目次 前へ 次へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 304050

Old Testament「Book of Genesis」
旧約聖書:創世記

第29章(CHAPTER 29)

  1. 斯(かく)てヤコブ其途(そのみち)にすゝみて東の民(ひと)の地にいたりて
  2. 見るに野に井(ゐど)ありて羊(ひつじ)の群(むれ)三(みつ)其傍(そのかたはら)に臥(ふし)ゐたり此(この)井(ゐど)より群(むれ)に飮(みづか)へばなり大(おほい)なる石(いし)井(ゐど)の口にあり
  3. 羊(ひつじ)の群(むれ)皆(みな)其處(そこ)に集る時に井(ゐど)の口より石をまろばして羊(ひつじ)に水飼ひ復(また)故(もと)のごとく井(ゐど)の口に石をのせおくなり
  4. ヤコブ人々に言(いひ)けるは兄弟よ奚(いづく)よりきたれるや彼等いふ我等はハランより來(きた)る
  5. ヤコブ彼等にいひけるは汝等ナホルの子ラバンをしるや彼等(かれら)識(しる)といふ
  6. ヤコブ又かれらにいひけるは彼は安きや彼等いふ安し視(み)よ彼の女(むすめ)ラケル羊(ひつじ)と偕(とも)に來(きた)ると
  7. ヤコブ言ふ視(み)よ日尚(なほ)高し家畜を聚(あつ)むべき時にあらず羊(ひつじ)に飮(みづか)ひて往(ゆき)て牧せよ
  8. 彼等いふ我等しかする能(あた)はず群(むれ)の皆聚(あつま)るに及(および)て井(ゐど)の口より石をまろばして羊に飮(みづか)ふべきなり
  9. ヤコブ尚(なほ)彼等と語れる時にラケル父の羊とともに來(きた)る其(そ)は之(これ)を牧居(かひゐ)たればなり
  10. ヤコブ其(その)母の兄ラバンの女(むすめ)ラケルおよび其母(そのはゝ)の兄ラバンの羊(ひつじ)を見しかばヤコブ進みよりて井(ゐど)の口より石をまろばし母の兄ラバンの羊(ひつじ)に飮(みづか)ひたり
  11. 而(しか)してヤコブ、ラケルに接吻(くちつけ)して聲(こゑ)をあげて啼哭(なき)ぬ
  12. 即(すなは)ちヤコブ、ラケルに己(おのれ)はその父の兄弟にしてリベカの子なることを告(つげ)ければ彼はしりゆきて父に告(つげ)たり
  13.  ラバン其(その)妹の子ヤコブの事を聞(きゝ)しかば趨(はせ)ゆきて之(これ)を迎へ之(これ)を抱きて接吻(くちつけ)し之(これ)を家に導きいたれりヤコブすなはち此等(これら)の事を悉(ことごと)くラバンに述(のべ)たり
  14. ラバン彼にいひけるは汝は誠(まこと)にわが骨肉なりとヤコブ一月(ひとつき)の間彼とともに居る
  15. 茲(こゝ)にラバン、ヤコブにいひけるは汝はわが兄弟なればとて空(むなし)く我に役事(つかふ)べけんや何の報酬(むくい)を望むや我に告(つげ)よ
  16. ラバン二人の女子(むすめ)を有(もて)り姉の名はレアといひ妹の名はラケルといふ
  17. レアは目弱かりしがラケルは美しくして[かほよ]し
  18. ヤコブ、ラケルを愛したれば言ふ我(われ)汝の季女(おとむすめ)ラケルのために七年汝に亊(つかへ)ん
  19. ラバンいひけるは彼を他の人にあたふるよりも汝にあたふるは善(よ)し我と偕(とも)に居(を)れ
  20. ヤコブ七年の間ラケルのために勤(つとめ)たりしが彼を愛するが爲(ため)に此(これ)を數日(すうじつ)の如(ごと)く見做(みなせ)り
  21.  茲(こゝ)にヤコブ、ラバンに言(いひ)けるはわが期(き)滿(みち)たればわが妻をあたへて我をしてかれの處(ところ)にいることを得せしめよ
  22. 是(こゝ)に於てラバン處(ところ)の人を盡(ことごと)く集めて酒宴(ふるまひ)を設けたりしが
  23. 晩(よる)に及びて其女(そのむすめ)レアを携(たづさ)へて此(これ)をヤコブにつれ來(きた)れりヤコブ即ち彼の處(ところ)にいりぬ
  24. ラバンまた其(その)侍婢(つかへめ)ジルパを娘レアに與(あた)へて侍婢(つかへめ)となさしめたり
  25. 朝にいたりて見るにレアなりしかばヤコブ、ラバンに言(いひ)けるは汝なんぞ此事(このこと)を我になしたるや我ラケルのために汝に役事(つかへ)しにあらずや汝なんぞ我を欺(あざむ)くや
  26. ラバンいひけるは姉より先に妹を嫁(とつが)しむる事は我國(わがくに)にて爲(なさ)ざるところなり
  27. 其(その)七日を過(すご)せ我等(われら)是(これ)をも汝に與(あた)へん然(され)ば汝(なんぢ)是(これ)がために尚(なほ)七年我に事(つか)へて勤(つと)むべし
  28. ヤコブ即(すなは)ち斯(かく)なして其(その)七日をすごせしかばラバン其女(そのむすめ)ラケルをも之(これ)にあたへて妻となさしむ
  29. またラバン其(その)侍婢(つかへめ)ビルハを女(むすめ)ラケルにあたへて侍婢(つかへめ)となさしむ
  30. ヤコブまたラケルの所にいりぬ彼レアよりもラケルを愛し尚(なほ)七年ラバンに事(つかへ)たり
  31.  ヱホバ、レアの嫌(きらは)るゝを見て其胎(そのたい)をひらきたまへり然(され)どラケルは姙(はらみ)なきものなりき
  32. レア孕(はら)みて子を生み其名(そのな)をルベンと名(なづ)けていひけるはヱホバ誠(まこと)にわが艱苦(なやみ)を顧(かへり)みたまへりされば今(いま)夫(をつと)我を愛せんと
  33. 彼ふたゝび孕(はら)みて子を産みヱホバわが嫌(きらは)るゝを聞(きゝ)たまひしによりて我に是(これ)をもたまへりと言(いひ)て其名(そのな)をシメオンと名(なづ)けたり
  34. 彼また孕(はら)みて子を生み我(われ)三人の子を生(うみ)たれば夫(をつと)今よりは我に膠漆(したしま)んといへり是(これ)によりて其名(そのな)をレビと名(なづ)けたり
  35. 彼(かれ)復(また)姙(はら)みて子を生み我今ヱホバを讚美(ほめ)んといへり是(これ)によりて其名(そのな)をユダと名(なづ)けたり是(こゝ)にいたりて産(うむ)ことやみぬ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):創世記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書