平和賞を受賞しました!  2010年10月28日



  

     1028日(木)、大阪堺市「平和貢献賞」授賞式が執り行われ、当会から運営委員ら11人が参加しました。

              ヘラート現地スタッフを代表してモハメッド・レザも記念式典に参加しました。113日付朝日新聞に関連記事が掲載されました。

平和貢献賞・奨励賞 受賞あいさつ文

自由都市・堺市は、アフガン孤児支援・ラーラ会に立派な賞をくださいました。

この賞が人権を擁護し、平和を構築することに尽力した個人や団体に与えられる賞であることに、格別の喜びを感じております。

また、私達ラーラ会が団体受賞したことにも大きな喜びを味わっております。

なぜなら、ラーラ会を構成している会員も運営委員も殆どがごく普通の主婦たちだからです。

専門家でなくても、有識者でなくても、ごく普通の人たちが思いを一つに力を合わせれば、

小さくても世界平和の再構築へと繋がる働きができるという良い具体例になれたのではないかと思うからです。

堺市がこの点を評価してくださいましたことに深い敬意と感謝を表します。

 世界から見捨てられていたアフガニスタンが世界の注目を浴びて9年になります。

アメリカ・NYのワールド・トレイド・センター・ビルディングがテロリスト達の攻撃によって崩れ落ちるショッキングな映像をテレビで見、

アメリカが報復のためにアフガニスタンを攻撃したとニュースで聞き、世界はどうなっていくのかと、皆が緊迫した危惧を抱きました。

眠っていた私たちは覚醒させられました。

私たちは殆どが平凡な主婦でしたが、このまま放っておく訳にはいかないと感じ、傍観者の立場から脱出して行動する者になったのです。

大きな事はできなくても私たちにもできる何かがある筈だと確信して。

幸い、私たち女性はその内に神から戴いた「母性・母なるもの」を秘めています。これこそ力です。

いつの時代もそうですが、戦争や紛争は最も弱い立場に置かれている小さな者たちに一番の惨禍を負わせます。

2002年12月に初めてアフガニスタンを訪問した時に目にした光景は、終戦後まもない昭和20年代の日本社会を髣髴とさせるものでした。

直感的に「助けなければ」と思いました。

悲惨のどん底に放置されているのは親を失って誰からも守ってもらえない孤児たちです。
一人でも二人でもいいから助けたいと思いました。

「見た者の責任」を果たすべく孤児たちへの活動を開始して直ぐに、友人・知人たちが活動に加わりました。

「聞いた者の責任」だと言って。このようにして、NGO・アフガン孤児支援・ラーラ会はごく自然に結成され、

今日に至るまでアフガニスタンの孤児たちへの援助活動を展開、継続して参りました。

水に投げ込まれた一つの石が波紋を広げていくように、ラーラ会の活動は静かに確かに、広がってゆきました。

なんと大勢の方々が支援の輪に入ってくださったことでしょう。

「40年こつこつ働いて貯めたお金です。生きる困難に直面している人を助けたいと思っていました」と、浄財を匿名で寄付してくださった人。

この方は奇しくも堺市のお方でした。

「まだ子育て中なので大きな寄付はできませんが私にできることは協力します」と、

孤児たちにプレゼントする楽器類の布袋縫製を引き受けてくださった人。

ラーラ会の活動は実に大勢の方たちの善意の結集で可能となったのでございます。

普通の人たちが熱い思いを共有したうえで、それぞれが自分の持てる力を出し合って、共に歩んでまいりました。

これこそが尊いのだと思っています。

目に見える成果といたしましては、ヘラート州政府に250人の男児が生活する建物を新築・寄贈。

私立孤児学校にカーテン・ベッド・机などの備品を調達し、食堂やトイレも建設・寄贈いたしました。

孤児院に収容されているヘラートの孤児たちが清潔に安心して日々暮らせるように、住環境を整えることに貢献いたしました。

しかし、もっと大切なのは目に見えないものです。

ピクニックを開催しては孤児たちとの楽しい交流の機会をもち、人間同士のあたたかな温もりを共生共有する努力をしてまいりました。

孤児院内に幼児教室や英語・パソコン教室を開設し、教育支援も続けています。

教育こそアフガニスタンの現状を変革し、将来に新世界を生み出す希望がもてるものと確信しています。

ただ私たちの今の力では直接教育に携われないのが残念な点でございます。

アフガニスタンでは母親がいても父親のいない子たちは「孤児」と呼ばれ、孤児院におくられてきます。

母親に経済力がないからです。この子たちを母親のいる家庭に返す運動の一環として、貧しい女性たちの自立支援を開始しました。

「女性手仕事センター」を開設し、アフガン刺繍やギリム織など伝統工芸の製作を指導し、完成した作品を買い上げることで、

彼女たちの生活の安定を図っています。

彼女たちが精魂込めた美しい手仕事作品は、きもの半衿となり、スカーフとなり、敷物となり、壁掛けとなり、日本の女性たちに歓迎されています。

国境を越えて、手を繋ぐ女性たちの連帯が生まれました。

アフガニスタンの情勢はますます混迷を深め、国の再建はどんどん遠のいて行っているように思えます。

しかし、私たちはあきらめません。私たちが問題解決に向かって努力することが大切なのだと考えています。

志を同じくする人たちと連帯を組み、ささやかでも着実に平和に向かうさざ波を広げてゆきたいものです。


「千里の道も一歩から」「一滴の滴りが大河を造る」イスラム世界にもこのような格言があります。

小さなことでも、皆が自分のできることで協力する。これがラーラ会の基にあるコンセプトです。

難しい事ではありません。実に当たり前の事なのです。特別なことではなく、当たり前のことを実行してゆきます。
 

 堺市とラーラ会をサポートしてくださっている皆様に、心から厚く御礼を申し上げます。名誉ある賞をくださいまして、ありがとうございました。

アフガン孤児支援・ラーラ会

                                 代表:柄子 眞弓  


To the award of Sakai Peace Prize 2010     (Translated by Ms.Kinuko Konishi)

The free city Sakai awarded this time the peace prize to us Lala Association
which  has been supporting Afghan orphans.

I would say my great pleasure for receiving this prize that is given to the parties or people
who respect the human right and devote to construct the peace.

The members of Lala Association, are mostly house wives.
We are neither a specialist nor a scholar, but an ordinary people.

I am so glad that we can be a good sample to work with hand in hand for the reconstruction of the world peace,
even if each is so tiny and small.

Let me explain my deep thanks and pleasure for Sakai City which estimated on this point of us.

It already passed 9 years since Afghanistan which became the top news of media all over the world.
We were astonished at the news 9.11. The world trade center, NY collapsed by the attacks of the terrorists,
against which America decided to revenge Afghanistan soon after.

TV news was repeated day and night which had us all worry about our future.
At the same time it awakened us; and gradually we, an ordinary people became to think and wonder
whether we can leave nothing undone.
With this occasion we have taken 1st step to get an action instead of lookers-on.
I say, that is the woman power, based on maternal love.

In any days and place, war and troubles always are used to attack
the weakest people, children who should be originally free from such disasters.

I visited Afghanistan in December 2002.
The condition at that time, made me imagine the Japanese society of Showa 20s soon after the World War II. 
I thought,  I have to take action to save them, many orphans who lost their parents and were left let it be.

Even one child or only a few, I want to save, I thought.

I used to say “the responsibility of the people who has got to know the news”, whose flag my friends comes to join in.
NGP Lala Association supporting Afghan orphan, is formed
in this way and developed variously the supporting activities.

Lala’s activities have spread quietly and steadily, and now so many people join in our action.

The other day we got a donation from a person who worked for 40years to save money,
for helping people who faced the difficulties of living. She is from Sakai City!

Another lady who ties up her little child, forwards her support as far as possible, instead of money.
She made many bags for music instruments which were presented to the orphans.

In this way, Lala’ activities consist of friendship and good will of many peoples.,
 whose will and ability are gathered on this line.
That is important, I am sure.

Let me explain our activities;

We built to donate the new dormitory for 250 boys to the Heart State Government.,
where we prepared the curtains, beds, desks and the other necessaries.
Of course the dining house and toilette were annexed.
I am sure those are contributed to give the clean and safe living place to the orphans.

Normally it is invisible to be more important. I say, it is a picnic. 
I invited them to a picnic occasionally. It was fun and pleasant for them to associate with me and to each other.

In the orphanage, we opened a kinder room, English school and Computer school.
The education shall open Afghan future by reforming the present condition.
To be sorry, we the foreigner can not afford to touch directly the education there.
Our ability on that point is frankly not enough at the moment.

In Afghanistan, children who have no father are called an orphan even if they have a mother.
So they are sent to an orphanage.
This is because a mother has no ability to get money there.

Our next important task is to help those poor mothers to get independent.
This is aiming the children to return home instead of orphanage.
We established the women’s working center,
where women learn the method and technique of Afghan stitching/sewing and Gilim (carpet) weaving.
By bought their products, they can get money, which shall reform their life to stable.
Let me introduce their products.
They are a scarf, carpet, or a wall hanging, which are welcome by our friends, Japanese women.
Crossing over the border, women of both countries take hand in hand with solidarity by now.

Afghan situation is getting worse and worse recently.
The nation’s reconstruction seems to go far and far.
However we shall never give up.
We are thinking, it is important for us to do our best to solve each problem.
With a sense of solidarity of same will and thinking, we would like to take a step forward the world peace,
even if it might be a small step.

One step begins a big trip. One drop of water makes river.
There is the similar proverb
in Islam’ world.
This is our Lala’s basic concept, as well. It is not difficult but quite usual.
From now on, we shall go as usual, instead of special.

Finally I would say much thanks for Sakai City
which gave us such honorable prize and for people who have supported Lala’s activities.

                                  Lala Association, supporting Afghan orphan

                                  Reps.   Karako Mayumi

 
                                                  TOP