片 塩 小 学 校 の 歴 史   
明治 7年 ・専立寺を仮校舎とし、高田町川西、大中村連合で第84中学区第83番小学校として開校
明治 9年 ・第81番小学校(博収舎、三倉堂村)第82番小学校(勧善舎、高田町川東)を合併
明治19年 ・学区制が廃され高田小学校と改称
明治19年 ・尋常小学校4年(義務制)、高等小学校4年に編成。高等小学校は北葛15町村組合で高田高等小学校を本校とし、王寺・下田・磐城に分校を置く。
明治30年 ・高田高等小学校校舎落成。尋常科と高等科校舎も分離する。これが旧片塩小学校の創始である。
明治36年 ・組合(陵西村・松塚村・浮孔村・土庫松塚村)を分離し、高田町立高田高等小学校となる。
明治41年 ・高田高等小学校を廃し、高田男子尋常高等小学校となり、男子のみを収容。
昭和16年 ・高田男子国民学校を改称
昭和20年 ・片塩国民学校と改称。男女共学となる。
昭和22年 ・学制改革により片塩小学校となり、高等科は高田中学校として独立
昭和26年 ・実験学級を設置し、障害児教育を始める。(県下初)
昭和29年 ・附属幼稚園を併設
昭和47年 ・新校舎施工(総工費4億8千万円)
昭和47年 ・国鉄和歌山線地下道完成
昭和49年 ・創立100周年記念式典挙行
昭和49年 ・国鉄桜井線地下道完成
昭和50年 ・希望の像建立
昭和50年 ・男子校のシンボルとして旧校地にあった楠を運動場南東隅に移植
昭和50年 ・東門完成
昭和50年 ・記念碑「心」建立
昭和52年 ・楠のいわれを碑に刻み、建立
昭和55年 ・障害児学級設置30周年記念事業・文部省指定障害児理解推進教育研究発表を行う。
昭和59年 ・県市教委指定研究実践発表
 「一人一人に正しい判断力と強い意思力を育てる生徒指導」
昭和63年 ・市教委指定研究実践発表
 「運動の楽しさを体得し、自ら運動に親しむ子」
平成 4年 ・市教委指定研究実践発表
 「一人一人の子どもを見つめ活かすことのできる学級づくり」
平成 5年 ・120周年記念式典挙行
平成 8年 ・市教委指定研究実践発表
 「一人一人の子どもを見つめ豊かに生きる子どもを育てる〜性教育」
平成 9年 ・新プール施工式
平成12年 ・市教委指定研究実践発表
 「一人一人の子どもを見つめ豊かに生きる子どもを育てる〜話し合うこと聞き合うこと」
平成14年 ・コンピュータ室設置(パソコン21台)
平成15年 ・片塩小学校ホームページ開設(6月1日)
平成15年 ・市教委指定研究発表
 「一人ひとりを見つめ豊かに生きる子どもを育てる〜話すこと聞くことを通してコミュニケーション能力の育成をめざす〜」
平成16年 ・創立130周年記念式典挙行(1月16日)
平成26年 ・創立140周年記念式典挙行(1月17日)