目次 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

Old Testament「Book of Daniel」
旧約聖書:ダニエル書

第12章(CHAPTER 12)

  1. その時汝(なんぢ)の民の人々のために立(たつ)ところの大(おほい)なる君(きみ)ミカエル起(たち)あがらん是(これ)艱難(なやみ)の時なり國(くに)ありてより以來(このかた)その時にいたるまで斯(かゝ)る艱難(かんなん)ありし事なかるべしその時汝(なんぢ)の民は救(すく)はれん即(すなは)ち書(ふみ)にしるされたる者はみな救(すく)はれん
  2. また地(つち)の下に睡(ねむ)りをる者の中(うち)衆多(おほく)の者目を醒(さま)さんその中(うち)永生(かぎりなきいのち)を得(う)る者ありまた恥辱(ちじょく)を蒙(かうむ)りて限(かぎり)なく羞(はづ)る者あるべし
  3. 穎悟者(さときもの)は空の光輝(かゞやき)のごとくに耀(かゞや)かんまた衆多(おほく)の人を義(たゞしき)に導(みちび)ける者は星のごとくなりて永遠にいたらん
  4. ダニエルよ終末(をはり)の時まで此言(このことば)を秘(ひ)し此書(このふみ)を封(ふう)じおけ衆多(おほく)の者(もの)跋渉(ゆきわた)らん而(しか)して知識(ちしき)増(ます)べしと
  5.  茲(こゝ)に我(われ)ダニエル觀(みし)に別(ほか)にまた二箇(ふたり)の者ありて一箇(ひとり)は河の此旁(こなた)の岸にあり一箇(ひとり)は河の彼旁(かなた)の岸にありけるが
  6. その一箇(ひとり)の者かの布の衣(ころも)を衣(き)て河の水の上に立(たて)る人にむかひて言(いへ)り此(この)奇跡(ふしぎ)は何(いづれ)の時にいたりて終るべきやと
  7. 我(われ)聞(きく)にかの布の衣(ころも)を衣(き)て河の水の上に立(たて)る人(ひと)天にむかひてその右の手と左の手を擧(あ)げ永久(とこしなへ)に生(いけ)る者を指(さし)て誓(ちか)ひて言(いへ)りその間(あひだ)は一時(ひととき)と二時(ふたとき)と半時(はんとき)なり聖民(きよきたみ)の手の碎(くだ)くること終(をは)らん時に是等(これら)の事みな終るべしと
  8. 我(われ)聞(きゝ)たれども暁(さと)ることを得(え)ざりき我また言(いへ)りわが主(しゆ)よ是等(これら)の事の終(をはり)は何ぞやと
  9. 彼いひけるはダニエルよ往(ゆ)け此言(このことば)は終極(をはり)の時まで秘(ひ)しかつ封(ふう)じ置(おか)るべし
  10. 衆多(おほく)の者淨(きよ)められ潔(いさぎ)よくせられ試(こゝろ)みられん然(され)ど惡(あし)き者は惡(あし)き事を行(おこな)はん惡き者は一人も暁(さと)ること無(なか)るべし然(され)ど頴悟者(さときもの)は暁(さと)るべし
  11. 常供(じやうく)の者を除(のぞ)き殘暴可惡者(あらすにくむべきもの)を立(たて)ん時よりして一千二百九十日あらん
  12. 待(まち)をりて一千三百三十五日に至る者は幸福(さいはひ)なり
  13. 汝(なんぢ)終りに進み行け汝は安息(やすみ)に入り日の終りに至り起(たち)て汝の分を享(うけ)ん

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ダニエル書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書