目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

Old Testament「Book of Daniel」
旧約聖書:ダニエル書

第9章(CHAPTER 9)

  1. メデア人(びと)アハシユエロスの子ダリヨスがカルデヤ人(びと)の王とせられしその元年(はじめのとし)
  2. すなはちその世の元年に我(われ)ダニエル、ヱホバの言(ことば)の預言者ヱレミヤにのぞみて告(つげ)たるその年の數を書(ふみ)によりて暁(さと)れり即(すなは)ちその言(ことば)にヱルサレムは荒(あれ)て七十年を經(へ)んとあり
  3.  是(こゝ)において我(われ)面(かほ)を主(しゆ)ヱホバに向け斷食(だんじき)をなし麻(あさ)の衣を着(き)灰を蒙(かむ)り祈りかつ願ひて求むることをせり
  4. 即(すなは)ち我(われ)わが神ヱホバに祷(いの)り懺悔(ざんげ)して言(いへ)り嗚呼(あゝ)大(おほい)にして畏(おそ)るべき神なる主(しゆ)自己(おのれ)を愛し自己の誡命(いましめ)を守る者のために契約を保ち之(これ)に恩惠(めぐみ)を施(ほどこ)したまふ者よ
  5. 我等は罪を犯(をか)し悖(もと)れる事を爲(な)し惡を行ひ叛逆(そむくこと)を爲(な)して汝(なんぢ)の誡命(いましめ)と律法(おきて)を離れたり
  6. 我等はまた汝の僕(しもべ)なる預言者等が汝の名をもて我らの王等(わうたち)君等(きみたち)先祖等および全國の民に告(つげ)たる所に聽(きゝ)したがはざりしなり
  7. 主(しゆ)よ公義(たゞしき)は汝(なんぢ)に歸(き)し羞辱(はぢ)は我らに歸(き)せりその状(さま)今日のごとし即(すなは)ちユダの人々ヱルサレムの居民およびイスラエルの全家の者は近き者も遠き者も皆汝の逐(おひ)やりたまひし諸(もろもろ)の國々にて羞辱(はぢ)を蒙(かうむ)れり是(こ)は彼らが汝に背(そむ)きて獲(え)たる罪によりて然(しか)るなり
  8. 主(しゆ)よ羞辱(はぢ)は我儕(われら)に歸(き)し我らの王等君等および先祖等に歸(き)す是(こ)は我儕(われら)なんぢに向ひて罪を犯したればなり
  9. 憐憫(あはれみ)と赦宥(ゆるし)は主たる我らの神の裏(うち)にあり其(そ)は我らこれに叛(そむ)きたればなり
  10. 我らはまた我らの神ヱホバの言(ことば)に遵(したが)はずヱホバがその僕(しもべ)なる預言者等によりて我らの前に設(まう)けたまひし律法(おきて)を行(おこな)はざりしなり
  11. 抑(そもそも)イスラエルの人は皆汝の律法(おきて)を犯し離れさりて汝の言(ことば)に遵(したが)はざりき是(こゝ)をもて神の僕(しもべ)モーセの律法(おきて)に記(しる)したる呪詛(のろひ)と誓詞(ちかひ)我らの上に斟(そゝ)ぎかゝれり是(こ)は我らこれに罪を獲(え)たればなり
  12. 即(すなは)ち神は大(おほい)なる災害(わざはひ)を我らに蒙(かうむ)らせたまひてその前に我らと我らを鞫(さば)ける士師(さばきびと)とにむかひて宣(のたま)ひし言(ことば)を行(おこな)ひとげたまへりかのエルサレムに臨(のぞ)みたる事の如(ごと)きは普天(ふてん)の下に未(いま)だ曾(かつ)て有(あら)ざりしなり
  13. モーセの律法(おきて)に記(しる)したる如(ごと)くにこの災害(わざはひ)すべて我らに臨(のぞ)みしかども我らはその神ヱホバの面(かほ)を和(なご)めんとも爲(せ)ずその惡を離れて汝の眞理(しんり)を暁(さと)らんとも爲(せ)ざりき
  14. 是(こゝ)をもてヱホバ心にかけて災害(わざはひ)を我らに降(くだ)したまへり我らの神ヱホバは何事をなしたまふも凡(すべ)て公義(たゞしく)いますなり然(しか)るに我らはその言(ことば)に遵(したが)はざりき
  15. 主(しゆ)たる我らの神よ汝(なんぢ)は強き手をもて汝の民をエジプトの地より導き出して今日のごとく汝の名を揚(あげ)たまふ我らは罪を犯し惡(あし)き事を行へり
  16. 主(しゆ)よ願くは汝が是(これ)まで公義(たゞし)き御行爲(みわざ)を爲(なし)たまひし如(ごと)く汝の邑(まち)ヱルサレム汝の聖山(きよきやま)より汝の忿怒(いかり)と憤恨(いきどほり)を取離(はな)し給(たま)へ其(そ)は我らの罪と我らの先祖の惡のためにヱルサレムと汝の民は我らの周圍(まはり)の者の笑柄(ものわらひ)となりたればなり
  17. 然(され)ば我らの神よ僕(しもべ)の祷(いのり)と願(ねがひ)を聽(きゝ)たまへ汝は主(しゆ)にいませばかの荒(あれ)をる汝の聖所(きよきところ)に汝の面(かほ)を耀(かゞや)かせたまへ
  18. 我神(わがかみ)よ耳を傾(かたむ)けて聽(きゝ)たまへ目を啓(ひら)きて我らの荒蕪(あれ)たる状(さま)を觀(み)汝の名をもて稱(とな)へらるゝ邑(まち)を觀(み)たまへ我らが汝の前に祈祷(いのり)をたてまつるは自己(おのれ)の公義(たゞしき)によるに非(あら)ず唯(たゞ)なんぢの大(おほい)なる憐憫(あはれみ)によるなり
  19. 主(しゆ)よ聽(きゝ)いれたまへ主よ赦(ゆる)したまへ主よ聽(きゝ)いれて行ひたまへこの事を遅くしたまふなかれ わが神よ汝みづからのために之(これ)をなしたまへ其(そ)は汝の邑(まち)と汝の民は汝の名をもて稱(とな)へらるればなり
  20.  我かく言(いひ)て祈りかつわが罪とわが民イスラエルの罪を懺悔(ざんげ)し我神(わがかみ)の聖山(きよきやま)の事につきてわが神ヱホバのまへに願(ねがひ)をたてまつりをる時
  21. 即(すなは)ち我(われ)祈祷(いのり)の言(ことば)をのべをる時我(わ)が初(はじめ)に異象(まぼろし)の中に見たるかの人ガブリエル迅速(すみやか)に飛(とび)て晩の祭物(そなへもの)を献(さゝ)ぐる頃(ころ)我許(わがもと)に達し
  22. 我に告げ我に語りて言(いひ)けるはダニエルよ今我なんぢをヘへて了解(さとり)を得(え)せしめんとて出(いで)きたれり
  23. 汝(なんぢ)が祈祷(いのり)を始(はじ)むるに方(あた)りて我(われ)言(ことば)を受(うけ)たれば之(これ)を汝に示さんとて來(きた)れり汝は大(おほい)に愛せらるる者なり此言(このことば)を了(さと)りその現れたる事の義(ぎ)を暁(さと)れ
  24.  汝(なんぢ)の民と汝の聖邑(きよきまち)のために七十週を定(さだ)めおかる而(しか)して惡を抑(おさ)へ罪を封(ふう)じ愆(とが)を贖(あがな)ひ永遠の義(ぎ)を携(たづさ)へ入り異象(まぼろし)と預言を封じ至聖者(いとたかきもの)に膏(あぶら)を灌(そゝ)がん
  25. 汝(なんぢ)暁(さと)り知(しる)べしヱルサレムを建(たて)なほせといふ命令の出(い)づるよりメシヤたる君(きみ)の起るまでに七週と六十二週ありその街(ちまた)と石垣とは擾亂(ぜうらん)の間(あひだ)に建(たて)なほされん
  26. その六十二週の後(のち)にメシヤ絶(たゝ)れん但(たゞ)し是(これ)は自己(おのれ)のために非(あら)ざるなりまた一人の君の民きたりて邑(まち)と聖所(きよきところ)とを毀(こぼ)たんその終(をはり)は洪水に由(よ)れる如(ごと)くなるべし戰爭(いくさ)の終るまでに荒蕪(あるゝこと)すでに極(きはま)る
  27. 彼(かれ)一週の間(あひだ)衆多(おほく)の者と固く契約を結ばん而(しか)して彼その週の半(なかば)に犠牲(いけにへ)と供物(そなへもの)を廢(はい)せんまた殘暴可惡者(あらすにくむべきもの)羽翼(つばさ)の上に立たん斯(かく)てつひにその定(さだ)まれる災害(わざはひ)殘暴(あらさ)るゝ者の上に斟(そゝ)ぎくだらん

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ダニエル書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書