目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

Old Testament「Ecclesiastes」
旧約聖書:傳道之書

第11章(CHAPTER 11)

  1. 汝(なんぢ)の糧食(くひもの)を水の上に投げよ 多くの日の後(のち)に汝ふたゝび之(これ)を得(え)ん
  2. 汝一箇(ひとつ)の分を七また八にわかて 其(そ)は汝如何(いか)なる災害(わざはひ)の地にあらんかを知(しら)ざればなり
  3. 雲もし雨の充(みつ)るあれば地に注(そゝ)ぐ また樹もし南か北に倒(たふ)るゝあればその樹は倒れたる處(ところ)にあるべし
  4. 風を伺(うかゞ)ふ者は種播(たねまく)ことを得(え)ず 雲を望む者は刈(かる)ことを得ず
  5. 汝は風の道の如何(いか)なるを知(しら)ず また孕(はら)める婦(をんな)の胎(はら)にて骨の如何(いか)に生長(そだ)つを知(しら)ず 斯(かく)汝は萬事(ばんじ)を爲(なし)たまふ神の作爲(わざ)を知(しる)ことなし
  6. 汝(なんぢ)朝(あした)に種(たね)を播(ま)け 夕(ゆふべ)にも手を歇(やすむ)るなかれ 其(そ)はその實(みの)る者は此(これ)なるか彼(かれ)なるか又は二者(ふたつ)ともに美(よく)なるや汝これを知(しら)ざればなり
  7. 夫(それ)光明(ひかり)は快(こゝろよ)き者なり 目に日を見るは樂し
  8. 人多くの年(とし)生(いき)ながらへてその中(うち)凡(すべ)て幸福(さいはひ)なるもなほ幽暗(くらき)の日を憶(おも)ふべきなり 其(そ)はその數(かず)も多かるべければなり 凡(すべ)て來(きた)らんところの事は皆(みな)空(くう)なり
  9.  少者(わかきもの)よ汝の少(わか)き時に快樂(たのしみ)をなせ 汝の少(わか)き日に汝の心を悦(よろこ)ばしめ汝の心の道に歩み汝の目に見るところを爲(な)せよ 但(たゞ)しその諸(もろもろ)の行爲(わざ)のために神(かみ)汝を鞫(さば)きたまはんと知(しる)べし
  10. 然(され)ば汝の心より憂(うれひ)を去り 汝の身より惡(あし)き者を除(のぞ)け 少(わか)き時と壮(さかり)なる時はともに空(くう)なればなり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):傳道之書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書