目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 304050

Old Testament「Book of Genesis」
旧約聖書:創世記

第21章(CHAPTER 21)

  1. ヱホバ其(その)言(いひ)し如(ごと)くサラを眷顧(かへり)みたまふ即(すなは)ちヱホバ其(その)語(つげ)しごとくサラに行(おこな)ひたまひしかば
  2. サラ遂(つひ)に孕(はら)み神のアブラハムに語(つげ)たまひし期日に及びて年老(おい)たるアブラハムに男子(をとこのこ)を生(うめ)り
  3. アブラハム其(その)生れたる子(こ)即(すなは)ちサラが己(おのれ)に生(うめ)る子の名をイサクと名(なづ)けたり
  4. アブラハム神の命じたまひし如(ごと)く八日に其子(そのこ)イサクに割禮(かつれい)を行へり
  5. アブラハムは其(その)子イサクの生れたる時百歳なりき
  6. サラ言(いひ)けるは神我を笑はしめたまふ聞く者皆我とともに笑はん
  7. 又曰(いひ)けるは誰かアブラハムにサラ子女(こども)に乳を飮(のま)しむるにいたらんと言(いひ)しものあらん然(しかる)に彼が年老(おゆ)るに及びて男子を生(うみ)たりと
  8.  偖(さて)其子(そのこ)長育(そだ)ちて遂(つひ)に乳を離るイサクの乳を離るゝ日にアブラハム大(おほい)なる饗宴(ふるまひ)を設(まう)けたり
  9. 時にサラ、エジプト人(びと)ハガルがアブラハムに生(うみ)たる子の笑ふを見て
  10. アブラハムに言(いひ)けるは此(この)婢(しもめ)と其子(そのこ)を遂出(おひいだ)せ此(この)婢(しもめ)の子は吾子(わがこ)イサクと共に嗣子(よつぎ)となるべからざるなりと
  11. アブラハム其子(そのこ)のために甚(いた)く此事(このこと)を憂(うれへ)たり
  12. 神アブラハムに言(いひ)たまひけるは童兒(わらべ)のため又汝の婢(しもめ)のために之(これ)を憂(うれふ)るなかれサラが汝に言(いふ)ところの言(ことば)は悉(ことごと)く之(これ)を聽け其(そ)はイサクより出(いづ)る者汝の裔(すゑ)と稱(となへ)らるべければなり
  13. 又(また)婢(しもめ)の子も汝の胤(たね)なれば我(われ)之(これ)を一(ひとつ)の國(くに)となさん
  14. アブラハム朝夙(あさつと)に起(おき)てパンと水の革嚢(かはぶくろ)とを取りハガルに與(あた)へて之(これ)を其肩(そのかた)に負(おは)せ其子(そのこ)を携(たづさ)へて去(さら)しめければ彼往(ゆき)てベエルシバの曠野(あらの)に躑躅(さまよひ)しが
  15. 革嚢(かはぶくろ)の水(みづ)遂(つひ)に[つき]たれば子を灌木(き)の下に置き
  16. 我子(わがこ)の死(しぬ)るを見るに忍(しのび)ずといひて遙(はる)かに行き箭逹(やごろ)を隔てゝ之(これ)に對(むか)ひ坐(ざ)しぬ斯(かく)相嚮(あひむか)ひて坐(ざ)し聲(こゑ)をあげて哭(な)く
  17. 神(かみ)其(その)童兒(わらべ)の聲(こゑ)を聞(きゝ)たまふ神の使(つかひ)即ち天(てん)よりハガルを呼(よび)て之(これ)に言(いひ)けるはハガルよ何事ぞや懼(おそ)るゝなかれ神(かみ)彼處(かしこ)にをる童兒(わらべ)の聲(こゑ)を聞(きゝ)たまへり
  18. 起(たち)て童兒(わらべ)を起し之(これ)を汝の手に抱(いだ)くべし我(われ)之(これ)を大(おほい)なる國(くに)となさんと
  19. 神ハガルの目を開きたまひければ水の井(ゐど)あるを見ゆきて革嚢(かはぶくろ)に水を充(みた)し童兒(わらべ)に飮(のま)しめたり
  20. 神(かみ)童兒(わらべ)と偕(とも)に在(いま)す彼遂(つひ)に成長(ひとゝな)り曠野(あらの)に居(を)りて射者(ゆみいるもの)となり
  21. パランの曠野(あらの)に住(すめ)り其母(そのはゝ)彼のためにエジプトの國(くに)より妻を迎へたり
  22.  當時(このとき)アビメレクと其(その)軍勢の長(かしら)ピコル、アブラハムに語(かたり)て言(いひ)けるは汝(なんぢ)何事を爲(なす)にも神(かみ)汝とともに在(いま)す
  23. 然(され)ば汝が我とわが子とわが孫に僞(いつはり)をなさゞらんことを今此(こゝ)に神をさして我に誓(ちか)へ我が厚(あつき)情(こゝろ)をもて汝をあつかふごとく汝我と此(この)汝が寄留(とゞま)る地とに爲(なす)べし
  24. アブラハム言(い)ふ我(われ)誓(ちか)はん
  25. アブラハム、アビメレクの臣僕等(しもべら)が水の井(ゐど)を奪ひたる事につきてアビメレクを責(せめ)ければ
  26. アビメレク言ふ我(われ)誰が此事(このこと)を爲(なせ)しを知(しら)ず汝我に告(つげ)しこと无(な)く又我今日まで聞(きゝ)しことなし
  27. アブラハム乃(すなは)ち羊(ひつじ)と牛を取(とり)て之(これ)をアビメレクに與(あた)ふ斯(かく)て二人契約(けいやく)を結べり
  28. アブラハム牝(め)の羔(こひつじ)七(なゝつ)を分(わか)ち置(おき)ければ
  29. アビメレク、アブラハムに言ふ汝(なんぢ)此(この)七(なゝつ)の牝(め)の羔(こひつじ)を分(わか)ちおくは何のためなるや
  30. アブラハム言(いひ)けるは汝わが手より此(この)七(なゝつ)の牝(め)の羔(こひつじ)を取りて我が此井(このゐど)を掘(ほり)たる證據(あかし)とならしめよと彼等二人彼處(かしこ)に誓(ちか)ひしによりて
  31. 其處(そのところ)をベエルシバ(盟約(ちかひ)の井(ゐど))と名(なづ)けたり
  32. 斯(かく)彼等ベエルシバにて契約を結びアビメレクと其(その)軍勢の長(かしら)ピコルは起(たち)てペリシテ人(びと)の國に歸(かへ)りぬ
  33. アブラハム、ベエルシバに柳(やなぎ)を植(う)ゑ永遠(とこしなへ)に在(いま)す神ヱホバの名を彼處(かしこ)に[よべ]り
  34. 斯(かく)してアブラハム久(ひさし)くペリシテ人(びと)の地に留寄(とゞま)りぬ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):創世記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書