目次 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 304050

Old Testament「Book of Genesis」
旧約聖書:創世記

第1章(CHAPTER 1)

  1. 元始(はじめ)に神(かみ)天地(てんち)を創造(つくり)たまへり
  2. 地(ち)は定形(かたち)なく曠空(むなし)くしてK暗(やみ)淵(わだ)の面(おもて)にあり神(かみ)の靈(れい)水の面(おもて)を覆(おほひ)たりき
  3. 神(かみ)光(ひかり)あれと言(いひ)たまひければ光ありき
  4. 神(かみ)光を善(よし)と觀(み)たまへり神(かみ)光と暗(やみ)を分(わか)ちたまへり
  5. 神(かみ)光を晝(ひる)と名(なづ)け暗(やみ)を夜(よる)と名(なづ)けたまへり夕(ゆふ)あり朝(あさ)ありき是(これ)首(はじめ)の日なり
  6.  神(かみ)言(いひ)たまひけるは水(みづ)の中に穹蒼(おほぞら)ありて水と水とを分(わか)つべし
  7. 神(かみ)穹蒼(おほぞら)を作りて穹蒼(おほぞら)の下の水と穹蒼(おほぞら)の上の水とを判(わか)ちたまへり即(すなは)ち斯(かく)なりぬ
  8. 神(かみ)穹蒼(おほぞら)を天(てん)と名(なづ)けたまへり夕(ゆふ)あり朝(あさ)ありき是(これ)二日(ふつか)なり
  9.  神(かみ)言(いひ)たまひけるは天(てん)の下の水(みづ)は一處(ひとところ)に集りて乾ける土(つち)顯(あらはる)べしと即(すなは)ち斯(かく)なりぬ
  10. 神(かみ)乾(かわ)ける土(つち)を地(ち)と名(なづ)け水(みづ)の集合(あつまれ)るを海(うみ)と名(なづ)けたまへり神(かみ)之(これ)を善(よし)と觀(み)たまへり
  11. 神(かみ)言(いひ)たまひけるは地(ち)は草(あをくさ)と[たね]を生ずる草蔬(くさ)と其類(そのるゐ)に從(したが)ひ果(み)を結(むす)びみづから核(たね)をもつ所の果(み)を結ぶ樹(き)を地(ち)に發出(いだ)すべしと即(すなは)ち斯(かく)なりぬ
  12. 地(ち)草(あをくさ)と其類(そのるゐ)に從(したが)ひ[たね]を生ずる草蔬(くさ)と其類(そのるゐ)に從(したが)ひ果(み)を結(むすび)てみづから核(たね)をもつ所の樹(き)を發出(いだ)せり神これを善(よし)と觀(み)たまへり
  13. 夕あり朝ありき是(これ)三日(みつか)なり
  14.  神(かみ)言(いひ)たまひけるは天(てん)の穹蒼(おほぞら)に光明(ひかり)ありて晝(ひる)と夜(よる)とを分(わか)ち又(また)天象(しるし)のため時節(とき)のため日(ひ)のため年(とし)のために成(なる)べし
  15. 又(また)天(てん)の穹蒼(おほぞら)にありて地(ち)を照(てら)す光(ひかり)となるべしと即(すなは)ち斯(かく)なりぬ
  16. 神(かみ)二(ふたつ)の巨(おほい)なる光を造り大(おほい)なる光に晝(ひる)を司(つかさ)どらしめ小(ちいさ)き光に夜(よる)を司(つかさ)どらしめたまふまた星(ほし)を造(つく)りたまへり
  17. 神これを天(てん)の穹蒼(おほぞら)に置(おき)て地(ち)を照(てら)さしめ
  18. 晝(ひる)と夜(よる)を司(つかさ)どらしめ光と暗(やみ)を分(わか)たしめたまふ神(かみ)これを善(よし)と觀(み)たまへり
  19. 夕あり朝ありき是(これ)四日(よつか)なり
  20.  神(かみ)云(いひ)たまひけるは水には生物(いきもの)饒(さは)に生(しやう)じ鳥(とり)は天(てん)の穹蒼(おほぞら)の面(おもて)に地の上に飛(とぶ)べしと
  21. 神(かみ)巨(おほい)なる魚(うを)と水に饒(さは)に生(しやう)じて動く諸(すべて)の生物(いきもの)を其類(そのるゐ)に從(したが)ひて創造(つく)り又(また)羽翼(つばさ)ある諸(すべて)の鳥(とり)を其類(そのるゐ)に從(したが)ひて創造(つく)りたまへり神(かみ)之(これ)を善(よし)と觀(み)たまへり
  22. 神(かみ)之(これ)を祝(しゆく)して曰(いは)く生(うめ)よ繁息(ふえ)よ海の水に[みて]よ又(また)禽鳥(とり)は地に蕃息(ふえ)よと
  23. 夕あり朝ありき是(これ)五日(いつか)なり
  24.  神(かみ)言(いひ)給(たま)ひけるは地は生物(いきもの)を其類(そのるゐ)に從(したがひ)て出(いだ)し家畜(かちく)と昆蟲(はふもの)と地の獸(けもの)を其類(そのるゐ)に從(したがひ)て出(いだ)すべしと即(すなは)ち斯(かく)なりぬ
  25. 神(かみ)地の獸(けもの)を其類(そのるゐ)に從(したがひ)て造(つく)り家畜(かちく)を其類(そのるゐ)に從(したがひ)て造り地の諸(すべて)の昆蟲(はふもの)を其類(そのるゐ)に從(したがひ)て造り給(たま)へり神(かみ)之(これ)を善(よし)と觀給(みたま)へり
  26. 神(かみ)言(いひ)給(たまひ)けるは我儕(われら)に象(かたど)りて我儕(われら)の像(かたち)の如(ごと)くに我儕(われら)人(ひと)を造(つく)り之(これ)に海の魚と天空(そら)の鳥と家畜(かちく)と全地(ぜんち)と地に匍(は)ふ所の諸(すべて)の昆蟲(はふもの)を治(をさめし)めんと
  27. 神(かみ)其像(そのかたち)の如(ごと)くに人(ひと)を創造(つくり)たまへり即(すなは)ち神(かみ)の像(かたち)の如(ごと)くに之(これ)を創造(つくり)之(これ)を男と女に創造(つくり)たまへり
  28. 神(かみ)彼等(かれら)を祝(しゆく)し神(かみ)彼等に言(いひ)たまひけるは生(うめ)よ繁殖(ふえ)よ地(ち)に滿盈(みて)よ之(これ)を服從(したがは)せよ又(また)海の魚と天空(そら)の鳥と地に動く所の諸(すべて)の生物(いきもの)を治(をさ)めよ
  29. 神(かみ)言(いひ)たまひけるは視(み)よ我(われ)全地の面(おもて)にある[たね]のなる諸(すべて)の草蔬(くさ)と核(たね)ある木果(このみ)の結(な)る諸(すべて)の樹とを汝等(なんぢら)に與(あた)ふこれは汝らの糧(かて)となるべし
  30. 又(また)地の諸(すべて)の獸(けもの)と天空(そら)の諸(すべて)の鳥および地に匍(は)ふ諸(すべて)の物等(ものなど)凡(およ)そ生命(いのち)ある者には我(われ)食物として諸(すべて)のき草を與(あた)ふと即(すなは)ち斯(かく)なりぬ
  31. 神(かみ)其(その)造(つく)りたる諸(すべ)の物を視(み)たまひけるに甚(はなは)だ善(よか)りき夕(ゆふ)あり朝(あさ)ありき是(これ)六日(むいか)なり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):創世記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書