目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

Old Testament「Book of Daniel」
旧約聖書:ダニエル書

第7章(CHAPTER 7)

  1. バビロンの王ベルシヤザルの元年(はじめのとし)にダニエルその牀(とこ)にありて夢を見(み)腦中(のうちう)に異象(まぼろし)を得(え)たりしが即(すなは)ちその夢を記(しる)してその事の大意(たいい)を述(の)ぶ
  2. ダニエル述(のべ)て曰(いは)く我(われ)夜の異象(まぼろし)の中(うち)に見てありしに四方(よも)の天風(あまつかぜ)大海にむかひて烈(はげ)しく吹(ふき)きたり
  3. 四箇(よつ)の大(おほい)なる獣(けもの)海より上りきたれりその形はおのおの異(こと)なり
  4. 第一のは獅子(しゝ)の如(ごと)くにして鷲(わし)の翼(つばさ)ありけるが我(われ)見てをりしに是(これ)はその翼を抜(ぬき)とられまた地より起(おこ)され人のごとく足にて立(たゝ)せられ且(かつ)人の心を賜(たま)はれり
  5. 第二の獣(けもの)は熊(くま)のごとくなりき是(これ)はその體(からだ)の一方を擧(あ)げその口の歯の間(あひだ)に三(みつ)の脇骨(わきぼね)を啣(くは)へ居(をり)けるが之(これ)にむかひて言(いへ)る者あり曰(いは)く起(たち)あがりて許多(あまた)の肉を食(くら)へと
  6. その後に我(われ)見しに豹(へう)のごとき獣(けもの)いでたりしがその背には鳥の翼(つばさ)四(よつ)ありこの獣(けもの)はまた四(よつ)の頭(かしら)ありて統轄權(すべをさむるけん)をたまはれり
  7. 我(われ)夜の異象(まぼろし)の中(うち)に見しにその後(のち)第四の獣(けもの)いでたりしが是(これ)は畏(おそろ)しく猛(たけ)く大(おほい)に強くして大(おほい)なる鐵(くろがね)の歯あり食(くら)ひかつ咬碎(かみくだ)きてその殘餘(のこり)をば足にて踏(ふみ)つけたり是(これ)はその前(さき)に出たる諸(すべて)の獣とは異なりてまた十の角(つの)ありき
  8. 我(われ)その角(つの)を考へ觀(み)つゝありけるにその中にまた一箇(ひとつ)の小き角(つの)出(いで)きたりしがこの小(ちひさ)き角のために先の角(つの)三箇(みつ)その根より抜(ぬけ)おちたりこの小(ちひさ)き角(つの)には人の目のごとき目ありまた大(おほい)なる事を言ふ口あり
  9.  我(われ)觀(み)つゝありしに遂(つひ)に寳座(くらゐ)を置(をき)列(なら)ぶるありて日の老(おい)たる者座を占めたりしがその衣は雪のごとくに白くその髮毛は漂(さらし)潔(きよ)めたる羊(ひつじ)の毛のごとし又その寳座(くらゐ)は火の[ほのほ]にしてその車輪(くるま)は燃(もゆ)る火なり
  10. 而(しか)して彼の前より一道(ひとすぢ)の火の流(ながれ)わきいづ彼に仕(つか)ふる者は千々(せんせん)彼の前に侍(はべ)る者は萬々(まんまん)審判(さばき)すなはち始(はじま)りて書(ふみ)を開けり
  11. その角(つの)の大(おほい)なる事を言ふ聲(こゑ)によりて我(われ)觀(み)つゝありけるが我が見る間にその獣(けもの)は終(つひ)に殺され體(からだ)を壞(そこな)はれて燃(もゆ)る火に投(なげ)いれられたり
  12. またその餘(ほか)の獣(けもの)はその權威(けんゐ)を奪はれたりしがその生命(いのち)は時(とき)と期(き)の至るまで延(のば)されたり
  13.  我(われ)また夜の異象(まぼろし)の中(うち)に觀(み)てありけるに人の子のごとき者雲に乗(のり)て來(きた)り日の老(おい)たる者の許(もと)に到りたればすなはちその前に導(みちび)きけるに
  14. 之(これ)に權(けん)と榮(さかえ)と國(くに)とを賜(たま)ひて諸民 諸族 諸音をしてこれに事(つか)へしむその權(けん)は永遠の權(けん)にして移りさらず又その國(くに)は亡(ほろ)ぶることなし
  15.  是(こゝ)において我(われ)ダニエルその體(からだ)の内の魂(たましひ)を憂(うれ)へしめわが腦中の異象(まぼろし)のために思ひなやみたれば
  16. すなはち其處(そこ)にたてる者の一箇(ひとり)に就(つき)てこの一切(すべて)の事の眞意(しんい)を問(とひ)けるに其者(そのもの)われにこの事の解明(ときあかし)を告(つげ)しらせて云(いは)く
  17. この四(よつ)の大(おほい)なる獣(けもの)は地に興(おこ)らんとする四人の王なり
  18. 然(され)ど終(つひ)には至高者(いとたかきもの)の聖徒(せいと)國を受け長久(とこしなへ)にその國を保ちて世々限りなからんと
  19. 是(こゝ)において我またその第四の獣(けもの)の眞意(しんい)を知(しら)んと欲せり此獣(このけもの)は他の獣と異なりて至畏(いとおそ)ろしくその歯は鐵(くろがね)その爪は銅(あかゞね)にして食(くら)ひかつ咬碎(かみくだ)きてその殘餘(のこり)を足にて踏(ふみ)つけたり
  20. 此(この)獣(けもの)の頭(かしら)には十の角(つの)ありしが其他(そのほか)にまた一(ひとつ)の角(つの)いできたりしかば之(これ)がために三(みつ)の角(つの)抜(ぬけ)おちたり此角(このつの)には目ありまた大(おほい)なる事を言ふ口ありてその状(かたち)はその同類(ともがら)よりも強く見えたり我またこの事を知(しら)んと欲せり
  21. 我(われ)觀(み)つゝありけるに此角(このつの)聖徒(せいと)と戰ひてこれに勝(かち)たりしが
  22. 終(つひ)に日の老(おい)たる者來(きた)りて至高者(いとたかきもの)の聖徒のために公義をおこなへり而(しか)してその時いたりて聖徒(せいと)國(くに)を獲(え)たり
  23.  彼かく言(いへ)り第四の獣(けもの)は地上の第四の國(くに)なり是(これ)は一切(すべて)の國と異なり全世界を併呑(へいどん)しこれを踏(ふみ)つけかつ打破(うちやぶ)らん
  24. その十の角(つの)はこの國(くに)に興(おこ)らんところの十人の王なり之(これ)が後にまた一人興(おこ)るべし是(これ)は先の者と異なり且(かつ)その王三人を倒すべし
  25. かれ至高者(いとたかきもの)に敵して言(こと)を出(いだ)しかつ至高者の聖徒を惱まさん彼また時(とき)と法(おきて)とを變(かへ)んことを望まん聖徒は一時と二時と半時を經(ふ)るまで彼の手に付(わた)されてあらん
  26. 斯(かく)て後(のち)審判(さばき)はじまり彼はその權(けん)を奪はれて終極(をはり)まで滅び亡(うせ)ん
  27. 而(しか)して國(くに)と權(けん)と天下(あめがした)の國々の勢力(ちから)とはみな至高者(いとたかきもの)の聖徒たる民に歸(き)せん至高者の國は永遠の國なり諸國の者みな彼に事(つか)へかつ順(したが)はんと
  28. その事(こと)此(こゝ)にて終(をは)れり我(われ)ダニエルこれを思ひまはして大(おほい)に憂(うれ)へ顔色も變(かは)りぬ我(われ)この事を心に蔵(をさ)む

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ダニエル書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書