目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 304050

Old Testament「Book of Genesis」
旧約聖書:創世記

第13章(CHAPTER 13)

  1. アブラム其(その)妻および其(その)有(もて)る諸(すべて)の物と偕(とも)にエジプトを出(いで)て南の地に上(のぼ)れりロト彼と共にありき
  2. アブラム甚(はなはだ)家畜(かちく)と金銀(きんぎん)に富(とめ)り
  3. 彼(かれ)南の地より其(その)旅路に進(すゝみ)てベテルに至りベテルとアイの間なる其(その)以前(さき)に天幕(てんまく)を張(はり)たる處(ところ)に至れり
  4. 即(すなは)ち彼が初(はじめ)に其處(そこ)に築きたる壇(だん)のある處(ところ)なり彼處(かしこ)にアブラム、ヱホバの名を[よべ]り
  5. アブラムと偕(とも)に行(ゆき)しロトも羊(ひつじ)牛(うし)および天幕(てんまく)を有(もて)り
  6. 其地(そのち)は彼等を載(のせ)て倶(とも)に居(をら)しむること能(あた)はざりき彼等は其(その)所有(もちもの)多かりしに縁(より)て倶(とも)に居(を)ることを得(え)ざりしなり
  7. 斯有(かゝりし)かばアブラムの家畜の牧者(ぼくしゃ)とロトの家畜の牧者の間に競爭(あらそひ)ありきカナン人(びと)とペリジ人(びと)此時(このとき)其地(そのち)に居住(すめ)り
  8. アブラム、ロトに言(いひ)けるは我等は兄弟の人なれば請(こ)ふ我と汝の間およびわが牧者と汝の牧者の間に競爭(あらそひ)あらしむる勿(なか)れ
  9. 地(ち)は皆(みな)爾(なんぢ)の前にあるにあらずや請(こ)ふ我(われ)を離れよ爾(なんぢ)若(もし)左にゆかば我(われ)右にゆかん又(また)爾(なんぢ)右にゆかば我(われ)左にゆかんと
  10. 是(こゝ)に於(おい)てロト目を擧(あげ)てヨルダンの凡(すべ)ての低地(くぼち)を瞻望(のぞ)みけるにヱホバ、ソドムとゴモラとを滅(ほろぼ)し給(たま)はざりし前(さき)なりければゾアルに至るまであまねく善(よ)く潤澤(うるほ)ひてヱホバの園(その)の如(ごと)くエジプトの地の如(ごと)くなりき
  11. ロト乃(すなは)ちヨルダンの低地(くぼち)を盡(ことごと)く撰(えらみ)とりて東に徙(うつ)れり斯(かく)彼等(かれら)彼此(たがひ)に別たり
  12. アブラムはカナンの地に住(すめ)り又(また)ロトは低地(くぼち)の諸邑(まちまち)に住み其(その)天幕を遷(うつ)してソドムに至れり
  13. ソドムの人は惡(あし)くしてヱホバの前に大(おほい)なる罪人(つみびと)なりき
  14.  ロトのアブラムに別れし後ヱホバ、アブラムに言(いひ)たまひけるは爾(なんぢ)の目を擧(あげ)て爾(なんぢ)の居(を)る處(ところ)より西東北南を瞻望(のぞ)め
  15. 凡(おほよ)そ汝が觀(み)る所の地は我(われ)之(これ)を永く爾(なんぢ)と爾(なんぢ)の裔(すゑ)に與(あたふ)べし
  16. 我(われ)爾(なんぢ)の後裔(すゑ)を地の塵沙(すな)の如(ごと)くなさん若(もし)人(ひと)地の塵沙(すな)を數(かぞ)ふることを得(え)ば爾(なんぢ)の後裔(すゑ)も數(かぞ)へらるべし
  17. 爾(なんぢ)起(たち)て縱横(たてよこ)に其地(そのち)を行き巡(めぐ)るべし我(われ)之(これ)を爾(なんぢ)に與(あた)へんと
  18. アブラム遂(つひ)に天幕(てんまく)を遷(うつ)して來(きた)りヘブロンのマムレの橡林(かしばやし)に住み彼處(かしこ)にてヱホバに壇(だん)を築(きづ)けり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):創世記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書