2012年度修学旅行
(2012,10,19〜10,20)

子どもたちがとても楽しみにしていた修学旅行に行きました。
2日ともとてもいい天気に恵まれ、子どもたちは戦争のお話を聞いたり、広島記念公園を見学したりと熱心に勉強をしていました。
仲間と共に過ごした2日間は、小学校生活の中でもすばらしい思い出となって子どもたちの心に残ったようです。

目的地 : 広島県(平和記念公園 ・ 宮島)
       
宿泊先 : 宮島杜の宿

参加者 : 6年生 101名

目的 : 
 ・ 平和記念公園の様々な施設や記念物を見学して、戦争の実態を自分の体で感じとり、平和の尊さを知るとともに、平和を    つくろうとする考えを高める。
 ・ なかまのつながりをさらに深め、楽しい思い出を多くつくる。
 ・ 集団生活での自由と規律を理解し、自主・協力・安全を心がけよりよい行動をする。

 行程
    

10月19日(金)
JR高田駅東広場8:20集合・・・京都駅 新幹線10:30発・・・広島駅12:05着
広島記念公園・・・宮島口16:40着・・・宮島杜の宿17:15着

いよいよ広島に到着
天気は快晴
修学旅行日和です。




    <平和集会>
   1, はじめの言葉 
   2, 校長先生の話
   3, 平和宣言
   4, 折り鶴   合唱
   5, 終わりの言葉   

平和記念公園での聞き取り学習
実際に聞く話は、本当に心にしみました。

平和記念資料館
原子爆弾の恐ろしさや
被害の大きさを知りました。

 片塩小学校平和宣言2012
  

わたしたちが立っているこの場所には
たくさんの人々の悲しみや苦しみがあります

今から67年前
広島に 世界で初めての原子爆弾が落とされました
そして たくさんの人々や動物が
一瞬に命をなくしました

世界では 今なお核兵器が存在し
戦争やテロなどが絶えません
そして わたしたちと同じ子どもたちまでもが
銃弾や 地雷におそわれ 命を失っています

身の回りでも 子どもたちが命を奪われたり
傷つけられたりする事件が起きています

本当に平和な世界を築くためには
命を大切にする事
相手を思いやる事
何事も話し合いで解決していく事が
この世界を平和にする 第一歩だと思います


私たちは 今ここに
平和な世界を築くための
努力を続けていくことを 宣言します


2012年10月19日
奈良県大和高田市立片塩小学校 6年生一同


10月20日(土)

ホテル8:50発・・・宮島水族館・厳島神社・・・宮島桟橋11:30発・・・宮島口 12:47発
広島駅 新幹線13:44発・・・新大阪駅15:15着・・・片塩小学校16:40着

世界遺産の厳島神社
干潮の時間で、満潮時には海の所を歩きました。

お土産話とともに
たくさんのお土産を買いました。

<子ども達の感想>

 聞き取り学習では、聞いているだけで苦しくなってきて、こんな事が67年前にあったなんて信じられなかったです。でも、あったのだから、二度とこんな残こくなことは起こさないでほしいと思いました。
 資料館では、本館に入るとすごくおどおどしていて怖くなりました。三輪車や真っ黒なお弁当箱は、あの日何が起こったのかをうったえかけているようでした。班でのフィールドワークでは、原爆ドームを間近で見てあの時の衝撃が伝わってきました。やっぱり近くで見てみると怖くなります。(Kさん)


 聞き取り学習では、とても怖いお話で、
「太陽が目の前にあった。」
という言葉がとても印象的でした。わたしは、こうして何も怖れることなく生きている事ってとても幸せなんだと思いました。そして、
「うちの子が死んだのに、なんであんたが生きているのか。」
と言われたと聞いたときに、何でそんなこと言うの!と思ったけど、その人はとても悲しくつらかったのだなと思います。(中略)
二日目は水族館で見たことのない生き物を見ました。帰りの移動もウノをしていてとても楽しかったです。こうして、今が幸せであること、友だちとの絆を修学旅行で学びました。(Uさん)


 ぼくが修学旅行で学んだことは、平和の大切さ、戦争の恐ろしさ、世界遺産のすばらしさです。
 資料館では、興味がわいてくる物や、おそろしくてあまり見られない物がありました。いんしょうに残る物がたくさんありました。8時15分で止まった時計や、熱線でとけかけてかたまった瓦やビン、食器、お金、置物や真っ黒こげにになった弁当、さびついた三輪車や、原子爆弾の内側、焼けこげた服、コンクリートに残った人のかげ、かべに残った黒い雨、タンスに刺さったガラス片、やけどでケロイドになった人のひふ、放射線をあびた人の写真などがたくさんありました。(Yさん)


 私は、修学旅行で戦争の恐ろしさと友だちの大切さを学びました。
 資料館での見学・平和記念公園でフィールドワーク・戦争経験者の話で日本は、本当に「戦争」というものを経験したんだなと実感しました。でも、それと同時に日本ってすごいなあと思いました。65〜67年前に広島だけじゃなく日本各地で空襲によって建物が破壊されたりしたのに、もう今はきれいな町になっているので、日本の団結力・復興する力はすごいと思いました。
(中略)荒川先生が言っていたとおり、修学旅行はすごく楽しかったです。でも、楽しいだけじゃなくて、平和・戦争についてもしっかり学べました。次は、学んだことを生かして平和集会で全校のみんなに平和の大切さを伝えていきたいです。また、自分たちで平和をつくっていけるよう努力したいです。(Mさん)


<引率者の一言>
みんな元気に帰ってくることができて、よかったです。