目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

Old Testament「Book of Exodus」
旧約聖書:出エジプト記

第8章(CHAPTER 8)

  1. ヱホバ、モーセに言(いひ)たまひけるは汝パロに詣(いた)りて彼に言へヱホバかく言(いひ)たまふ吾民(わがたみ)を去(さら)しめて我に事(つか)ふることを得(え)せしめよ
  2. 汝もし去(さら)しむることを拒(こば)まば我(われ)蛙(かはづ)をもて汝の四方(よも)の境(さかひ)を惱(なやま)さん
  3. 河(かは)に蛙(かはづ)むらがり上りきたりて汝の家にいり汝の寝室(ねや)にいり汝の牀(とこ)にのぼり汝の臣下(しんか)の家にいり汝の民の所にいたり汝の竃(かまど)におよび汝の搓鉢(こねばち)にいらん
  4. 蛙(かはづ)なんぢの身にのぼり汝の民と汝の臣下(しんか)の上にのぼるべし
  5. ヱホバ、モーセに言(いひ)たまはく汝アロンに言へ汝(なんぢ)杖(つゑ)をとりて手を流水(ながれ)の上に伸(の)べ河々の上と池塘(ためいけ)の上に伸(のべ)て蛙(かはづ)をエジプトの地に上(のぼ)らしめよ
  6. アロン手をエジプトの水のうへに伸(のべ)たれば蛙(かはづ)のぼりきたりてエジプトの地を蔽(おほ)ふ
  7. 法術士(はふじゅつし)等もその秘術をもて斯(かく)おこなひ蛙(かはづ)をエジプトの地に上(のぼ)らしめたり
  8.  パロ、モーセとアロンを召(めし)て言(いひ)けるはヱホバに願ひてこの蛙(かはづ)を我とわが民の所より取(とり)さらしめよ我この民を去(さら)しめてヱホバに犠牲(いけにへ)をさゝぐることを得(え)せしめん
  9. モーセ、パロに言(いひ)けるは我なんぢと汝の臣下(しんか)と汝の民のために願ひて何時(いつ)此(この)蛙(かはづ)を汝と汝の家より絶(たち)さりて河にのみ止(とゞま)らしむべきや我に示せと
  10. 彼(かれ)明日といひければモーセ言ふ汝の言(ことば)のごとくに爲(な)し汝をして我らの神ヱホバのごとき者なきことを知(しら)しめん
  11. 蛙(かはづ)汝と汝の家を離れ汝の臣下と汝の民を離れて河(かは)にのみ止(とゞま)るべしと
  12. モーセとアロンすなはちパロを離れて出(い)でモーセそのパロに至らしめたまひし蛙(かはづ)のためにヱホバに呼(よば)はりしに
  13. ヱホバ、モーセの言(ことば)のごとくなしたまひて蛙(かはづ)家より村より田野(はたけ)より死亡(しにうせ)たり
  14. 茲(こゝ)にこれを[あつ]むるに山をなし地(ち)臭(くさ)くなりぬ
  15. 然(しか)るにパロは嘘氣(いきつく)時(ひま)あるを見てその心を頑固(かたくな)にして彼等に聽(きく)ことをせざりきヱホバの言(いひ)たまひし如(ごと)し
  16.  ヱホバ、モーセに言(いひ)たまひけるは汝アロンに言へ汝の杖(つゑ)を伸(の)べ地の塵(ちり)を打てエジプト全國に蚤(のみ)とならしめよと
  17. 彼等斯(かく)なせり即(すなは)ちアロン杖(つゑ)をとりて手を伸(の)べ地の塵(ちり)を撃(うち)けるに蚤(のみ)となりて人と畜(けもの)につけりエジプト全國において地の塵(ちり)みな蚤(のみ)となりぬ
  18. 法術士(はふじゅつし)等その秘術をもて斯(かく)おこなひて蚤(のみ)を出(いだ)さんとしたりしが能(あた)はざりき蚤(のみ)は人と畜(けもの)に著(つ)く
  19. 是(こゝ)において法術士(はふじゅつし)等パロに言ふ是(これ)は神の指(ゆび)なりと然(しか)るにパロは心(こゝろ)剛愎(かたくな)にして彼等に聽(きか)ざりきヱホバの言(いひ)たまひし如(ごと)し
  20.  ヱホバ、モーセに言(いひ)たまはく汝(なんぢ)朝早く起(おき)てパロの前に立て視(み)よ彼は水に臨(のぞ)む汝彼に言へヱホバかく言(いひ)たまふわが民を去(さら)しめて我に事(つか)ふることを得(え)せしめよ
  21. 汝もしわが民を去(さら)しめずば視(み)よ我(われ)汝と汝の臣下(しんか)と汝の民と汝の家とに蚋(あぶ)をおくらんエジプト人(びと)の家々には蚋(あぶ)充(みつ)べし彼らの居(を)るところの地も然(しか)らん
  22. その日に我わが民の居(を)るゴセンの地を區別(わかち)おきて其處(そこ)に蚋(あぶ)あらしめじ是(これ)地の中(うち)にありて我のヱホバなることを汝が知(しら)んためなり
  23. 我わが民と汝の民の間に區別(わかち)をたてん明日この徴(しるし)あるべし
  24. ヱホバかく爲(なし)たまひたれば蚋(あぶ)おびたゞしく出來(いできた)りてパロの家にいりその臣下の家にいりエジプト全國にいたり蚋(あぶ)のために地(ち)害(そこな)はる
  25.  是(こゝ)においてパロ、モーセとアロンを召(めし)ていひけるは汝等(なんぢら)往(ゆき)て國(くに)の中(うち)にて汝らの神に犠牲(いけにへ)を献(さゝ)げよ
  26. モーセ言ふ然(しか)するは宜(よろし)からず我等はエジプト人(びと)の崇拝(をが)む者を犠牲(いけにへ)としてわれらの神ヱホバに献(さゝ)ぐべければなり我等もしエジプト人(びと)の崇拝(をが)む者をその目の前にて犠牲(いけにへ)に献(さゝ)げなば彼等石にて我等を撃(うた)ざらんや
  27. 我等は三日路(みつかぢ)ほど曠野(あらの)にいりて我らの神ヱホバに犠牲(いけにへ)を献(さゝ)げその命じたまひしごとくせんとす
  28. パロ言(いひ)けるは我(われ)汝らを去(さら)しめて汝らの神ヱホバに曠野(あらの)にて犠牲(いけにへ)を献(さゝ)ぐることを得(え)せしめん但(たゞ)餘(あまり)に遠くは行(ゆく)べからず我(わが)ために祈(いの)れよ
  29. モーセ言(いひ)けるは視(み)よ我(われ)汝をはなれて出(い)づ我ヱホバに祈(いのら)ん明日(あす)蚋(あぶ)パロとその臣下とその民を離れん第(たゞ)パロ再び偽(いつはり)をおこなひ民を去(さら)しめてヱホバに犠牲(いけにへ)をさゝぐるを得(え)せしめざるが如(ごと)きことを爲(なさ)ざれ
  30. かくてモーセ、パロをはなれて出(い)でヱホバに祈りたれば
  31. ヱホバ、モーセの言(ことば)のごとく爲(な)したまへり即(すなは)ちその蚋(あぶ)をパロとその臣下(しんか)とその民よりはなれしめたまふ一(ひとつ)ものこらざりき
  32. 然(しか)るにパロ此時(このとき)にもまたその心を頑固(かたくな)にして民を去(さら)しめざりき

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):出エジプト記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書