目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 304050

Old Testament「Book of Genesis」
旧約聖書:創世記

第3章(CHAPTER 3)

  1. ヱホバ神の造りたまひし野の生物(いきもの)の中に蛇(へび)最(もつと)も狡猾(さが)し蛇(へび)婦(をんな)に言(い)ひけるは神(かみ)眞(まこと)に汝等(なんぢら)園(その)の諸(すべて)の樹(き)の果(み)は食(くら)ふべからずと言(いひ)たまひしや
  2. 婦(をんな)蛇(へび)に言(いひ)けるは我等(われら)園(その)の樹の果を食(くら)ふことを得(う)
  3. 然(され)ど園(その)の中央(なか)に在(ある)樹の果實(み)をば神(かみ)汝等(なんぢら)之(これ)を食(くら)ふべからず又(また)之(これ)に捫(さは)るべからず恐(おそらく)は汝等(なんぢら)死(しな)んと言給(いひたま)へり
  4. 蛇(へび)婦(をんな)に言(いひ)けるは汝等(なんぢら)必らず死(しぬ)る事あらじ
  5. 神(かみ)汝等が之(これ)を食(くら)ふ日には汝等の目(め)開け汝等(なんぢら)神の如(ごと)くなりて善惡(ぜんあく)を知(しる)に至(いた)るを知りたまふなりと
  6. 婦(をんな)樹(き)を見(みれ)ば食(くら)ふに善(よ)く目に美麗(うるは)しく且(かつ)智慧(かしこ)からんが爲(ため)に慕(した)はしき樹なるによりて遂(つひ)に其(その)果實(み)を取(とり)て食(くら)ひ亦(また)之(これ)を己(おのれ)と偕(とも)なる夫(をつと)に與(あた)へければ彼(かれ)食(くら)へり
  7. 是(こゝ)において彼等(かれら)の目(め)倶(とも)に開(ひらけ)て彼等(かれら)其(その)裸體(はだか)なるを知り乃(すなは)ち無花果樹(いちじく)の葉を綴(つづり)て裳(も)を作れり
  8. 彼等(かれら)園(その)の中(うち)に日の清涼(すずし)き時分(ころ)歩(あゆ)みたまふヱホバ神の聲(こゑ)を聞(きき)しかばアダムと其妻(そのつま)即(すなは)ちヱホバ神の面(かほ)を避(さけ)て園(その)の樹の間(あひだ)に身を匿(かく)せり
  9.  ヱホバ神アダムを召(よび)て之(これ)に言(いひ)たまひけるは汝は何處(いづこ)にをるや
  10. 彼いひけるは我(われ)園の中(うち)に汝の聲(こゑ)を聞き裸體(はだか)なるにより懼(おそ)れて身を匿(かく)せりと
  11. ヱホバ言(いひ)たまひけるは誰(た)が汝の裸(はだか)なるを汝に告(つげ)しや汝は我(わ)が汝に食(くら)ふなかれと命じたる樹の果を食(くら)ひたりしや
  12. アダム言(いひ)けるは汝が與(あた)へて我と偕(とも)ならしめたまひし婦(をんな)彼(かれ)其(その)樹(き)の果實(み)を我にあたへたれば我(われ)食(くら)へりと
  13. ヱホバ神婦(をんな)に言(いひ)たまひけるは汝がなしたる此事(このわざ)は何ぞや婦(をんな)言(いひ)けるは蛇(へび)我を誘惑(まどは)して我(われ)食(くら)へりと
  14. ヱホバ神蛇(へび)に言(いひ)たまひけるは汝(なんぢ)是(これ)を爲(なし)たるに因(より)て汝は諸(すべて)の家畜(かちく)と野の諸(すべて)の獸(けもの)よりも勝(まさ)りて詛(のろ)はる汝は腹行(はらばひ)て一生(いつしやう)の間(あひだ)塵(ちり)を食(くら)ふべし
  15. 又(また)我(われ)汝と婦(をんな)の間(あひだ)および汝の苗裔(すゑ)と婦(をんな)の苗裔(すゑ)の間に怨恨(うらみ)を置(おか)ん彼は汝の頭(かしら)を碎(くだ)き汝は彼の踵(くびす)を碎(くだ)かん
  16. 又婦(をんな)に言(いひ)たまひけるは我(われ)大(おほい)に汝の懷姙(はらみ)の劬勞(くるしみ)を増すべし汝は苦(くるし)みて子を産(うま)ん又(また)汝は夫(をつと)をしたひ彼は汝を治(をさ)めん
  17. 又アダムに言(いひ)たまひけるは汝その妻の言(ことば)を聽(きき)て我が汝に命じて食(くら)ふべからずと言(いひ)たる樹の果を食(くら)ひしに縁(より)て土(つち)は汝のために詛(のろ)はる汝は一生のあひだ勞苦(くるしみ)て其(それ)より食を得(え)ん
  18. 土(つち)は荊棘(いばら)と薊(あざみ)とを汝のために生(しやう)ずべしまた汝は野の草蔬(くさ)を食(くら)ふべし
  19. 汝は面(かほ)に汗(あせ)して食物を食(くら)ひ終(つひ)に土に歸(かへ)らん其(そ)は其中(そのなか)より汝は取(とら)れたればなり汝は塵(ちり)なれば塵(ちり)に皈(かへ)るべきなりと
  20. アダム其妻(そのつま)の名をヱバと名(なづ)けたり其(そ)は彼は群(すべて)の生物(いけるもの)の母なればなり
  21. ヱホバ神(かみ)アダムと其妻(そのつま)のために皮衣(かはごろも)を作りて彼等(かれら)に衣(き)せたまへり
  22.  ヱホバ神(かみ)曰(いひ)たまひけるは視(み)よ夫人(かのひと)我等の一(ひとり)の如(ごと)くなりて善惡(ぜんあく)を知る然(され)ば恐(おそら)くは彼(かれ)其手(そのて)を舒(の)べ生命(いのち)の樹(き)の果實(み)をも取りて食(くら)ひ無限(かぎりなく)生(いき)んと
  23. ヱホバ神彼をエデンの園(その)よりいだし其(その)取(とり)て造られたるところの土を耕(たがへ)さしめたまへり
  24. 斯(かく)神(かみ)其人(そのひと)を逐出(おひいだ)しエデンの園の東にケルビムと自(おのづ)から旋轉(まは)る焔(ほのほ)の劍(つるぎ)を置(おき)て生命(いのち)の樹(き)の途(みち)を保守(まも)りたまふ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):創世記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書