目次 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

Old Testament「Ecclesiastes」
旧約聖書:傳道之書

第1章(CHAPTER 1)

  1. ダビデの子 ヱルサレムの王 傳道者(でんだうしゃ)の言(ことば)
  2. 傳道者言(いは)く 空(くう)の空(くう) 空(くう)の空(くう)なる哉(かな) 都(すべ)て空(くう)なり
  3. 日の下に人の勞(らう)して爲(なす)ところの諸(もろもろ)の動作(はたらき)はその身に何の益(えき)かあらん
  4. 世(よ)は去り世は來る 地は永久(とこしなへ)に長存(たもつ)なり
  5. 日は出(い)で日は入り またその出(いで)し處(ところ)に喘(あへ)ぎゆくなり
  6. 風は南に行き又(また)轉(まは)りて北にむかひ 旋轉(めぐり)に旋(めぐ)りて行き 風復(また)その旋轉(めぐる)る處(ところ)にかへる
  7. 河(かは)はみな海に流れ入る 海は盈(みつ)ること無し 河はその出(いで)きたれる處(ところ)に復(また)還(かへ)りゆくなり
  8. 萬(よろづ)の物は勞苦(らうく)す 人これを言(いひ)つくすことあたはず 目は見(みる)に飽(あく)ことなく耳は聞(きく)に充(みつ)ること無し
  9. 曩(さき)に有(あり)し者はまた後(のち)にあるべし 曩(さき)に成(なり)し事はまた後に成(なる)べし 日の下には新しき者あらざるなり
  10. 見よ是(これ)は新しき者なりと指(さし)て言(いふ)べき物あるや 其(それ)は我等の前(さき)にありし世々に既(すで)に久しくありたる者なり
  11. 己前(まへ)のものの事はこれを記憶(おぼゆ)ることなし 以後(のち)のものの事もまた後に出(いづ)る者これをおぼゆることあらじ
  12.  われ傳道者(でんだうしゃ)はヱルサレムにありてイスラエルの王たりき
  13. 我(われ)心を盡(つく)し智慧(ちゑ)をもちひて天(あめ)が下に行(おこな)はるゝ諸(もろもろ)の事を尋(たづ)ねかつ考覈(しらべ)たり 此(この)苦しき事件(わざ)は神が世の人にさづけて之(これ)に身を勞(らう)せしめたまふ者なり
  14. 我(われ)日の下に作(なす)ところの諸(もろもろ)の行爲(わざ)を見たり 嗚呼(あゝ)皆(みな)空(くう)にして風を捕(とら)ふるがごとし
  15. 曲(まが)れる者は直(なほ)からしむるあたはず 缺(かけ)たる者は數(かず)をあはするあたはず
  16. 我(われ)心の中(うち)に語りて言ふ 嗚呼(あゝ)我は大(おほい)なる者となれり 我より先にヱルサレムにをりしすべての者よりも我は多くの智慧(ちゑ)を得たり 我心(わがこゝろ)は智慧と知識を多く得たり
  17. 我(われ)心を盡(つく)して智慧(ちゑ)を知(しら)んとし狂妄(きやうまう)と愚癡(ぐち)を知(しら)んとしたりしが 是(これ)も亦(また)風を捕(とら)ふるがごとくなるを暁(さと)れり
  18. 夫(それ)智慧(ちゑ)多ければ憤激(いきどほり)多し 知識(ちしき)を増す者は憂患(うれへ)を増す

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):傳道之書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書