目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

Old Testament「Book of Exodus」
旧約聖書:出エジプト記

第21章(CHAPTER 21)

  1. 是(これ)は汝が民(たみ)の前に立(たつ)べき律例(おきて)なり
  2.  汝ヘブルの僕(しもべ)を買ふ時は六年の間(あひだ)之(これ)に職業(つとめ)を爲(なさ)しめ第七年には贖(つくのひ)を索(もとめ)ずしてこれを釋(はな)つべし
  3. 彼もし獨身(ひとりみ)にて來(きた)らば獨身(ひとりみ)にて去(さる)べし若(もし)妻あらばその妻これとともに去(さる)べし
  4. もしその主人これに妻をあたへて男子(をとこのこ)又は女子(をんなのこ)これに生れたらば妻とその子等(こどもら)は主人に屬(ぞく)すべし彼は獨身(ひとりみ)にて去(さる)べし
  5. 僕(しもべ)もし我わが主人と我(わ)が妻子を愛す我(われ)釋(はな)たるゝを好(この)まずと明白(あきらか)に言(いは)ば
  6. その主人これを士師(さばきびと)の所(もと)に携(つれ)ゆき又(また)戸あるひは戸柱(とばしら)の所につれゆくべし而(しか)して主人錐(きり)をもてかれの耳を刺(さし)とほすべし彼は何時(いつ)までもこれに事(つか)ふべきなり
  7.  人(ひと)若(もし)その娘を賣(うり)て婢(しもめ)となす時は僕(しもべ)のごとくに去(さる)べからす
  8. 彼もしその約(やく)せし主人の心に適(かなは)ざる時はその主人これを贖(あがな)はしむることを得(う)べし然(され)ど之(これ)に眞實(まこと)ならずして亦(また)これを異邦人(ことくにびと)に賣(うる)ことをなすを得(う)べからず
  9. 又もし之(これ)を己(おのれ)の子に與(あた)へんと約(やく)しなばこれを女子(むすめ)のごとくに待(あしら)ふべし
  10. 父もしその子のために別(ほか)に娶(めと)ることあるとも彼に食物(くひもの)と衣服(ころも)を與(あた)ふる事とその交接(とつぎ)の道とはこれを間斷(たえ)しむべからず
  11. 其人(そのひと)かれに此(この)三(みつ)を行(おこな)はずば彼は金(かね)をつくのはずして出(いで)さることを得(う)べし
  12.  人を撃(うち)て死(しな)しめたる者は必ず殺さるべし
  13. 若(もし)人みづから畫策(たくむ)ことなきに神(かみ)人をその手にかゝらしめたまふことある時は我(われ)汝のために一箇(ひとつ)の處(ところ)を設(まう)くればその人其處(そこ)に逃(のが)るべし
  14. 人もし故(ことさら)にその隣人(となりびと)を謀(はか)りて殺す時は汝これをわが壇(だん)よりも執(とら)へゆきて殺すべし
  15.  その父あるひは母を撃(うつ)ものは必ず殺さるべし
  16.  人を拐帶(かどはか)したる者は之(これ)を賣(うり)たるも尚(なほ)その手にあるも必ず殺さるべし
  17.  その父あるひは母を罵(のゝし)る者は殺さるべし
  18.  人(ひと)相爭(あひあらそ)ふ時に一人石または拳(こぶし)をもてその對手(あひて)を撃(う)ちしに死にいたらずして床(とこ)につくことあらんに
  19. 若(もし)起(おき)あがりて杖(つゑ)によりて歩(あゆ)むにいたらば之(これ)を撃(うち)たる者は赦(ゆる)さるべし但(たゞ)しその業(わざ)を休める賠償(つくのひ)をなして之(これ)を全(まつた)く愈(いえ)しむべきなり
  20.  人もし杖(つゑ)をもてその僕(しもべ)あるひは婢(しもめ)を撃(うた)んにその手の下に死(しな)ば必ず罰(ばつ)せらるべし
  21. 然(され)ど彼もし一日二日生(いき)のびなば其人(そのひと)は罰(ばつ)せられざるべし彼はその人の金子(かね)なればなり
  22.  人もし相爭(あひあらそ)ひて妊(はら)める婦(をんな)を撃(う)ちその子を堕(おり)させんに別(ほか)に害なき時は必ずその婦人(をんな)の夫(をつと)の要(もと)むる所にしたがひて刑(つみせ)られ法官(さばきびと)の定(さだ)むる所を爲(なす)べし
  23. 若(もし)害(がい)ある時は生命(いのち)にて生命(いのち)を償(つくの)ひ
  24. 目にて目を償(つくの)ひ歯にて歯を償(つくの)ひ手にて手を償(つくの)ひ足にて足を償(つくの)ひ
  25. 烙(やき)にて烙(やき)を償(つくの)ひ傷(きず)にて傷を償(つくの)ひ打傷(うちきず)にて打傷を償(つくな)ふべし
  26.  人もしその僕(しもべ)の一(ひとつ)の目あるひは婢(しもめ)の一(ひとつ)の目を撃(うち)てこれを喪(つぶ)さばその目のために之(これ)を釋(はな)つべし
  27. 又もしその僕(しもべ)の一箇(ひとつ)の歯か婢(しもめ)の一箇(ひとつ)の歯を打落(うちかゝ)ばその歯のために之(これ)を釋(はな)つべし
  28.  牛もし男あるひは女を衝(つき)て死(しな)しめなばその牛をば必ず石にて撃殺(うちころ)すべしその肉は食(くら)ふべからず但(たゞ)しその牛の主(ぬし)は罪なし
  29. 然(され)ど牛もし素(もと)より衝(つ)くことをなす者にしてその主(ぬし)これがために忠告(いさめ)をうけし事あるに之(これ)を守りおかずして遂(つひ)に男あるひは女を殺すに至らしめなばその牛は石にて撃(うた)れその主(ぬし)もまた殺さるべし
  30. 若(もし)彼(かれ)贖罪金(あがなひ)を命ぜられなば凡(すべ)てその命ぜられし者を生命(いのち)の償(つくのひ)に出(いだ)すべし
  31. 男子(むすこ)を衝(つく)も女子(むすめ)を衝(つく)もこの例にしたがひてなすべし
  32. 牛もし僕(しもべ)あるひは婢(しもめ)を衝(つか)ばその主人に銀三十シケルを與(あた)ふべし又その牛は石にて撃(うち)ころすべし
  33.  人もし坑(あな)を啓(ひら)くか又は人もし穴を掘(ほる)ことをなしこれを覆(おほ)はずして牛あるひは驢馬(ろば)これに陷(おちいら)ば
  34. 穴の主(ぬし)これを償(つくの)ひ金(かね)をその所有主(もちぬし)に與(あた)ふべし但(たゞ)しその死(しに)たる畜(けもの)は己(おのれ)の有(もの)となるべし
  35.  此人(このひと)の牛もし彼人(かのひと)のを衝(つき)殺さば二人その生(いけ)る牛を賣(うり)てその價(あたひ)を分(わか)つべし又その死(しに)たるものをも分(わか)つべし
  36. 然(され)どその牛(うし)素(もと)より衝(つく)ことをなす者なること知(しれ)をるにその主(ぬし)これを守りおかざりしならばその人かならず牛をもて牛を償(つくの)ふべし但(たゞ)しその死(しに)たる者は己(おのれ)の有(もの)となるべし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):出エジプト記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書