目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

Old Testament「Book of Daniel」
旧約聖書:ダニエル書

第4章(CHAPTER 4)

  1. ネブカデネザル王全世界に住める諸民 諸族 諸音に諭(さと)す願(ねがは)くは大(おほい)なる平安汝(なんぢ)らにあれ
  2. 至高神(いとたかきかみ)我にむかひて徴證(しるし)と奇蹟(ふしぎ)を行(おこな)へり我これを知(しら)しむることを善(よし)と思ふ
  3. 嗚呼(あゝ)大(おほい)なるかなその徴證(しるし)嗚呼(あゝ)盛(さかん)なるかなその奇蹟(ふしぎ)その國(くに)は永遠の國その權(けん)は世々限(かぎり)なし
  4.  我(われ)ネブカデネザルわが家に安然(やすらか)に居(を)りわが宮に榮(さか)え居(を)れり
  5. 我(われ)一(ひとつ)の夢を見て之(これ)がために懼(おそ)れ即(すなは)ち床にありてその事を想(おも)ひめぐらしその我(わが)腦中の異象(まぼろし)のために心をなやませり
  6. 是(こゝ)に於(おい)て我(われ)命(めい)を下しバビロンの智者をことごとく我前(わがまへ)に召(めし)よせしめてその夢の解明(ときあかし)を我にしめさせんと爲(し)たれば
  7. すなはち博士 法術士 カルデヤ人(びと)卜筮師(うらなひし)等きたりしに囚(より)て我(われ)その夢を彼らに語りけるに彼らはその解明を我にしめすことを得(え)ざりき
  8. かくて後ダニエルわが前に來(きた)れり彼の名は吾神(わがかみ)の名にしたがひてベルテシヤザルと稱(とな)へられその裏(うち)には聖神(きよきかみ)の霊(れい)やどれり我(われ)その夢を彼の前に語りて曰(いひ)けらく
  9. 博士の長(かしら)ベルテシヤザルよ我(われ)しる汝(なんぢ)の裏(うち)には聖神(きよきかみ)の霊(れい)やどれば如何(いか)なる秘密も汝には難(かた)き事なし我が夢に見たるところの事等を聞きその解明(ときあかし)を我に告げよ
  10. 我(わ)が床にありて見たる吾(わが)腦中の異象(まぼろし)は是(かく)のごとし我(われ)觀(み)しに地の當中(たゞなか)に一(ひとつ)の樹ありてその丈(たけ)高かりしが
  11. その樹長じて強固(つよく)なり天に達するほどの高(たかさ)となりて地の極(はて)までも見えわたり
  12. その葉は美しくその菓(み)は饒(さは)にして一切(すべて)の者その中(うち)より食を得(え)また野の獣(けもの)その蔭(かげ)に臥(ふ)し空の鳥その枝に棲(す)み凡(すべて)て血氣ある者みな是(これ)によりて身を養(やしな)ふ
  13. 我(われ)床(とこ)にありて得(え)たる腦中の異象の中に一箇(ひとり)の警寤者(けいごしゃ)一箇(ひとり)の聖者の天より下るを見たりしが
  14. 彼(かれ)聲高(こゑたか)く呼(よば)はりて斯(かく)いへり此樹(このき)を伐(きり)たふしその枝を斫(きり)はなしその葉を揺(ふり)おとしその果を打散(うちちら)し獣(けもの)をしてその下より逃(にげ)はしらせ鳥をしてその枝を飛(とび)さらしめよ
  15. 但(たゞ)しその根の上の斬株(きりかぶ)を地に遺(のこ)しおき鐵(くろがね)と銅(あかゞね)の索(なは)をかけて之(これ)を野の草の中にあらしめよ是(これ)は天よりくだる露(つゆ)に濕(ぬ)れまた地の草の中にて獣(けもの)とその分を同じうせん
  16. 又その心は變(かは)りて人間の心のごとくならず獣(けもの)の心を稟(うけ)て七(なゝつ)の時を經(へ)ん
  17. この事は警寤者(けいごしゃ)等の命(めい)によりこの事は聖者等の言(ことば)による是(これ)至高者(いとたかきもの)人間の國(くに)を治(をさ)めて自己(おのれ)の意(こゝろ)のまゝにこれを人に與(あた)ヘまた人の中の最も賤(いやし)き者をその上に立(たて)たまふといふ事を一切(すべて)の者に知(しら)しめんがためなり
  18. 我(われ)ネブカデネザル王この夢を見たりベルテシヤザルよ汝(なんぢ)その解明(ときあかし)を我に述(のべ)よ我國(わがくに)の智者は執(いづれ)も皆その解明(ときあかし)を我に示すことを得(え)ざりしが汝は之(これ)を能(よく)せん其(そ)は汝の裏(うち)には聖神(きよきかみ)の霊(れい)やどればなりと
  19.  その時ダニエル又の名はベルテシヤザルとい者(もの)暫時(しばらく)の間驚き居り心に深く懼(おそ)れたれば王これに告(つげ)て言(いへ)りベルテシヤザルよ汝(なんぢ)この夢とその解明(ときあかし)のために懼(おそ)るゝにおよばずとベルテシヤザルすなはち答へて言(いひ)けらく我主(わがしゅ)よ願(ねがは)くはこの夢汝を惡(にく)む者の上にかゝらん事を願(ねがは)くは此(この)解明汝の敵にのぞまんことを
  20. 汝(なんぢ)が見たまひし樹すなはちその長じて強くなり天に達するほどの高(たかさ)となりて地の極(はて)までも見えわたり
  21. その葉は美しくその果(み)は饒(さは)にして一切(すべて)の者その中(うち)より食を得(え)またその下に野の獣(けもの)臥(ふ)しその枝に空の鳥棲(すみ)たる者
  22. 王よ是(これ)はすなはち汝(なんぢ)なり汝は長じて強くなり汝の勢(いきほ)ひは盛(さかん)にして天におよび汝の權(けん)は地の極(はて)にまでおよべり
  23. 王また一箇(ひとり)の警寤者(けいごしゃ)一箇(ひとり)の聖者の天より下りて斯(かく)言ふを見たまへり云(いは)くこの樹を伐(きり)たふして之(これ)をそこなへ但(たゞ)し其根(そのね)の上の斬株(きりかぶ)を地に遺(のこ)しおき鐵(くろがね)と銅(あかゞね)の索(なは)をかけて之(これ)を野の草の中にあらしめよ是(これ)は天より下る露(つゆ)に濡(ぬ)れ野の獣とその分を同じうして七(なゝつ)の時を經(へ)ん
  24. 王よその解明(ときあかし)は是(かく)の如(ごと)し是(これ)即(すなは)ち至高者(いとたかきもの)の命(めい)にして王(わう)我主(わがしゅ)に臨(のぞ)まんとする者なり
  25. 即(すなは)ち汝は逐(おは)れて世の人と離れ野の獣とともに居り牛のごとくに草を食ひ天よりくだる露(つゆ)に濡(ぬ)れん是(かく)の如(ごと)くにして七(なゝつ)の時を經(へ)て汝つひに知(しら)ん至高者(いとたかきもの)人間の國(くに)を治(をさ)めて自己(おのれ)の意(こゝろ)のまゝに之(これ)を人に與(あた)へ給(たま)ふと
  26. 又彼らその樹の根の上の斬株(きりかぶ)を遺(のこ)しおけと言(いひ)たれば汝(なんぢ)の國は汝が天は主(しゆ)たりと知(しる)にいたる時まで汝を離れん
  27. 然(され)ば王よ吾諌(わがいさめ)を容(い)れ義(たゞしき)をおこなひて罪を離れ貧者(まづしきもの)を憐(あはれ)みて惡を離れよ然(しか)らば汝(なんぢ)の平安あるひは長く続かんと
  28.  この事みなネブカデネザル王に臨(のぞ)めり
  29. 十二箇月を經(へ)て後(のち)王バビロンの王宮の上に歩(あゆ)みをり
  30. 王すなはち語りて言ふ此(この)大(おほい)なるバビロンは我(わ)が大なる力をもて建て京城(けいじゃう)となし之(これ)をもてわが威光(ゐくわう)を耀(かゞや)かす者ならずや
  31. その言(ことば)なほ王の口にある中(うち)に天より聲(こゑ)降(くだ)りて言ふネブカデネザル王よ汝に告ぐ汝は國の位(くらゐ)を失(うしな)はん
  32. 汝(なんぢ)は逐(おは)れて世の人と離れ野の獣(けもの)と共に居り牛のごとくに草を食(くら)はん斯(かく)の如(ごと)くにして七(なゝつ)の時を經て汝つひに知(しら)ん至高者(いとたかきもの)人間の國(くに)を治(をさ)めて己(おの)れの意(こゝろ)のままにこれを人に與(あた)へたまふと
  33. その時直(たゞち)にこの事ネブカデネザルに臨(のぞ)み彼は逐(おは)れて世の人に離れ牛のごとくに草を食ひてその身は天よりくだる露(つゆ)に濡れ終(つひ)にその髮毛(かみのけ)は鷲(わし)の羽のごとくになりその爪は鳥の爪のごとくになりぬ
  34.  斯(かく)てその日の滿(みち)たる後(のち)我(われ)ネブカデネザル目をあげて天を望みしにわが分別性(ふんべつせい)我に歸(かへ)りたれば我(われ)至高者(いとたかきもの)に感謝しその永遠に生(いけ)る者を讃(ほめ)かつ崇(あが)めたり彼の御宇(みよ)は永遠の御宇(みよ)彼の國(くに)は世々かぎり無し
  35. 地上の居民(きょみん)は凡(すべ)て無き者のごとし天の衆群(しうぐん)にも地の居民(きょみん)にも彼はその意(こゝろ)のままに事をなしたまふ誰も彼の手をおさへて汝なんぞ然(しか)するやと言(いふ)ことを得(う)る者なし
  36. この時わが分別性かく我に歸(かへ)りたりしがわが國(くに)の榮光(えいくわう)につきてはまた我の尊厳(たふとき)と光耀(かゞやき)我にかへれり且(かつ)また大臣(だいじん)牧伯(ぼくはく)等我に請求(こひもと)めて我ふたゝび國(くに)の祚(くらゐ)を踐(ふ)み前よりも著(いちじる)しく威光を増(まし)たり
  37. 是(こゝ)において我(われ)ネブカデネザル今は天の王を讃頌(ほめたゝ)へかつ崇(あが)む彼の作爲(わざ)は凡(すべ)て眞實(まこと)彼の道は正義(たゞし)自(みづか)ら高ぶる者は彼(かれ)能(よ)くこれを卑(ひく)くしたまふ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ダニエル書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書