目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

Old Testament「Book of Exodus」
旧約聖書:出エジプト記

第22章(CHAPTER 22)

  1. 人もし牛あるひは羊を竊(ぬす)みてこれを殺し又は賣(う)る時は五(いつゝ)の牛をもて一(ひとつ)の牛を賠(つくの)ひ四(よつ)の羊(ひつじ)をもて一(ひとつ)の羊を賠(つくの)ふべし
  2. もし盗賊(ぬすびと)の壞(やぶ)り入るを見てこれを撃(うち)て死(しな)しむる時はこれがために血をながすに及ばず
  3. 然(され)ど若(もし)日いでてよりならば之(これ)がために血をながすべし盗賊(ぬすびと)は全(まつた)く償(つくのひ)をなすべし若(もし)物あらざる時は身をうりてその竊(ぬす)める物を償(つくの)ふべし
  4. 若(もし)その竊(ぬす)める物(もの)眞(まこと)に生(いき)てその手にあらばその牛(うし)驢馬(ろば)羊(ひつじ)たるにかゝはらず倍(ばい)してこれを償(つくの)ふべし
  5.  人もし田圃(はたけ)あるひは葡萄園(ぶだうばたけ)の物を食(くら)はせその家畜をはなちて人の田圃(はたけ)の物を食(くら)ふにいたらしむる時は自己(おのれ)の田圃(はたけ)の嘉物(よきもの)と自己(おのれ)の葡萄園(ぶだうばたけ)の嘉物(よきもの)をもてその償(つくのひ)をなすべし
  6.  火もし逸(とび)て荊棘(いばら)にうつりその積(つみ)あげたる穀物(こくもつ)あるひは未(いま)だ刈(から)ざる穀物(こくもつ)あるひは田野(はたけ)を燬(やか)ばその火を焚(たき)たる者かならずこれを償(つくの)ふべし
  7.  人もし金(かね)あるひは物を人に預(あづく)るにその人の家より竊(ぬす)みとられたる時はその盗者(ぬすびと)あらはれなばこれを倍(ばい)して償(つくの)はしむべし
  8. 盗者(ぬすびと)もしあらはれずば家の主人(あるじ)を法官(さばきびと)につれゆきて彼がその人の物に手をかけたるや否(いな)を見るべし
  9. 何の過愆(とが)を論(いは)ず牛にもあれ驢馬(ろば)にもあれ羊(ひつじ)にもあれ衣服(ころも)にもあれ又は何の失物(うせもの)にもあれ凡(すべ)て人の見て是(これ)其(それ)なりと言ふ者ある時は法官(さばきびと)その兩造(りようざう)の言(ことば)を聽(きく)べし而(しか)して法官(さばきびと)の罪ありとする者これを倍(ばい)してその對手(あひて)に償(つくの)ふべし
  10.  人もし驢馬(ろば)か牛か羊(ひつじ)か又はその他の家畜(かちく)をその隣人(となり)にあづけんに死(しぬ)か傷(きずつ)けらるゝか又は搶(うば)ひさらるゝことありて誰もこれを見し者なき時は
  11. 二人の間(あひだ)にその隣人(となり)の物に手をかけずとヱホバを指(さし)て誓(ちか)ふことあるべし然(しか)る時はその持主これを承諾(うけいる)べし彼人(かのひと)は償(つくのひ)をなすに及ばず
  12. 然(され)ど若(もし)自己(おのれ)の許(もと)より竊(ぬす)まれたる時はその所有主(もちぬし)にこれを償(つくの)ふべし
  13. 若(もし)またその裂(さき)ころされし時は其(それ)を證據(あかし)のために持(もち)きたるべしその裂(さき)ころされし者は償(つくの)ふにおよばず
  14.  人もしその隣人(となり)より借(かり)たる者あらんにその物(もの)傷(きずつ)けられ又は死(しぬ)ることありてその所有主(もちぬし)それとともにをらざる時は必ずこれを償(つくの)ふべし
  15. その所有主(もちぬし)それと共にをらばこれを償(つくの)ふにおよばず雇(やとひ)し者なる時もしかり其(そ)は雇(やとは)れて來(きた)りしなればなり
  16.  人もし聘定(いひなづけ)あらざる處女(をとめ)を誘(いざな)ひてこれと寝(いね)たらば必ずこれに聘禮(おくりもの)して妻(つま)となすべし
  17. その父もしこれをその人に與(あた)ふることを固く拒(こば)まば處女(をとめ)にする聘禮(おくりもの)にてらして金(かね)をはらふべし
  18.  魔術(まじゆつ)をつかふ女を生(いか)しおくべからず
  19.  凡(すべ)て畜(けもの)を犯(をか)す者をば必ず殺すべし
  20.  ヱホバをおきて別(ほか)の神に犠牲(いけにへ)を献(さゝぐ)る者をば殺すべし
  21. 汝(なんぢ)他國(たこく)の人を惱(なやま)すべからず又これを虐(しへた)ぐべからず汝らもエジプトの國にをる時は他國の人たりしなり
  22. 汝(なんぢ)凡(すべ)て寡婦(やもめ)あるひは孤子(みなしご)を惱(なやま)すべからず
  23. 汝(なんぢ)もし彼等を惱(なや)まして彼等われに呼(よばは)らば我かならずその號呼(よばはり)を聽(きく)べし
  24. わが怒(いかり)烈(はげ)しくなり我(われ)劍(つるぎ)をもて汝らを殺さん汝らの妻は寡婦(やもめ)となり汝らの子女(こども)は孤子(みなしご)とならん
  25.  汝もし汝とともにあるわが民の貧(まづし)き者に金(かね)を貸(か)す時は金貸(かねかし)のごとくなすべからず又これより利足(りそく)をとるべからず
  26. 汝もし人の衣服(ころも)を質(しち)にとらば日のいる時までにこれを歸(かへ)すべし
  27. 其(そ)はその身を蔽(おほ)ふ者は是(これ)のみにして是(これ)はその膚(はだ)の衣(ころも)なればなり彼(かれ)何の中(うち)に寝(いね)んや彼われに[よば]はらば我きかん我は慈悲(あはれみ)ある者なればなり
  28.  汝(なんぢ)神を罵(のゝし)るべからず民の主長(つかさ)を詛(のろ)ふべからず
  29. 汝の豊滿(ゆたか)なる物と汝の搾(しぼ)りたる物とを献(さゝ)ぐることを怠(おこた)るなかれ汝の長子(うひご)を我に與(あた)ふべし
  30. 汝また汝の牛と羊(ひつじ)をも斯(かく)なすべし即(すなは)ち七日(なぬか)母とともにをらしめて八日にこれを我に與(あた)ふべし
  31. 汝等は我の聖民(きよきたみ)となるべし汝らは野にて獣(けもの)に裂(さか)れし者の肉を食(くら)ふべからず汝らこれを犬に投(なげ)與(あた)ふべし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):出エジプト記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書