えんどう豆サヤむき体験(食育・健康指導の推進)
(2011,5,10)
大和高田市の学校給食課の方々の主催で、えんどう豆のサヤむきを体験しました。この日の献立は、まぜごはん(えんどう豆ごはん)、さばのみそ煮、のっぺい汁、野沢菜漬け、牛乳です。全校児童と先生の分(553人)の20キログラムの豆をサヤから取り出してくれました。なかには、サヤをむくのが初めての児童もいて、みんな大喜び。飛び跳ねる豆に悪戦苦闘しながら、えんどう豆の香りやコロコロした感触を楽しんでいました。むいたえんどう豆を調理室に届け、きれいに洗って調理してもらったえんどう豆ごはんを見てとてもうれしそう。野菜に感謝・農家の方に感謝・給食室の方に感謝して、おいしくおいしく頂きました。
また、給食の時間には、校内放送で大和高田市で作られた地域の野菜を使っての料理紹介をしたり、毎月カミカミデーを決めたり、食に関するお知らせも行っていきます。


日時 : 5月10日(火)
      1時間目
場所 : 1年生各教室
対象 : 1年生 74人
ねらい
 ・具体的な活動や体験を通して、自分とのかかわりに関心をもたせる。
 ・普段、食べている給食の調理にたずさわる喜びと食べることへの親しみを感じさせる。
 ・旬の野菜のおいしさを知らせる。
 ・えんどう豆の生長や栄養について知らせる。

まめごはん
まめごはん・野沢菜漬け・のっぺい汁・牛乳
えんどう豆の勉強
えんどう豆の勉強もしました。


<子どもたちの感想>
えんどうまめのかわをむきました。もっとしたかったです。えんどうまめをたべるのがたのしみです。(N君)

たのしかったです。もっとやりたかったです。はやくたべたかったです。(Tさん)

えんどうまめのかわをむきました。えんどうまめのにおいがしました。(Oさん)

えんどうまめのかわをむきました。えんどうまめはくさのにおいがしました。(Mさん)

えんどうまめのかわをむきました。また、むきたいです。(Tさん)