目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

Old Testament「Ecclesiastes」
旧約聖書:傳道之書

第3章(CHAPTER 3)

  1. 天(あめ)が下の萬(よろづ)の事には期(き)あり 萬(よろづ)の事務(わざ)には時あり
  2. 生(うま)るゝに時あり死るに時あり 植(うゝ)るに時あり植たる者を抜(ぬく)に時あり
  3. 殺すに時あり醫(いや)すに時あり 毀(こぼ)つに時あり建るに時あり
  4. 泣(なく)に時あり笑ふに時あり 悲むに時あり躍(おど)るに時あり
  5. 石を擲(なげう)つに時あり石を斂(あつ)むるに時あり 懐(いだ)くに時あり懐(いだ)くことをせざるに時あり
  6. 得(うる)に時あり失(うしな)ふに時あり 保(たも)つに時あり棄(すつ)るに時あり
  7. 裂(さく)に時あり縫(ぬふ)に時あり 黙(もだ)すに時あり語(かた)るに時あり
  8. 愛(いつく)しむに時あり惡(にく)むに時あり 戦(たゝか)ふに時あり和(やはら)ぐに時あり
  9. 働(はたら)く者はその勞(らう)して爲(なす)ところよりして何の益(えき)を得(え)んや
  10. 我(われ)神が世の人にさづけて身をこれに勞せしめたまふところの事件(わざ)を視(み)たり
  11. 神の爲(な)したまふところは皆その時に適(かな)ひて美麗(うるは)しかり 神はまた人の心に永遠をおもふの思念(おもひ)を賦(さづ)けたまへり 然(され)ば人は神のなしたまふ作爲(わざ)を始(はじめ)より終(をはり)まで知(しり)明(あきら)むることを得(え)ざるなり
  12. 我(われ)知る人の中(うち)にはその世にある時に快樂(たのしみ)をなし善(ぜん)をおこなふより外(ほか)に善事(よきこと)はあらず
  13. また人はみな食飮(くひのみ)をなしその勞苦(ほねをり)によりて逸樂(たのしみ)を得(う)べきなり 是(これ)すなはち神の賜物(たまもの)たり
  14. 我(われ)知る凡(すべ)て神のなしたまふ事は限(かぎり)なく存(そん)せん 是(これ)は加ふべき所なく是(これ)は減すべきところ無し 神の之(これ)をなしたまふは人をしてその前に畏(おそ)れしめんがためなり
  15. 昔ありたる者は今もあり 後(のち)にあらん者は既(すで)にありし者なり 神はその遂(おひ)やられし者を索(もと)めたまふ
  16.  我また日の下を見るに審判(さばき)をおこなふ所に邪曲(よこしま)なる事あり 公義(たゞしき)を行ふところに邪曲(よこしま)なる事あり
  17. 我すなはち心に謂(いひ)けらく神は義者(たゞしきもの)と惡者(あしきもの)とを鞫(さば)きたまはん 彼處(かしこ)においては萬(よろづ)の事と萬(よろづ)の所爲(わざ)に時あるなり
  18. 我また心に謂(いひ)けらく是事(このこと)あるは是(これ)世の人のためなり 即(すなは)ち神は斯(かく)世の人を[ため]して之(これ)にその獣(けもの)のごとくなることを自(みづか)ら暁(さと)らしめ給(たま)ふなり
  19. 世の人に臨(のぞ)むところの事はまた獣(けもの)にも臨む この二者(ふたつ)に臨むところの事は同一(ひとつ)にして是(これ)も死(しね)ば彼も死(しぬ)るなり 皆同一(ひとつ)の呼吸に依(よ)れり 人は獣(けもの)にまさる所なし皆(みな)空(くう)なり
  20. 皆(みな)一(ひとつ)の所に往(ゆ)く 皆(みな)塵(ちり)より出(い)で皆塵(ちり)にかへるなり
  21. 誰か人の魂(たましひ)の上に昇(のぼ)り獣(けもの)の魂(たましひ)の地にくだることを知(しら)ん
  22. 然(され)ば人はその動作(はたらき)によりて逸樂(たのしみ)をなすに如(しく)はなし 是(これ)その分なればなり 我これを見る その身の後(のち)の事は誰かこれを携(たづさ)へゆきて見さしむる者あらんや

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):傳道之書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書