目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

Old Testament「Book of Daniel」
旧約聖書:ダニエル書

第8章(CHAPTER 8)

  1. 我(われ)ダニエル前(さき)に異象(まぼろし)を得(え)たりしが後(のち)またベルシヤザルの第三年にいたりて異象(まぼろし)を得たり
  2. 我(われ)異象(まぼろし)を見たり我これを見たる時に吾身(わがみ)はエラム州なるシユシヤンの城にあり我(わ)が異象(まぼろし)を見たるはウライ河の邊(ほとり)においてなりき
  3. 我(われ)目を擧(あげ)て觀(み)しに河の上(ほとり)に一匹(ひとつ)の牡羊(をひつじ)立(たち)をり之(これ)に二(ふたつ)の角(つの)ありてその角(つの)共に長かりしが一(ひとつ)の角(つの)はその他の角(つの)よりも長かりきその長き者は後(のち)に長(のび)たるなり
  4. 我(われ)觀(み)しにその牡羊(をひつじ)西北南にむかひて牴觸(つきまは)りけるが之(これ)に敵(あた)ることを得る獣一匹も無くまたその手より救(すく)ひいだすことを得る者絶(たえ)てあらざりき是(これ)はその意(こゝろ)にまかせて事をなしその勢威(いきほひ)はなはだ盛(さかん)なりき
  5.  我これを考へ見つゝありけるに一匹(ひとつ)の牡山羊(をやぎ)全地の上を飛(とび)わたりて西より來(きた)りしがその足は土を履(ふま)ざりきこの牡山羊(をやぎ)は目の間(あひだ)に著明(いちじる)しき一(ひとつ)の角(つの)ありき
  6. 此者(このもの)さきに我(わ)が河の上(ほとり)に立(たて)るを見たる彼(か)の二(ふたつ)の角(つの)ある牡羊(をひつじ)に向ひ來(きた)り熾盛(さかん)なる力をもて之(これ)の所に[かけ]いたりけるが
  7. 我(われ)觀(み)てあるに牡羊(をひつじ)に近づくに至りて之(これ)にむかひて怒(いかり)を發(おこ)し牡羊(をひつじ)を撃(うち)てその二の角を碎(くだ)きたるに牡羊(をひつじ)には之(これ)に敵(あた)る力なかりければこれを地に打倒して踏(ふみ)つけたり然(しか)るにその牡羊(をひつじ)をこれが手より救ひ得る者あらざりき
  8. 而(しか)してその牡山羊(をやぎ)甚(はなは)だ大きくなりけるがその盛(さかん)なる時にあたりてかの大(おほい)なる角(つの)折れその代(かはり)に四(よつ)の著明(いちじる)しき角(つの)生じて天の四方に對(むか)へり
  9.  またその角(つの)の一(ひとつ)よりして一(ひとつ)の小(ちひさ)き角(つの)いできたり南にむかひ東にむかひ美地(うるはしきち)にむかひて甚(はなは)だ大きくなり
  10. 天軍(てんぐん)におよぶまでに高くなりその軍(ぐん)と星(ほし)數箇(すうこ)を地に投(なげ)くだしてこれを踏(ふみ)つけ
  11. また自(みづか)ら高ぶりてその軍の主(しゆ)に敵しその常供(じやうく)の物を取(とり)のぞきかつその聖所を毀(こぼ)てり
  12. 一軍(いちぐん)罪の故(ゆゑ)によりて常供(じやうく)の物とともに棄(すて)られたり彼者(かのもの)はまた眞理を地に擲(なげう)ち事をなしてその意志(こゝろざし)を得(え)たり
  13. かくて我(われ)聞(きく)に一箇(ひとり)の聖者(せいしゃ)語(ものい)ひをりしが又一箇(またひとり)の聖者ありてその語(ものい)ひをる聖者にむかひて言ふ常供(じやうく)の物と荒廢(あらすこと)を來(きた)らする罪とにつきて異象(まぼろし)にあらはれたるところの事(こと)聖所とその軍との棄(すて)られて踏(ふみ)つけらるゝ事は何時(いつ)まで斯(かく)てあるべきかと
  14. 彼すなはち我に言(いひ)けるは二千三百の朝夕をかさぬるまで斯(かく)てあらん而(しか)して聖所は潔(きよ)めらるべし
  15.  我(われ)ダニエルこの異象(まぼろし)を見てその意義(こゝろ)を知(しら)んと求めをりける時人のごとく見ゆる者わが前に立(たて)り
  16. 時に我(われ)聞(きく)にウライ河の兩岸の間(あひだ)より人の聲(こゑ)出て呼はりて言ふガブリエルよこの異象(まぼろし)をその人に暁(さと)らしめよと
  17. 彼すなはち我の立(たて)る所にきたりしがその到れる時に我おそれて仆(たふ)れ伏(ふし)たるに彼われに言(いひ)けるは人の子よ暁(さと)れ此(この)異象(まぼろし)は終(をはり)の時にかゝはる者なりと
  18. 彼の我に語(ものい)ひける時我は氣(き)を喪(うしな)へる状(さま)にて地に俯伏(ひれふし)をりしが彼我に手をつけて我を立(たゝ)せ言(いひ)けるは
  19. 視(み)よ我(われ)忿怒(いかり)の終(をはり)に起らんところの事を汝(なんぢ)に知(しら)せん此事(このこと)は終末(をはり)の期におよびてあらん
  20. 汝(なんぢ)が見たるかの二(ふたつ)の角(つの)ある牡羊(をひつじ)はメデアとペルシヤの王なり
  21. またかの牡山羊(をやぎ)はギリシヤの王その目の間(あひだ)の大(おほい)なる角(つの)はその第一の王なり
  22. またその角(つの)をれてその代(かはり)に四(よつ)の角(つの)生じたればその民よりして四(よつ)の國(くに)おこらん然(され)ど第一の者の權勢(いきほひ)には及ばざるなり
  23. 彼らの國(くに)の末(すゑ)にいたり罪人の罪(つみ)貫盈(みつる)におよびて一人の王おこらんその顔は猛惡(まうあく)にして巧(たくみ)に詭譎(いつはり)を言ひ
  24. その權勢(いきほひ)は熾盛(さかん)ならん但(たゞ)し自己(おのれ)の能力(ちから)をもて之(これ)を致すに非(あら)ずその毀滅(ほろぼす)ことを爲(なす)は常ならず意志(こゝろざし)を得(え)て事を爲(な)し權能(ちから)ある者等と聖民(きよきたみ)とを滅(ほろぼ)さん
  25. 彼は機巧(たくみ)をもて詭譎(いつはり)をその手に行(おこな)ひ遂(と)げ心にみづから高ぶり平和の時に衆多(おほく)の人を打滅(うちほろぼ)しまた君(きみ)の君(きみ)たる者に敵せん然(され)ど終(つひ)には人手によらずして滅(ほろぼ)されん
  26. 前(さき)に告(つげ)たる朝夕の異象(まぼろし)は眞實(まこと)なり汝(なんぢ)その異象(まぼろし)の事を秘(ひ)しおけ是(これ)は衆多(おほく)の日の後に有(ある)べき事なり
  27. 是(こゝ)において我(われ)ダニエル疲れはてゝ數日(すうじつ)の間(あひだ)病(やみ)わづらひて後興(おき)いでて王の事務をおこなへり我はこの異象(まぼろし)の事を案(おも)ひて駭(おどろ)けり人もまたこれを暁(さと)ることを得(え)ざりき

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ダニエル書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書