☆ 陸前高田市から「お礼の手紙」が届きました ☆


 

 半年前に起こった東日本大震災における被災者の皆さんへの、本市PTA協議会からの
義援物資・義援金のご支援に対し、
この夏休みの間に「お礼の手紙」が届きました。


【校長先生からのお手紙】
   【児童からのお手紙】
片塩小学校1階・2階ロビーに掲示しています。
(9月12日〜16日)
ご来校の折、是非ご覧ください。


給食のことや勉強のこと、学校での遊び
などを書いて下さっているものもあります。
1階・2階ロビーに掲示しています。
子どもたちもとても喜んでいました。
今も復興に向けて忙しくされている中、心のこもった
たくさんのお手紙をいただきました。
「たくさんの応援 たくさんの優しさ ありがとう」
と大きく中央に書いて下さっています。




 拝啓
 暑気日ごと増してまいりましたが、皆様におかれましてはお元気でお過
ごしのことと拝察いたします。
 さて、このたびの東日本大震災に際しましては、物心両面から温かいご
支援をいただきまして、心より感謝申し上げます。おかげさまをもちまして、
7月29日に一学期が無事終了いたしました。これもひとえに皆様からの厚
いご支援があってこそのものと深く心に留めております。
 学校再開をし、友だちと一緒に勉強したり、遊んだりするあたり前のこと
が子どもたちを元気にしていることを改めて感じた一学期でもあります。
 本校には二十年前から受け継がれている「重倉(しげくら)太鼓」があり
ます。学校裏にある「重倉山」から名付けられた創作太鼓です。五年生・六
年生が先輩から引き継ぎ五月の運動会で披露するのですが、運動会が中止
となり、残念に思っていたところ、八月二十日(土)日本テレビの「二十四時間
テレビ」に出演する運びとなりました。太鼓を叩きたいという子どもたちの気持
ちが叶います。子どもたちは「全国各地からいただいた励ましや優しさ、勇気
にありがとうの気持ちを届けたい。」とも気持ちで練習に励んでいるところです。
米崎小学校のみんなが元気でがんばっている姿を是非ご覧いただきたいと思
います。
 末筆ながら、皆様のご健勝を祈念し、ご支援に対するお礼とさせていただき
ます。
                                敬具
7月29日
                        陸前高田市立米崎小学校
                          校長  佐藤 圭子
大和高田市PTA協議会
会長  森本 尚順 様