目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

Old Testament「Book of Daniel」
旧約聖書:ダニエル書

第2章(CHAPTER 2)

  1. ネブカデネザルの治世(ぢせい)の二年にネブカデネザル夢を見それがために心に思ひなやみて復(また)睡(ねむ)ること能(あた)はざりき
  2. 是(こゝ)をもて王は命(めい)を下し王のためにその夢を解(とか)せんとて博士と法術士(はふじゅつし)と魔術士(まじゅつし)とカルデヤ人(びと)とを召しめたれば彼ら來(きた)りて王の前に立つ
  3. 王すなはち彼らにむかひ我(われ)夢を見その夢の義(ぎ)を知(しら)んと心に思ひなやむと言(いひ)ければ
  4. カルデヤ人等(びとら)スリア語(ことば)をもて王に申しけるは願(ねがは)くは王(わう)長壽(いのちなが)かれ請(こ)ふ僕(しもべ)等にその夢を語りたまへ我らその解明(ときあかし)を進めたてまつらんと
  5. 王こたへてカルデヤ人(びと)に言(いひ)けるは我すでに命(めい)を出せり汝等もしその夢とこれが解明(ときあかし)とを我に示さゞるにおいては汝(なんぢ)らの身は切裂(きりさか)れ汝らの家は厠(かはや)にせられん
  6. 又汝らもしその夢とこれが解明(ときあかし)を示さば贐物(おくりもの)と賞賚(たまもの)と大なる尊榮(ほまれ)とを我より獲(え)ん然(され)ばその夢と之(これ)が解明(ときあかし)を我(われ)に示せ
  7. 彼らまた對(こた)へて言(いひ)けるは願くは王(わう)僕(しもべ)どもにその夢を語りたまへ然(さら)ば我らその解明を奏(そう)すべしと
  8. 王こたへて言(いひ)けるは我あきらかに知る汝らは吾命(わがめい)の下りしを見るが故(ゆゑ)に時を延(のば)さんことを望むなり
  9. 汝(なんぢ)らもしその夢を我に示さずば汝らを處置(しょち)するの法(はふ)は只一(たゞひとつ)のみ汝らは相語(あひかた)らひて虚言(いつはり)と妄誕(みだり)なる詞(ことば)を我(わが)前にのべて時の變(かは)るを待(また)んとするなり汝ら今先(まづ)その夢を我に示せ然(さ)すれば汝らがその解明(ときあかし)をも我にしめし得(う)ることを我しらんと
  10. カルデヤ人(びと)等こたへて王の前に申しけるは世の中には王のその事を示し得(う)る人一箇(ひとり)もなし是((こゝ)をもて王たる者主たる者君たる者等の中に斯(かゝ)る事を博士または法術士またはカルデヤ人(びと)に問(とひ)たづねし者絶(たえ)てあらざるなり
  11. 王の問(とひ)たまふその事は甚(はなは)だ難(かた)し肉身(にくしん)なる者と共に居(をら)ざる神々を除きては王の前にこれを示すことを得(う)る者無(なか)るべしと
  12. 斯(かゝ)りしかば王(わう)怒(いかり)を發し大(おほい)に憤(いきどほ)りバビロンの智者をことごとく殺せと命じたり
  13. 即(すなは)ち此命(このめい)くだりければ智者等は殺されんとせり又ダニエルとその同僚(とも)をも殺さんともとめたり
  14.  茲(こゝ)に王の侍衛(じゑい)の長(かしら)アリオク、バビロンの智者等を殺さんとて出(いで)きたりければダニエル遠慮(ゑんりょ)と智慧(ちゑ)とをもて之(これ)に應答(おうたふ)せり
  15. すなはち王の高官アリオクに對(こた)へて言(いひ)けるは王なにとて斯(かく)すみやかにこの命(めい)を下したまひしやとアリオクその事をダニエルに告(つげ)しらせたれば
  16. ダニエルいりて王に乞求(こひもと)めて言ふ暫(しばら)くの時日(ひま)を賜(たま)へ然(さら)ばその解明(ときあかし)を王に奏(そう)せんと
  17.  斯(かく)てダニエルその家にかへりその同僚(とも)ハナニヤ、ミシヤエルおよびアザリヤにこの事を告(つげ)しらせ
  18. 共にこの秘密につき天の神の憐憫(あはれみ)を乞(こ)ひダニエルとその同僚等(ともら)をしてその他のバビロンの智者とともに滅(ほろ)びざらしめんことを求めたりしが
  19. ダニエルつひに夜の異象(まぼろし)の中(うち)にこの秘密を示されければダニエル天の神を稱讃(ほめたゝ)ふ
  20. 即(すなは)ちダニエル應(こた)へて言(いひ)けるは永遠(えいゑん)より永遠にいたるまでこの神の御名(みな)は讃(ほめ)まつるべきなり智慧(ちゑ)と權能(ちから)はこれが有(もの)なればなり
  21. 彼は時(とき)と期(き)とを變(へん)じ王を廢(はい)し王を立て智者に智慧(ちゑ)を與(あた)へ賢者(けんじゃ)に知識を賜(たま)ふ
  22. 彼は深妙(しんめう)秘密の事を顕(あらは)し幽暗(くらき)にあるところの者を知(しり)たまふまた光明(ひかり)彼の裏(うち)にあり
  23. わが先祖等の神よ汝(なんぢ)は我に智慧(ちゑ)と權能(ちから)を賜(たま)ひ今われらが汝に乞求(こひもと)めたるところの事を我にしめし給(たま)へば我感謝して汝を稱賛(ほめたゝ)ふ即(すなは)ち汝は王のかの事を我らに示したまへり
  24. 是(こゝ)においてダニエルは王がバビロンの智者等を殺すことを命じおけるアリオクの許(もと)にいたり即(すなは)ちいりてこれに言(いひ)けるはバビロンの智者等を殺す勿(なか)れ我を王の前に引(ひき)いたれよ我その解明(ときあかし)を王に奏上(まうしあ)ぐべしと
  25.  アリオクすなはちダニエルを引(ひき)て急ぎ王の前にいたり王にまうしけるは我(われ)ユダの俘囚人(とらはれびと)の中に一箇(ひとり)の人を得(え)たり是者(このもの)その解明(ときあかし)を王にまうしあげん
  26. 王こたへてベルテシヤザルと名(なづ)くるダニエルに言(いひ)けるは汝は我が見たる夢とその解明とを我に知らすることを得(う)るやと
  27. ダニエルすなはち應(こた)へて王の前に言(いひ)けるは王の問(とひ)たまふ秘密は智者(ちしゃ)法術士(はふじゅつし)博士(はかせ)卜筮師(うらなひし)など之(これ)を王に奏上(まうしあ)ぐることを得(え)ず
  28. 然(され)ど天に一(ひとつ)の神ありて秘密をあらはし給(たま)ふ彼(かれ)後(のち)の日に起らんところの事の如何(いか)なるかをネブカデネザル王にしらせたまふなり汝(なんぢ)の夢(ゆめ)汝が牀(とこ)にありて想(おもひ)見たまひし汝の腦中(のうちう)の異象(まぼろし)は是(これ)なり
  29. 王よ汝(なんぢ)牀(とこ)にいりし時将來(のち)の事の如何(いかん)を想(おも)ひまはしたまひしが秘密を顕(あらは)す者将來(のち)の事の如何(いかん)を汝にしめし給(たま)へり
  30. 我(わ)がこの示現(あらはし)を蒙(かうむ)れるは凡(すべて)の生(いけ)る者にまさりて我に智慧(ちゑ)あるに由(よる)にあらず唯(たゞ)その解明(ときあかし)を王に知(しら)しむる事ありて王のつひにその心に想(おも)ひたまひし事を知(しる)にいたり給(たま)はんがためなり
  31.  王よ汝(なんぢ)は一箇(ひとつ)の巨(おほい)なる像の汝の前に立(たて)るを見たまへり其(その)像は大(おほき)くしてその光輝(かゞやき)は常ならずその形は畏(おそ)ろしくあり
  32. 其像(そのざう)は頭(かしら)は純金(じゅんきん)胸と兩腕とは銀(ぎん)腹(はら)と腿(もゝ)とは銅(あかゞね)
  33. 脛(はぎ)は鐵(てつ)脚(あし)は一分(いちぶ)は鐵(てつ)一分は泥土(つち)なり
  34. 汝(なんぢ)見て居たまひしに遂(つひ)に一箇(ひとつ)の石(いし)人手によらずして鑿(きら)れて出(い)でその像の鐵(てつ)と泥土との脚(あし)を撃(うち)てこれを碎(くだ)けり
  35. 斯(かゝ)りしかばその鐵と泥土と銅と銀と金とは皆(みな)ともに碎(くだ)けて夏の禾場(うちば)の糠(ぬか)のごとくに成り風に吹(ふき)はらはれて止(とゞま)るところ無(なか)りき而(しか)してその像を撃(うち)たる石は大(おほい)なる山となりて全地に充(みて)り
  36.  是(これ)その夢なり我らその解明(ときあかし)を王の前に陳(のべ)ん
  37. 王よ汝は諸王の王にいませり即(すなは)ち天の神(かみ)汝に國(くに)と權威(いきほひ)と能力(ちから)と尊貴(たふとき)とを賜(たま)へり
  38. また人の子等(こども)野の獣畜(けもの)および天空(そら)の鳥は何處(いづく)にをる者にもあれ皆これを汝の手に與(あた)へて汝にこれをことごとく治(をさ)めしめたまふ汝はすなはち此(この)金(きん)の頭(かしら)なり
  39. 汝(なんぢ)の後に汝に劣(おと)る一(ひとつ)の國(くに)おこらんまた第三に銅(あかがね)の國おこりて全世界を治(をさ)めん
  40. 第四の國(くに)は堅(かた)きこと鐵(てつ)のごとくならん鐵は能(よ)く萬(よろづ)の物を毀(こぼ)ち碎(くだ)くなり鐵の是等(これら)をことごとく打碎(うちくだ)くがごとく其國(そのくに)は毀(こぼ)ちかつ碎(くだ)くことをせん
  41. 汝(なんぢ)その足と足の趾(ゆび)を見たまひしに一分(いちぶ)は陶人(すゑものし)の泥土(つち)一分は鐵(てつ)なりければその國は分裂(わかれ)たる者ならん又汝(なんぢ)鐵(てつ)と粘土(ねばつち)との混和(まじり)たるを見たまひたればその國は鐵のごとく強からん
  42. その足の趾(ゆび)の一分(いちぶ)は鐵(てつ)一分は泥土なりしごとくその國は強きところもあり脆(もろ)きところも有(あら)ん
  43. 汝(なんぢ)が鐵と粘土との混(まじ)りたるを見たまひしごとく其等(それら)は人草(ひとぐさ)の種子(たね)と混(まじ)らん然(され)ど鐵と泥土との相合(あひがつ)せざるごとく彼と此(これ)と相合(あひがつ)すること有(あら)じ
  44. この王等の日に天の神(かみ)一(ひとつ)の國を建(たて)たまはん是(これ)は何時(いつ)までも滅(ほろ)ぶること無(なか)らん此國(このくに)は他の民に歸(き)せず却(かへつ)てこの諸(もろもろ)の國を打破りてこれを滅(めつ)せん是(これ)は立ちて永遠にいたらん
  45. かの石の人手によらずして山より鑿(きら)れて出(い)で鐵(てつ)と銅(あかがね)と泥土(つち)と銀(ぎん)と金(きん)とを打碎(うちくだ)きしを汝が見たまひしは即(すなは)ちこの事なり大御神(おほみかみ)この後に起らんところの事を王にしらせたまへるなりその夢は眞(まこと)にしてこの解明(ときあかし)は確(たしか)なり
  46.  是(こゝ)においてネブカデネザル王は俯伏(ひれふし)てダニエルを拝(はい)し禮物(そなへもの)と香(かう)をこれに献(さゝ)ぐることを命じたり
  47. 而(しか)して王こたへてダニエルに言(いひ)けるは汝がこの秘密を明(あきら)かに示すことを得(え)たるを見れば誠(まこと)に汝らの神は神等(かみたち)の神(かみ)王等の主(しゆ)にして能(よ)く秘密を示す者なりと
  48. かくて王はダこエルに高位(たかきくらゐ)を授(さづ)け種々(くさぐさ)の大(おほい)なる賜物を與(あた)へてこれをバビロン全州の総督となしまたバビロンの智者等を統(すぶ)る者の首長(をさ)となせり
  49. 王またダニエルの願(ねがひ)によりてシヤデラクとメシヤクとアベデネゴを擧(あげ)てバビロン州の事務をつかさどらしめたりダニエルは王の宮にをる

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ダニエル書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書