目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

Old Testament「Book of Exodus」
旧約聖書:出エジプト記

第4章(CHAPTER 4)

  1. モーセ對(こた)へていひけるは然(さり)ながら彼等我を信ぜず又わが言(ことば)に聽(きゝ)したがはずして言(いは)んヱホバ汝にあらはれたまはずと
  2. ヱホバかれにいひたまひけるは汝の手にある者は何なるや彼いふ杖(つゑ)なり
  3. ヱホバいひたまひけるは其(それ)を地に擲(なげ)よとすなはち之(これ)を地になぐるに蛇(へび)となりければモーセその前を避(さけ)たり
  4. ヱホバ、モーセにいひたまひけるは汝の手をのべて其(その)尾を執(と)れとすなはち手をのべて之(これ)を執(とれ)ば手にいりて杖(つゑ)となる
  5. ヱホバいひたまふ是(こ)は彼らの先祖等の神アブラハムの神イサクの神ヤコブの神ヱホバの汝にあらはれたることを彼らに信ぜしめんためなり
  6. ヱホバまたかれに言(いひ)たまひけるは汝の手を懐(ふところ)に納(いれ)よとすなはち手を懐(ふところ)にいれて之(これ)を出(いだ)し見るにその手(て)癩病(らいびやう)を生じて雪のごとくなれり
  7. ヱホバまた言(いひ)たまひけるは汝の手をふたゝび懐(ふところ)にいれよと彼すなはちふたゝび其手(そのて)を懐(ふところ)にいれて之(これ)を懐(ふところ)より出(いだ)し見るに變(かは)りて他處(ほか)の肌膚(はだへ)のごとくになる
  8. ヱホバいひたまふ彼等もし汝を信ぜずまたその最初(はじめ)の徴(しるし)の聲(こゑ)に聽(きゝ)從(したが)はざるならば後(のち)の徴(しるし)の聲(こゑ)を信ぜん
  9. 彼らもし是(この)ふたつの徴(しるし)をも信ぜすして汝の言(ことば)に聽(きゝ)從はざるならば汝(なんぢ)河(かは)の水をとりて之(これ)を陸地(くが)にそゝげ汝が河より取(とり)たる水(みづ)陸地(くが)にて血となるべし
  10.  モーセ、ヱホバにいひけるはわが主(しゆ)よ我は素(もと)言辭(ことば)に敏(と)き人にあらず汝が僕(しもべ)に語りたまへるに及びても猶(なほ)しかり我は口(くち)重(おも)く舌(した)重き者なり
  11. ヱホバかれにいひたまひけるは人の口を造る者は誰なるや唖者(おふし)聾者(みゝしひ)目明者(めあき)瞽者(めしひ)などを造る者は誰なるや我ヱホバなるにあらずや
  12. 然(され)ば往(ゆ)けよ我なんぢの口にありて汝の言ふべきことをヘ(をし)へん
  13. モーセいひけるはわが主(しゆ)よ願(ねがは)くは遣(つかは)すべき者をつかはしたまへ
  14. 是(こゝ)においてヱホバ、モーセにむかひ怒(いかり)を發(はつ)していひたまひけるはレビ人(びと)アロンは汝の兄弟なるにあらずや我かれが言(ことば)を善(よく)するを知るまた彼なんぢに遇(あは)んとていで來(きた)る彼(かれ)汝を見る時心に喜ばん
  15. 汝かれに語りて言(ことば)をその口に授(さづ)くべし我なんぢの口と彼の口にありて汝らの爲(なす)べき事をヘ(をし)へん
  16. 彼なんぢに代(かはり)て民に語らん彼は汝の口に代(かは)らん汝は彼のために神(かみ)に代(かは)るべし
  17. なんぢこの杖(つゑ)を手に執(と)り之(これ)をもて奇蹟(しるし)をおこなふべし
  18.  是(こゝ)においてモーセゆきてその妻の父ヱテロの許(もと)にかへりて之(これ)にいふ請(こ)ふ我をして往(ゆき)てわがエジプトにある兄弟等の所にかへらしめ彼等のなほ生(いき)ながらへをるや否(いな)を見さしめよヱテロ、モーセに安然(やすらか)に往(ゆ)くべしといふ
  19. 爰(こゝ)にヱホバ、ミデアンにてモーセにいひたまひけるは往(ゆき)てエジプトにかへれ汝の生命(いのち)をもとめし人は皆(みな)死(しに)たりと
  20. モーセすなはちその妻と子等(こども)をとり之(これ)を驢馬(ろば)に乗(のせ)てエジプトの地にかへるモーセは神の杖(つゑ)を手に執(とれ)り
  21. ヱホバ、モーセにいひたまひけるは汝エジプトにかへりゆける時はかならず我(わ)がなんぢの手に授(さづ)けたるところの奇跡(ふしぎ)を悉(ことごと)くパロのまへにおこなふべし但(たゞ)し我かれの心を剛愎(かたくな)にすれば彼(かれ)民を去(さら)しめざるべし
  22. 汝パロに言(いふ)べしヱホバかく言ふイスラエルはわが子わが冢子(うひご)なり
  23. 我なんぢにいふ我(わ)が子を去らしめて我に事(つか)ふることをえせしめよ汝もし彼をさらしむることを拒(こばま)ば我なんぢの子なんぢの冢子(うひご)を殺すべしと
  24. モーセ途(みち)にある時ヱホバかれの宿所(やどり)にて彼に遇(あひ)てころさんとしたまひければ
  25. チツポラ利(するど)き石をとりてその男子(むすこ)の陽(まへ)の皮を割(き)りモーセの足下(あしもと)になげうちて言ふ汝はまことにわがためには血の夫(をつと)なりと
  26. 是(こゝ)においてヱホバ、モーセをゆるしたまふ此時(このとき)チツポラが血の夫(をつと)といひしは割禮(かつれい)の故(ゆゑ)によりてなり
  27.  爰(こゝ)にヱホバ、アロンにいひたまひけるは曠野(あらの)にゆきてモーセを迎(むか)へよと彼すなはちゆきて神の山にてモーセに遇(あ)ひ之(これ)に接吻(くちつけ)す
  28. モーセ、ヱホバがおのれに言(いひ)ふくめて遣(つかは)したまへる諸(すべて)の言(ことば)とヱホバのおのれに命じたまひし諸(すべて)の奇跡(しるし)とをアロンにつげたり
  29. 斯(かく)てモーセとアロン往(ゆき)てイスラエルの子孫(ひとびと)の長老(としより)を盡(ことごと)く集(あつ)む
  30. 而(しか)してアロン、ヱホバのモーセにかたりたまひし言(ことば)を盡(ことごと)くつぐ又(また)彼民の目のまへにて奇蹟(ふしぎ)をなしければ
  31. 民すなはち信ず彼等ヱホバがイスラエルの民をかへりみその苦患(なやみ)をおもひたまふを聞(きゝ)て身をかゞめて拝(はい)をなせり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):出エジプト記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書