in Kyoto since1967

”この一曲”

”京都慕情”

NASHVILLE FIVEの名物ギタリスト”千チャン”がお送りする京都ゆかりの曲は「京都慕情」です。
日本にエレキブームを起こしたベンチャーズが、1970年に発表したインストゥルメンタル曲で、
(『Reflections in A Palace Lake』というサブタイトルが付けられています)
「京都の恋」に続いてザ・ベンチャーズの「京都シリーズ」第2弾として発表されました。
ほぼ同時に渚ゆうこさんの歌入りバージョンが発売され、大ヒット曲となりました。
失恋した女性が、河原町・高瀬川・嵐山・東山・桂川と市内の名所を巡って、傷ついた心を慰める
そんな光景が目に浮かぶ素晴らしい曲だと思います。

WIPE OUT
春がいっぱい
夏の日の恋
幸せの黄色いリボン
京都慕情

HOME NASHVILLE FIVE HISTORY INSTRUMENTS EVENT MY HERO
ACCESS お知らせ メールを送る

Copyright NASHVILLE
since 1967