目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

Old Testament「Book of Exodus」
旧約聖書:出エジプト記

第16章(CHAPTER 16)

  1. 斯(かく)てエリムを出(いで)たちてイスラエルの子孫(ひとびと)の會衆(くわいしう)そのエジプトの地を出(いで)しより二箇月(ふたつきめ)の十五日に皆エリムとシナイの間なるシンの曠野(あらの)にいたりけるが
  2. 其(その)曠野(あらの)においてイスラエルの全會衆モーセとアロンに向(むか)ひて呟(つぶや)けり
  3. 即(すなは)ちイスラエルの子孫(ひとびと)かれらに言(いひ)けるは我儕(われら)エジプトの地に於(おい)て肉の鍋(なべ)の側(そば)に坐(すわ)り飽(あく)までにパンを食(くら)ひし時にヱホバの手によりて死(しに)たらば善(よか)りし者を汝等はこの曠野(あらの)に我等を導きいだしてこの全會(ぜんくわい)を饑(うゑ)に死(しな)しめんとするなり
  4.  時にヱホバ、モーセに言(いひ)たまひけるは視(み)よ我パンを汝らのために天より降(ふら)さん民いでて日用の分を毎日斂(あつ)むべし斯(かく)して我かれらが吾(われ)の法律(おきて)にしたがふや否(いな)を試(こゝろ)みん
  5. 第六日(むいかめ)には彼等その取(とり)いれたる者を調理(とゝの)ふべし其(それ)は日々に斂(あつむ)る者の二倍なるべし
  6. モーセとアロン、イスラエルの全(すべて)の子孫(ひとびと)に言(いひ)けるは夕(ゆふべ)にいたらば汝等はヱホバが汝らをエジプトの地より導きいだしたまひしなるを知(しる)にいたらん
  7. 又(また)朝(あした)にいたらば汝等ヱホバの榮光(さかえ)を見ん其(そ)はヱホバなんぢらがヱホバに向(むか)ひて呟(つぶや)くを聞(きゝ)たまへばなり我等(われら)を誰となして汝等は我等に向ひて呟(つぶや)くや
  8. モーセまた言(いひ)けるはヱホバ夕(ゆふべ)には汝等に肉を與(あた)へて食(くら)はしめ朝(あした)にはパンをあたへて飽(あか)しめたまはん其(そ)はヱホバ己(おのれ)にむかひて汝等が呟(つぶや)くところの怨言(つぶやき)を聞(きゝ)給(たま)へばなり我儕(われら)を誰と爲(なす)や汝等の怨言(つぶやき)は我等にむかひてするに非(あら)ずヱホバにむかひてするなり
  9. モーセ、アロンに言(いひ)けるはイスラエルの子孫(ひとびと)の全會衆に言へ汝等ヱホバの前に近よれヱホバなんぢらの怨言(つぶやき)を聞(きゝ)給(たま)へりと
  10. アロンすなはちイスラエルの子孫(ひとびと)の全會衆に語(つげ)しかば彼等曠野(あらの)を望むにヱホバの榮光(さかえ)雲の中(うち)に顯(あら)はる
  11. ヱホバ、モーセに告(つげ)て言(いひ)たまひけるは
  12. 我(われ)イスラエルの子孫(ひとびと)の怨言(つぶやき)を聞(きけ)り彼等に告(つげ)て言へ汝等夕(ゆふべ)には肉を食(くら)ひ朝(あした)にはパンに飽(あく)べし而(しか)して我のヱホバにして汝等の神なることを知(しる)にいたらんと
  13.  即(すなは)ち夕(ゆふべ)におよびて鶉(うづら)きたりて營(えい)を覆(おほ)ふ又(また)朝(あした)におよびて露(つゆ)營(えい)の四圍(まはり)におきしが
  14. そのおける露(つゆ)乾(かわ)くにあたりて曠野(あらの)の表に霜(しも)のごとき小(ちひさ)き圓(まろ)き者地にあり
  15. イスラエルの子孫(ひとびと)これを見て此(これ)は何ぞやと互(たがひ)に言ふ其(そ)はその何たるを知(しら)ざればなりモーセかれらに言(いひ)けるは是(これ)はヱホバが汝等の食(しょく)にあたへたまふパンなり
  16. ヱホバの命じたまふところの事は是(これ)なり即(すなは)ち各(おのおの)その食(くら)ふところに循(したが)ひて之(これ)を斂(あつ)め汝等の人數にしたがひて一人に一オメルを取れ各人(おのおの)その天幕にをる者等のためにこれを取(とる)べし
  17. イスラエルの子孫(ひとびと)かくなせしに其(その)斂(あつむ)るところに多(おほ)きと少(すくな)きとありしが
  18. オメルをもてこれを量(はか)るに多く斂(あつ)めし者にも餘(あま)るところ無く少(すくな)く斂(あつ)めし者にも足(たら)ぬところ無(なか)りき皆その食(くら)ふところに循(したが)ひてこれを斂(あつ)めたり
  19. モーセ彼等に誰も朝(あした)までこれを殘しおく可(べか)らずと言(いへ)り
  20. 然(しか)るに彼等モーセに聽(きゝ)したがはずして或者(あるもの)はこれを朝(あした)まで殘(のこ)したりしが蟲(むし)たかりて臭(くさく)なりぬモーセこれを怒(いか)る
  21.  人々各(おのおの)その食(くら)ふところに循(したが)ひて朝毎(あさごと)に之(これ)を斂(あつ)めしが日(ひ)熱(あつく)なれば消ゆ
  22. 第六日(むいかめ)にいたりて人々二倍のパンを斂(あつ)めたり即(すなは)ち一人に二オメルを斂(あつ)むるに會衆の長(かしら)皆きたりて之(これ)をモーセに告ぐ
  23. モーセかれらに言ふヱホバの言(いひ)たまふところ是(かく)のごとし明日はヱホバの聖(せい)安息日(あんそくにち)にして休息(やすみ)なり今日汝等(なんぢら)[やか]んとする者を[や]き煮(に)んとする者を煮(に)よ其(その)殘(のこ)れる者は皆(みな)明朝(あした)まで蔵(をさ)めおくべし
  24. 彼等モーセの命ぜしごとくに翌朝(あした)まで蔵(をさ)めおきしが臭(くさく)なること無(な)く又蟲(むし)もその中に生ぜざりき
  25. モーセ言ふ汝等今日(けふ)其(それ)を食(くら)へ今日はヱホバの安息日(あんそくにち)なれば今日は汝等これを野に獲(え)ざるべし
  26. 六日の間汝等これを斂(あつ)むべし第七日(なぬか)は安息日(あんそくにち)なればその日には有(あら)ざるべし
  27. 然(しか)るに民の中(うち)に七日(なぬか)に出(いで)て斂(あつ)めんとせし者ありしが得(うる)ところ無(なか)りき
  28. 是(こゝ)に於(おい)てヱホバ、モーセに言(いひ)たまひけるは何時(いつ)まで汝等は吾(わ)が誡命(いましめ)とわが律法(おきて)をまもることをせざるや
  29. 汝等(なんぢら)視(み)よヱホバなんぢらに安息日(あんそくにち)を賜(たま)へり故(ゆゑ)に第六日(むいかめ)に二日(ふつか)の食物を汝等にあたへたまふなり汝等おのおのその處(ところ)に休みをれ第七日(なぬか)にはその處(ところ)より出(いづ)る者あるべからず
  30. 是(かく)民(たみ)第七日(なぬか)に休息(やすめ)り
  31.  イスラエルの家その物の名をマナと稱(よべ)り是(これ)は莞(いはき)の實(み)のごとくにして白く其(その)味(あぢはひ)は蜜(みつ)をいれたる菓子(くわし)のごとし
  32. モーセ言ふヱホバの命じたまふところ是(かく)のごとし是(これ)を一オメル盛(もり)て汝等の代々の子孫のためにたくはへおくべし是(こ)はわが汝等をエジプトの地より導(みちび)きいだせし時に曠野(あらの)にて汝等を養(やしな)ひしところのパンを之(これ)に見さしめんためなり
  33. 而(しか)してモーセ、アロンに言(いひ)けるは壷(つぼ)を取(とり)てその中(うち)にマナ一オメルを盛(もり)てこれをヱホバの前におき汝等の代々の子孫のためにたくはふべし
  34. ヱホバのモーセに命じたまひし如(ごと)くにアロンこれを律法(おきて)の前におきてたくはふ
  35. イスラエルの子孫(ひとびと)は人の住(すめ)る地に至るまで四十年が間(あひだ)マナを食(くら)へり即(すなは)ちカナンの地の境(さかひ)にいたるまでマナを食(くら)へり
  36. オメルはエパの十分の一なり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):出エジプト記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書