目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 304050

Old Testament「Book of Genesis」
旧約聖書:創世記

第22章(CHAPTER 22)

  1. 是等(これら)の事の後(のち)神アブラハムを試みんとて之(これ)をアブラハムよと呼(よび)たまふ彼(かれ)言ふ我(われ)此(こゝ)にあり
  2. ヱホバ言給(いひたま)ひけるは爾(なんぢ)の子(こ)爾の愛する獨子(ひとりご)即ちイサクを携(たづさへ)てモリアの地に到りわが爾(なんぢ)に示さんとする彼所(かしこ)の山に於(おい)て彼を燔祭(はんさい)として獻(さゝ)ぐべし
  3. アブラハム朝夙(あさつと)に起て其(その)驢馬(ろば)に鞍(くら)おき二人の少者(わかもの)と其子(そのこ)イサクを携(たづさ)へ且(かつ)燔祭(はんさい)の柴薪(たきぎ)を劈(わ)りて起(たち)て神の己(おのれ)に示したまへる處(ところ)におもむきけるが
  4. 三日におよびてアブラハム目を擧(あげ)て遙(はるか)に其處(そのところ)を見たり
  5. 是(こゝ)に於てアブラハム其(その)少者(わかもの)に言けるは爾等(なんぢら)は驢馬(ろば)とともに此(こゝ)に止(とゞま)れ我と童子(わらべ)は彼處(かしこ)にゆきて崇拜(をがみ)を爲(な)し復(また)爾等(なんぢら)に歸(かへら)ん
  6. アブラハム乃(すなは)ち燔祭(はんさい)の柴薪(たきぎ)を取て其子(そのこ)イサクに負(おは)せ手に火と刀(かたな)を執(とり)て二人ともに往(ゆけ)り
  7. イサク父アブラハムに語(かたり)て父よと曰(い)ふ彼答て子よ我(われ)此(これ)にありといひければイサク即(すなは)ち言ふ火と柴薪(たきぎ)は有り然(され)ど燔祭(はんさい)の羔(こひつじ)は何處(いづく)にあるや
  8. アブラハム言(いひ)けるは子よ神(かみ)自(みづか)ら燔祭(はんさい)の羔(こひつじ)を備(そな)へたまはんと二人偕(とも)に進みゆきて
  9.  遂(つひ)に神の彼に示したまへる處(ところ)に到れり是(こゝ)においてアブラハム彼處(かしこ)に壇(だん)を築き柴薪(たきぎ)を臚列(なら)べ其子(そのこ)イサクを縛(しば)りて之(これ)を壇(だん)の柴薪(たきぎ)の上に置(の)せたり
  10. 斯(かく)してアブラハム手を舒(の)べ刀(かたな)を執(と)りて其子(そのこ)を宰(ころさ)んとす
  11. 時にヱホバの使者(つかひ)天より彼を呼(よび)てアブラハムよアブラハムよと言へり彼言ふ我此(こゝ)にあり
  12. 使者(つかひ)言(いひ)けるは汝の手を童子(わらべ)に按(つく)るなかれ亦(また)何をも彼に爲(なす)べからず汝の子(こ)即(すなは)ち汝の獨子(ひとりご)をも我(わが)ために惜(をし)まざれば我(われ)今汝が神を畏(おそる)るを知ると
  13. 茲(こゝ)にアブラハム目を擧(あげ)て視(み)れば後に牡綿羊(をひつじ)ありて其角(そのつの)林叢(やぶ)に繋(かゝ)りたりアブラハム即(すなは)ち往(ゆき)て其(その)牡綿羊(をひつじ)を執(とら)へ之(これ)を其子(そのこ)の代(かはり)に燔祭(はんさい)として獻(さゝ)げたり
  14. アブラハム其處(そのところ)をヱホバエレ(ヱホバ預備(そなへ)たまはん)と名(なづ)く是(これ)に縁(より)て今日もなほ人々山にヱホバ預備(そなへ)たまはんといふ
  15. ヱホバの使者(つかひ)再(ふたゝび)天よりアブラハムを呼(よび)て
  16. 言(いひ)けるはヱホバ諭(さと)したまふ我己(おのれ)を指(さし)て誓(ちか)ふ汝(なんぢ)是事(このこと)を爲(な)し汝の子即ち汝の獨子(ひとりご)を惜(をし)まざりしに因(より)て
  17. 我(われ)大(おほい)に汝を祝(めぐ)み又(また)大(おほい)に汝の子孫(しそん)を増して天(そら)の星の如(ごと)く濱(はま)の沙(いさご)の如くならしむべし汝の子孫は其(その)敵の門を獲(とら)ん
  18. 又汝の子孫(しそん)によりて天下の民(たみ)皆(みな)福祉(さいはひ)を得(う)べし汝わが言(ことば)に遵(したが)ひたるによりてなりと
  19. 斯(かく)てアブラハム其(その)少者(わかもの)の所に歸(かへ)り皆たちて偕(とも)にベエルシバにいたれりアブラハムはベエルシバに住(すめ)り
  20.  是等(これら)の事の後(のち)アブラハムに告(つぐ)る者ありて言ふミルカ亦(また)汝の兄弟ナホルにしたがひて子を生(うめ)り
  21. 長子(あに)はウヅ其(その)弟はブヅ其次(そのつぎ)はケムエル是(これ)はアラムの父なり
  22. 其次(そのつぎ)はケセデ、ハゾ、ピルダシ、ヱデラフ、ベトエル
  23. ベトエルはリベカを生(うめ)り是(この)八人はミルカがアブラハムの兄弟ナホルに生(うみ)たる者なり
  24. ナホルの妾名(そばめな)はルマといふ者も亦(また)テバ、ガハム、タハシおよびマアカを生(うめ)り

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):創世記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書