにとってよりよい環境となることを確信しています。これからも、保護者や地域の皆様の温かいご理解とご協力をいただきながら、片桐西幼稚園のみんなが自己発揮し、子どもたちが『かろやかに たくましく にこやかに 自分らしく』育っていくような、生き生きとした幼稚園を目指したいと思います。