世間之 繁借廬尓 住住而 将至國之 多附不知聞
(巻16-3850)  
世の中の 繁き仮廬(かりほ)に 住み住みて 至らむ国の たづき知らずも
 
歌碑


 勝手解釈


うるさい仮住まいのような人の世に住み続けていて これからどんな様子の国へ行き着くのかも分からない。 

平和で静かな国がいいなあ。

 
 コース 近鉄飛鳥駅~文武天皇陵~朝風峠~稲田の棚田~石舞台~橘寺~亀石~鬼の雪隠~天武・持統合葬陵~飛鳥駅
2013.10.2
ゆうほのメンバー18名で明日香稲渕のカカシを見て歩いた。

その橘寺のそばに写真の歌碑があった。