目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

Old Testament「Book of Daniel」
旧約聖書:ダニエル書

第11章(CHAPTER 11)

  1. 我はまたメデア人(びと)ダリヨスの元年(はじめのとし)にかれを助け彼に力をそへたる事ありしなり
  2.  我いま眞實(まこと)を汝(なんぢ)に示さん視(み)よ此後(こののち)ペルシヤに三人の王(わう)興(おこ)らんその第四の者は富(とめ)ること一切(すべて)の者に勝(まさ)りその富強の大(おほい)なるを恃(たの)みて一切(すべて)を激發(ひきおこ)してギリシヤの國(くに)を攻(せめ)ん
  3. また一箇(ひとり)の強き王おこり大(おほい)なる威權(ゐけん)を振(ふる)ふて世を治(をさ)めその意(こゝろ)のまゝに事を爲(なさ)ん
  4. 但(たゞ)し彼の正(まさ)に旺盛(さかん)なる時にその國(くに)は破裂(はれつ)して天の四方に分(わか)れん其(それ)は彼の兒孫(じそん)に歸(き)せず又かれの振(ふる)ひしほどの威權(ゐけん)あらず即(すなは)ち彼の國(くに)は抜(ぬき)とられて是等(これら)の外(ほか)なる者等に歸(き)せん
  5.  南の王は強からん然(され)どその大臣の一人これに逾(こえ)て強くなり威權(ゐけん)を振(ふる)はんその威權は大なる威權なるべし
  6. 年を經(へ)て後(のち)彼等相結(あひむす)ばん即(すなは)ち南の王の女子(むすめ)北の王に適(ゆき)て和好(よしみ)を圖(はか)らん然(され)どその腕には力なしまたその王およびその腕は立(たつ)ことを得(え)じこの女とこれを導(みちび)ける者とこれを生(うま)せたる者とこれに力をつけたる者はみな時におよびて付(わた)されん
  7.  斯(かく)て後この女の根より出(いで)たる芽(め)興(おこ)りて之(これ)に代(かは)り北の王の軍勢にむかひて來(きた)りこれが城に打(うち)いりて之(これ)を攻(せめ)て勝を得(え)
  8. 之(これ)が神々(かみがみ)鑄像(しゆざう)および金銀の貴(たふと)き器具(うつはもの)をエジプトに携(たづさ)へさらん彼は北の王の上に立(たち)て年を重(かさ)ねん
  9. 彼(かれ)南の王の國(くに)に打入(うちいる)ことあらん然(され)ど自己(おのれ)の國に退(しりぞ)くべし
  10.  その子等また憤激(ふんげき)して許多(あまた)の大軍を聚(あつ)め進みきたり溢(あふ)れて往來(ゆきき)しその城まで攻寄(せめよ)せん
  11. 是(こゝ)において南の王(わう)大(おほい)に怒り出(いで)きたりて北の王と戰ふべし彼大軍を興(おこ)してこれに當(あた)らん然(しか)れどもその軍兵はこれが手に付(わた)されん
  12. 大軍すなはち興(おこ)りて彼心に高ぶり數萬人を仆(たふ)さん然(しか)れどもその勢力(ちから)はこれがために増(ま)さじ
  13. また北の王は退(しりぞ)きて初(はじめ)よりも大なる軍兵を興(おこ)し或時(あるとき)すなはち或(ある)年數を經(へ)て後かならず大兵を率(ひき)ゐ莫大(ばくだい)の輜重(しちやう)を備(そな)へて攻來(せめきた)らん
  14. 是時(このとき)にあたりて衆多(おほく)の者興(おこ)りて南の王に敵せん又なんぢの民の中の奸惡人(ねじけびと)等みづから高ぶりて事を爲(な)しつひに預言をして應(おう)ぜしめん即(すなは)ち彼らは自(みづか)ら仆(たふ)るべし
  15. 茲(こゝ)に北の王(わう)襲(おそ)ひきたり塁(るゐ)を築きて堅城(かたきまち)を攻(せめ)おとさん南の王の腕はこれに當(あた)ることを得(え)じ又その撰抜(えりぬき)の民もこれに當(あた)る力なかるべし
  16. 之(これ)に攻(せめ)きたる者はその意(こゝろ)に任(まか)せて事をなさんその前に立(たつ)ことを得(う)る者なかるべし彼は美(うるは)しき地に到らんその地はこれがために荒(あら)さるべし
  17. 彼その全國の力を盡(つく)して打入(うちいら)んとその面(かほ)をこれに向(むく)べけれどまたこれと和好(やはらぎ)をなして婦人の女子(むすめ)を之(これ)に與(あた)へん然(しか)るにその婦人の女子(むすめ)は之(これ)がために身を滅(ほろぼ)すに至り何事をも成(なす)あたはず毫(すこし)も彼のために益(えき)する所なかるべし
  18. 彼またその面(かほ)を島々にむけて之(これ)を多く取らん茲(こゝ)に一人の大将ありて彼が與(あた)へたる恥辱(ちじょく)を雪(そゝ)ぎその恥辱をかれの身に與(あた)へかへさん
  19. かくて彼その面(かほ)を自己(おのれ)の國(くに)の城々に向(むけ)ん而(しか)して終(つひ)に躓(つまづ)き仆(たふ)れて亡(うせ)ん
  20.  彼に代(かは)りて興(おこ)る者は榮光の國(くに)に人を出(いだ)して租税(そぜい)を征斂(とりたて)しめん但(たゞ)し彼は忿怒(いかり)にも戰門(たゝかひ)にもよらずして數日の内に滅亡(ほろびう)せん
  21. また之(これ)にかはりて起(おこ)る者は賤(いやし)まるゝ者にして國(くに)の尊榮(そんえい)これに歸(き)せざらん然(しか)れども彼不意に來(きた)り巧言(こうげん)をもて國(くに)を獲(え)ん
  22. 洪水(おほみづ)のごとき軍勢かれのために押流されて敗(やぶ)れん契約(けいやく)の君たる者も然(しか)らん
  23. 彼は之(これ)に契約をむすびて後(のち)詭計(いつはり)を行(おこな)ひ上りきたりて僅少(わづか)の民をもて勢(いきほひ)を得(え)ん
  24. 彼すなはち不意にきたりてその國(くに)の膏腴(ゆたか)なる處(ところ)に攻(せめ)いりその父もその父の父も爲(なさ)ざりしところの事を行(おこな)はん彼はその奪ひたる物(もの)掠(かす)めたる物および財寳(ざいほう)を衆人(ひとびと)の中に散(ちら)すべし彼は謀略(はかりごと)をめぐらして堅固なる城々を攻取(せめとる)べし時の至るまで斯(かく)のごとくならん
  25. 彼はその勢力(ちから)を奮(ふる)ひ心を勵(はげ)まし大軍を率(ひき)ゐて南の王に攻(せめ)よせん南の王もまた自(みづか)ら奮(ふる)ひ甚(はなは)だ大なる強き軍勢をもて迎へ戰はん然(され)ど謀略(はかりごと)をめぐらして攻(せむ)るが故(ゆゑ)にこれに當(あた)ることを得(え)ざるべし
  26. すなはち彼の珍膳(ちんぜん)に與(あづか)り食(くら)ふ者彼を倒さんその軍兵溢(あふ)れん打死する者衆(おほ)かるべし
  27. 此(この)二人の王は害をなさんと心にはかり同席に共に食して詭計(いつはり)を言(いは)ん然(され)どもその志(こゝろざし)ならざるべし定まれる時のいたる迄は其事(そのこと)終(をは)らじ
  28.  彼は莫大(ばくだい)の財寳(ざいはう)をもちて自己(おのれ)の國(くに)に歸(かへ)らん彼は聖約(せいやく)に敵する心を懐(いだ)きて事をなし而(しか)してその國にかへらん
  29. 定(さだ)まれる時にいたりて彼また進みて南に到らん然(され)ど後の模樣(ありさま)は先の模樣のごとくならざらん
  30. 即(すなは)ちキツテムの船かれに到るべければ彼(かれ)力をおとして還(かへ)り聖約(せいやく)にむかひて忿怒(いかり)をもらして事をなさん而(しか)して彼歸りゆき聖約を棄(すつ)る者と相謀(あひはか)らん
  31. 彼より腕おこりて聖所(きよきところ)すなはち堅城(かたきしろ)を汚(けが)し常供(じやうく)の物を撤除(とりのぞ)かせかつ殘暴可惡者(あらすにくむべきもの)を立(たて)ん
  32. 彼はまた契約(けいやく)に關(つき)て罪を獲(う)る者等を巧言(かうげん)をもて引誘(そゝのか)して背(そむ)かせん然(され)どその神を知る人々は力ありて事をなさん
  33. 民の中の頴悟者(さときもの)ども衆多(おほく)の人をヘ(をし)ふるあらん然(さり)ながら彼らは暫時(しばらく)の間(あひだ)刃(やいば)にかゝり火にやかれ虜(とら)はれ掠(かす)められ等(など)して仆(たふ)れん
  34. その仆(たふ)るゝ時にあたりて彼らは少しく扶助(たすけ)を獲(え)ん又(また)衆多(おほく)の人(ひと)詐(いつは)りて彼らに合せん
  35. また穎悟者(さときもの)等の中にも仆(たふ)るゝ者あらん斯(かく)のごとく彼らの中(うち)に試(こゝろ)むる事 淨(きよ)むる事 潔(いさぎ)よくする事おこなはれて終(をはり)の時にいたらん即(すなは)ち定(さだ)まれる時まで然(しか)るべし
  36.  此(この)王その意(こゝろ)のまゝに事をおこなひ萬(よろず)の神に逾(こえ)て自己(おのれ)を高くし自己(おのれ)を大(おほい)にし神々の神たる者にむかひて大言を吐(は)き等して忿怒(いかり)の息(や)む時までその志(こゝろざし)を得(え)ん其(そ)はその定まれるところの事(こと)成(なら)ざるべからざればなり
  37. 彼はその先祖の神々を顧(かへり)みず婦女(をんな)の愉快(たのしき)を思はずまた何の神をも顧(かへり)みざらん其(そ)は彼一切(すべて)に逾(こえ)て自己(おのれ)を大(おほい)にすればなり
  38. 彼は之(これ)の代(かはり)に軍神(いくさがみ)を崇(あが)め金銀(きんぎん)珠玉(しゆぎょく)および寳物(はうもつ)をもてその先祖等の識(しら)ざりし神を崇(あが)めん
  39. 彼はこの異邦(ことぐに)の神に由(よ)り要害の城々にむかひて事を爲(なさ)ん凡(すべ)て彼を尊(たふと)ぶ者には彼加ふるに榮(さかえ)を以(も)てし之(これ)をして衆多(おほく)の人を治(をさ)めしめ土地をこれに分(わか)ち與(あた)へて賞賜(たまもの)とせん
  40.  終(をはり)の時にいたりて南の王(わう)彼と戰(たゝか)はん北の王は車と馬と衆多(おほく)の船をもて大風のごとく之(これ)に攻寄せ國に打(うち)いりて潮(うしほ)のごとく溢(あふ)れ渉(わた)らん
  41. 彼はまた美(うるは)しき國(くに)に進み入(いら)ん彼のために亡(ほろ)ぶる者多かるべし然(され)どエドム、モアブ、アンモン人(びと)の中(うち)の第一なる者などは彼の手を免(まぬ)かれん
  42. 彼(かれ)國々にその手を伸(のば)さんエジプトの地も免(まぬ)かれがたし
  43. 彼は遂(つひ)にエジプトの金銀(きんぎん)財寳(ざいはう)を手に入れん リブエ人(びと)とエテオピア人(びと)は彼の後に從(したが)はん
  44. 彼(かれ)東と北より報知(しらせ)を得(え)て周章(あはて)ふためき許多(あまた)の人を滅(ほろぼ)し絶(たゝ)んと大(おほい)に忿(いか)りて出(いで)ゆかん
  45. 彼は海の間(あひだ)において美(うるは)しき聖山に天幕(てんまく)の宮殿(みや)をしつらはん然(され)ど彼つひにその終(をはり)にいたらん之(これ)を助くる者なかるべし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ダニエル書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書