目次 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

Old Testament「Ecclesiastes」
旧約聖書:傳道之書

第12章(CHAPTER 12)

  1. 汝(なんぢ)の少(わか)き日に汝の造主(つくりぬし)を記(おぼ)えよ 即(すなは)ち惡(あし)き日の來(きた)り年のよりて我は早何も樂(たのし)むところ無しと言(いふ)にいたらざる先(さき)
  2. また日や光明(ひかり)や月や星の暗くならざる先 雨の後に雲の返らざる中(うち)に汝然(しか)せよ
  3. その日いたる時は家を守る者は慄(ふる)ひ 力ある人は屈(かゞ)み 磨碎者(ひきこなすもの)は寡(すくな)きによりて息(やす)み 窓より窺(うかゞ)ふ者は目(め)昏(くら)むなり
  4. 磨(ひき)こなす聲(おと)低くなれば衢(ちまた)の門は閉(と)づ その人は鳥の聲(こゑ)に起(おき)あがり 歌の女子(むすめ)はみな身を卑(ひく)くす
  5. かゝる人々は高き者を恐る畏(おそろ)しき者多く途(みち)にあり 巴旦杏(はたんきやう)は花咲く また蝗(いなご)もその身に重くその嗜欲(しよく)は廢(すた)る 人永遠の家にいたらんとすれば哭婦(なきめ)衢(ちまた)にゆきかふ
  6. 然(しか)る時には銀(しろかね)の紐(ひも)は解(と)け 金(こがね)の盞(さら)は碎(くだ)け 吊瓶(つるべ)は泉の側に壊(やぶ)れ轆轤(くるま)は井(ゐど)の傍(かたはら)に破(われ)ん
  7. 而(しか)して塵(ちり)は本(もと)の如(ごと)くに土に皈(かへ)り 霊魂(たましひ)はこれを賦(さづ)けし神にかへるべし
  8. 傳道者(でんだうしゃ)云(い)ふ空(くう)の空(くう)なるかな皆(みな)空(くう)なり
  9.  また傳道者は智慧(ちゑ)あるが故(ゆゑ)に恒(つね)に知識を民に教(をし)へたり 彼は心をもちひて 尋(たづ)ね究(きは)め許多(あまた)の箴言(しんげん)を作れり
  10. 傳道者は務(つと)めて佳美(うるはし)き言詞(ことば)を求めたり その書(かき)しるしたる者は正直(たゞしく)して眞實(まこと)の言語(ことば)なり
  11.  智者(ちしや)の言語(ことば)は刺鞭(とげむち)のごとく 會衆の師の釘(うち)たる釘(くぎ)のごとくにして 一人の牧者(ぼくしゃ)より出(いで)し者なり
  12. わが子よ是等(これら)より訓誡(いましめ)をうけよ 多く書(しよ)をつくれば竟(はてし)なし 多く學(まな)べば體(からだ)疲(つか)る
  13.  事(こと)の全體(ぜんたい)の皈(き)する所を聴(きく)べし 云(いは)く 神を畏(おそ)れその誡命(いましめ)を守れ 是(これ)は諸(すべて)の人の本分たり
  14. 神は一切(すべて)の行爲(わざ)ならびに一切(すべて)の隠(かく)れたる事を善惡(よしあし)ともに審判(さばき)たまふなり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):傳道之書 -
画面上へ 1章 2章 3章 4章 5章 6章 7章 8章 9章 10章 11章 12章

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書