目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

Old Testament「Ecclesiastes」
旧約聖書:傳道之書

第6章(CHAPTER 6)

  1. 我(われ)観(み)るに日の下に一件(ひとつ)の患(うれへ)あり是(これ)は人の間(うち)に恒(つね)なる者なり
  2. すなはち神(かみ)富と財(たから)と貴(たふとき)を人にあたへて その心に慕(した)ふ者を一件(ひとつ)もこれに缺(かく)ることなからしめたまひながらも 神またその人に之(これ)を食ふことを得(え)せしめたまはずして 他人のこれを食ふことあり 是(これ)空(くう)なり惡(あし)き疾(やまひ)なり
  3. 仮令(たとひ)人(ひと)百人の子を挙(まう)けまた長壽(いのちながく)してその年齢(よはひ)の日多からんも 若(もし)その心(こゝろ)景福(さいはひ)に満足せざるか又は葬(はうむ)らるゝことを得(え)ざるあれば 我言ふ流産(りうざん)の子はその人にまさるなり
  4. 夫(それ)流産の子はその來(きた)ること空(むな)しくして黒暗(くらやみ)の中(うち)に去(さり)ゆきその名は黒暗(くらやみ)の中にかくるゝなり
  5. 又(また)是(これ)は日を見ることなく物を知ることなければ彼よりも安泰(やすらか)なり
  6. 人の壽命(いのち)千年に倍するとも福祉(さいはひ)を蒙(かうむ)れるにはあらず 皆(みな)一所(ひとつところ)に往(ゆ)くにあらずや
  7.  人の勞苦(ほねをり)は皆その口のためなり その心はなほも飽(あか)ざるところ有(あ)り
  8. 賢者(かしこきもの)なんぞ愚者(おろかなるもの)に勝(まさ)るところあらんや また世人(よのひと)の前に歩行(あゆむ)ことを知(しる)ところの貧者(まづしきもの)も何の勝るところ有(あら)んや
  9. 目に観(み)る事物(ものごと)は心のさまよひ歩くに愈(まさ)るなり 是(これ)また空(くう)にして風を捕(とら)ふるがごとし
  10.  嘗(かつ)て在(あり)し者は久しき前(さき)にすでにその名を命(つけ)られたり 即(すなは)ち是(これ)は人なりと知る 然(され)ば是(これ)はかの自己(おのれ)よりも力強き者と争ふことを得(え)ざるなり
  11. 衆多(おほく)の言論(ことば)ありて虚浮(むなし)き事を増す然(され)ど人に何の益(えき)あらんや
  12. 人はその虚空(むなし)き生命(いのち)の日を影のごとくに送るなり 誰かこの世において如何(いか)なる事か人のために善(よ)き者なるやを知(しら)ん 誰かその身の後(のち)に日の下にあらんところの事を人に告(つげ)うる者あらんや

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):傳道之書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書