自立していく孤児たち     TOP

     アンサリ孤児院の前の道を歩いていると、仕事見習いをしている孤児たちと出会った。

         木彫・大工修行  ウミー君クン(12歳)     シャフィ君(14歳)
  

 子供が一人飛び出して来た。        
 以前から悪さがひどくて覚えていたウミー君(12歳)
  だった。
 木彫・大工仕事の見習に入っているのだと言う。
  少し大人びて分別のある表情をして微笑んでいる。
  実社会の厳しさが彼を成長させたことが判る。
                                  菓子店主になったエスマトゥラ君(17歳)           
 畳2畳ほどの小さなお菓子屋から
「ぼく、エスマトゥラ!」と叫んで親しげに寄ってきた。
 毎日孤児院から通ってきて店番をしているのだと言う。
 お菓子を二つ買ったら「お代はいらない」ときた。
 とんでもない!
勿論ちゃんと支払ったが嬉しい出来事だった。    
   
    板金修行 ゼクロラア君(15歳) 
            
        ナン屋で修行する孤児たち  ファリダ君(12歳)ファリム君(14歳)セイダム君(15歳)                  
   
     
    機械工 カリ・アーマッド君(17歳)

  
  労働福祉局で働いていた3人兄弟の長男(右)