特定非営利活動法人奈良県腎友会

NPO法人奈良県腎友会


活動報告

第47回目の国会請願に参加してきました

2018年3月15日(木)に全国から200名以上の代表が衆議院第一議員大会議室に集まり、腎疾患総合対策の早期確立を求めての約37万筆以上の署名を提出しております。奈良県腎友会からも 2名が参加し、奈良県選出の国会議員の先生方に9,189筆の署名を提出してきました。


全国一斉臓器移植推進キャンペーンを実施しました

 

2017年10月1日(日)9時より、昨年に続き、近鉄奈良駅行基像前広場周辺で街頭キャンペーンを行いました。このキャンペーンには、会員とその家族のほか、奈良県地域医療連携課、県立医科大学附属病院、奈良県臓器バンクのほか、奈良県臨床工学士会から、総勢46名がボランティアとして参加して頂き、通行人や観光客にドナーカード等を配布して、臓器移植の啓発活動を行いました。



CKD県民公開講座を開催しました

 

腎臓病の方々が透析に至ることがないよう、または少しでも導入を遅らせるための知識と情報を提供するために、毎年この分野の専門家をお招きして、公開の講演会を実施しております。
2017年9月17日㈰ 13時とり15時 奈良商工会議所大ホールにて 市立奈良病院糖尿病内科部長 薮田又弘 先生による
〜糖尿病・透析患者の心血管疾患対策〜『糖尿病と血管のふかーい関係』と題した講演をしていただきました。
台風18号が迫る中での開催になり、薮田先生には大変ご迷惑をお掛けしましたが、実施を強させていただきました。


第10回女性患者の集い を開催しました

女性透析者が集い、病気にまつわる悩みや生甲斐、趣味について語り合っております。
7月13日㈰11時から14時までの間、近鉄新大宮駅近くの「桃谷棲」中国料理店にて、昼食を挟みながら
SC0PO(スコーポ)株式会社代表 早坂 広司(桜美林大学 老年学総合研究所連携研究員)をお迎えして。「“げんきよく きげんよく!”
少子・超高齢化・人口減少社会を生きるための知恵」と題した講演をいただきまました。
定員30名でしたが、すぐに埋まる盛況振りでした。
開催ポスター

第8回(創立45回)定時総会の開催

NPO法人奈良県腎友会の第6回定時総会を下記の日程で開催しました。

                 日  時 平成30年6月3日(日)
              場  所  奈良県文化会館(2階小ホール
                 時  間     総会 10時00分〜12時00分
                             昼食 12時00分〜13時00分
                             記念講演 13時00分〜15時00分
                  講演内容
                 講演T 『腎移植の実際』 
               講師 奈良県立医科大学附属病院 泌尿器科講師 米田 龍生 先生
            講演U 『奈良県での透析医療災害対策の現状』
               講師 奈良県立医科大学附属病院 透析部病院教授 吉田 克法 先生



広報誌「ばんび」90、91号、92号を発行しました

4月28日に広報誌「ばんび」90号(春号)を発行し、新たな会員の獲得を目指して、奈良県下の全透析患者を対象に配布しました。8月4日には91号(夏号)(「第7回定期総会」の特集号)を、12月28日には92号(冬号)(CKD県民公開講座の特集)を発刊しております。



第3回 春季パークゴルフ大会を開催しました

昨年9月に引き続き、平成30年4月1日(日) 奈良ニッタの森パークゴルフ場にて、桜が満開の下で、パークゴルフ大会を開催し、県下の透析患者相互の親睦を深めました。


日帰りバス旅行の開催

当初10月に予定していた日帰りバス旅行が台風の影響で延期となり、2018年3月11日㈰に実施することになりました。アサヒビール工場見学、リーガロイヤルホテルでのバイキングスタイルでの昼食、中の島クルーズで、会員相互の親睦を温めました。