目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

Old Testament「Book of Exodus」
旧約聖書:出エジプト記

第25章(CHAPTER 25)

  1. ヱホバ、モーセに告(つげ)て言(いひ)たまひけるは
  2. イスラエルの子孫(ひとびと)に告(つげ)て我に献物(さゝげもの)を持(もち)きたれと言へ凡(すべ)てその心に好んで出(いだ)す者よりは汝等その我に献(さゝ)ぐるところの物を取(とる)べし
  3. 汝等がかれらより取(とる)べきその献物(さゝげもの)は是(これ)なり即(すなは)ち金(こがね)銀(しろかね) 銅(あかゞね)
  4. (あお) 紫(むらさき) 紅(くれなゐ)の線(いと)麻(あさ) 山羊毛(やぎのけ)
  5. 赤染(あかぞめ)の牡羊(をひつじ)の皮 [まみ]の皮 合歓木(ねむのき)
  6. 燈油(ともしあぶら)塗膏(ぬりあぶら)と馨(かうば)しき香(かう)を調(とゝの)ふところの香料
  7. [そうかう]およびエポデと胸牌(むねあて)に嵌(はむ)る玉
  8. 彼等わがために聖所(きよきところ)を作るべし我かれらの中(うち)に住(すま)ん
  9. 凡(すべ)てわが汝らに示すところに循(したが)ひ幕屋(まくや)の式樣(ひながた)およびその器具(うつは)の式樣(ひながた)にしたがひてこれを作るべし
  10.  彼等合歓木(ねむのき)をもて櫃(はこ)を作るべしその長(ながさ)は二キユビト半その濶(はゞ)は一キユビト半その高(たかさ)は一キユビト半なるべし
  11. 汝(なんぢ)純金をもて之(これ)を蔽(おほ)ふべし即(すなは)ち内外ともにこれを蔽(おほ)ひその上の周圍(まはり)に金の縁(ふち)を造るべし
  12. 汝(なんぢ)金の環(わ)四箇(よつ)を鋳(い)てその四(よつ)の足につくべし即(すなは)ち此旁(こなた)に二箇(ふたつ)の輪(わ)彼旁(かなた)に二箇(ふたつ)の輪(わ)をつくべし
  13. 汝また合歓木(ねむのき)をもて杠(さを)を作りてこれに金を著(き)すべし
  14. 而(しか)してその杠(さを)を櫃(はこ)の邊旁(かたはら)の環(わ)にさしいれてこれをもて櫃(はこ)を舁(かく)べし
  15. 杠(さを)は櫃(はこ)の環(わ)に差(さし)いれおくべし其(それ)より脱(ぬき)はなすべからず
  16. 汝(なんぢ)わが汝に與(あた)ふる律法(おきて)をその櫃(はこ)に蔵(をさ)むべし
  17. 汝(なんぢ)純金をもて贖罪所(しょくざいしょ)を造るべしその長(ながさ)は二キユビト半その濶(はゞ)は一キユビト半なるべし
  18. 汝(なんぢ)金(きん)をもて二箇(ふたつ)のケルビムを作るべし即(すなは)ち槌(つち)にて打(うち)てこれを作り贖罪所(しょくざいしょ)の兩旁(りやうはう)に置(おく)べし
  19. 一(ひとつ)のケルブを此旁(こなた)に一(ひとつ)のケルブを彼旁(かなた)に造れ即(すなは)ちケルビムを贖罪所(しょくざいしょ)の兩旁(りやうはう)に造るべし
  20. ケルビムは翼(つばさ)を高く展(の)べその翼(つばさ)をもて贖罪所(しょくざいしょ)を掩(おほ)ひその面(かほ)を互(たがひ)に相(あひ)向くべしすなはちケルビムの面(かほ)は贖罪所(しょくざいしょ)に向(むか)ふべし
  21. 汝(なんぢ)贖罪所を櫃(はこ)の上に置(す)ゑまた我(わ)が汝に與(あた)ふる律法(おきて)を櫃(はこ)の中(うち)に蔵(をさ)むべし
  22. 其處(そこ)にて我なんぢに會(あ)ひ贖罪所(しょくざいしょ)の上より律法(おきて)の櫃(はこ)の上なる二箇(ふたつ)のケルビムの間(あひだ)よりして我イスラエルの子孫(ひとびと)のためにわが汝に命(めい)ぜんとする諸(もろもろ)の事を汝に語(かたら)ん
  23.  汝また合歓木(ねむのき)をもて案(つくゑ)を作るべしその長(ながさ)は二キユビトその濶(はゞ)は一キユビトその高(たかさ)は一キユビト半なるべし
  24. 而(しか)して汝(なんぢ)純金(じゆんきん)をこれに著(き)せその周圍(まはり)に金の縁(ふち)をつくるべし
  25. 汝(なんし)その四圍(まはり)に掌寛(てはゞ)の邊(ふち)をつくりその邊(ふち)の周圍(まはり)に金(きん)の小縁(こぶち)を作るべし
  26. またそれがために金の環(わ)四箇(よつ)を作りその足の四隅(よすみ)にその環(わ)をつくべし
  27. 環(わ)は邊(ふち)の側(そば)に附(つく)べし是(こ)は案(つくゑ)を舁(かく)ところの杠(さを)をいるる處(ところ)なり
  28. また合歓木(ねむのき)をもてその杠(さを)をつくりてこれに金(きん)を著(き)すべし案(つくゑ)はこれに因(より)て舁(かゝ)るべきなり
  29. 汝また其(それ)に用(もち)ふる皿(さら)匙(さじ)杓(しやく)および酒(さけ)を灌(そゝ)ぐところの[さかづき]を作るべし即(すなは)ち純金をもてこれを造るべし
  30. 汝(なんぢ)案(つくゑ)の上に供前(そなへ)のパンを置(おき)て常にわが前にあらしむべし
  31.  汝(なんぢ)純金をもて一箇(ひとつ)の燈臺(とうだい)を造るべし燈臺(とうだい)は槌(つち)をもてうちて之(これ)を作るべしその臺座(だいざ)軸(ぢく) 萼(うてな) 節(ふし) 花は其(それ)に聯(へらな)らしむべし
  32. 又(また)六(むつ)の枝(えだ)をその旁(かたはら)より出(いで)しむべし即(すなは)ち燈臺(とうだい)の三(みつ)の枝(えだ)は此(この)旁(かたはら)より出(い)で燈臺(とうだい)の三(みつ)の枝は彼(かの)旁(かたはら)より出(いで)しむべし
  33. 巴旦杏(はたんきやう)の花の形(かたち)せる三(みつ)の萼(うてな)節(ふし)および花とともに此枝(このえだ)にあり又(また)巴旦杏(はたんきやう)の花の形せる三(みつ)の萼(うてな)節(ふし)および花とともに彼枝(かのえだ)にあるべし燈臺(とうだい)より出(いづ)る六(むつ)の枝(えだ)を皆(みな)斯(かく)のごとくにすべし
  34. 巴旦杏(はたんきやう)の花の形せる四(よつ)の萼(うてな)その節(ふし)および花とともに燈臺(とうだい)にあるべし
  35. 兩箇(ふたつ)の枝(えだ)の下に一箇(ひとつ)の節(ふし)あらしめ又その兩箇の(ふたつ)枝の下に一箇(ひとつ)の節(ふし)あらしめ又その兩箇(ふたつ)の枝の下に一箇(ひとつ)の節(ふし)あらしむべし燈臺(とうだい)より出(いづ)る六(むつ)の枝(えだ)みな是(かく)のごとくなるべし
  36. その節(ふし)と枝(えだ)とは其(それ)に連(つら)ならしめ皆(みな)槌(つち)にて打(うち)て純金をもて造るべし
  37. 又それがために七箇(なゝつ)の燈盞(ともしびざら)を造りその燈盞(ともしびざら)を上に置(すゑ)てその對向(むかふ)を照(てら)さしむべし
  38. その燈鉗(しんかき)と剪燈盤(しんとりざら)をも純金(じゆんきん)ならしむべし
  39. 燈臺(とうだい)と此(こ)の諸(すべて)の器具(うつは)を造るには純金一タラントを用(もち)ふべし
  40. 汝(なんぢ)山にて示されし式樣(ひながた)にしたがひて之(これ)を作ることに心を用(もち)ひよ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):出エジプト記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書