目次 前へ 次へ  11020 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50

Old Testament「Book of Genesis」
旧約聖書:創世記

第30章(CHAPTER 30)

  1. ラケル己(おのれ)がヤコブに子を生(うま)ざるを見て其(その)姉を[ねた]みヤコブに言(いひ)けるは我に子を與(あた)へよ然(しか)らずば我死(しな)んと
  2. ヤコブ、ラケルにむかひて怒(いかり)を發して言ふ汝の胎(はら)に子をやどらしめざる者は神なり我(われ)神に代(かは)るをえんや
  3. ラケルいふ吾婢(わがしもめ)ビルハを視(み)よ彼の處(ところ)に入れ彼(かれ)子を生(うみ)てわが膝(ひざ)に置(おか)ん然(しから)ば我もまた彼によりて子をうるにいたらんと
  4. 其(その)仕女(つかへめ)ビルハを彼にあたへて妻となさしめたりヤコブ即(すなは)ち彼の處(ところ)にいる
  5. ビルハ遂(つひ)にはらみてヤコブに子を生(うみ)ければ
  6. ラケルいひけるは神(かみ)我を監(かんが)み亦(また)わが聲(こゑ)を聽(きゝ)いれて吾(われ)に子をたまへりと是(これ)によりて其名(そのな)をダンと名(なづ)けたり
  7. ラケルの仕女(つかへめ)ビルハ再び姙(はら)みて次の子をヤコブに生(うみ)ければ
  8. ラケル我(われ)神の爭(あらそひ)をもて姉と爭(あらそ)ひて勝(かち)ぬといひて其名(そのな)をナフタリと名(なづ)けたり
  9.  茲(こゝ)にレア産(うむ)ことの止(やみ)たるを見しかば其(その)仕女(つかへめ)ジルパをとりて之(これ)をヤコブにあたへて妻となさしむ
  10. レアの仕女(つかへめ)ジルパ、ヤコブに子を産(うみ)ければ
  11. レア福(ふく)來(きた)れりといひて其名(そのな)をガドと名(なづ)けたり
  12. レアの仕女(つかへめ)ジルパ次子(つぎのこ)をヤコブに生(うみ)ければ
  13. レアいふ我は幸(さいはひ)なり女等(むすめたち)我を幸(さいはひ)なる者となさんと其名(そのな)をアセルとなづけたり
  14.  茲(こゝ)に麥苅(むぎかり)の日にルベン出(いで)ゆきて野にて戀茄(こひなす)を獲(え)これを母レアの許(もと)にもちきたりければラケル、レアにいひけるは請(こ)ふ我に汝の子の戀茄(こひなす)をあたへよ
  15. レア彼にいひけるは汝のわが夫を奪(とり)しは微(ちひさ)き事ならんや然(しか)るに汝またわが子の戀茄(こひなす)をも奪(とら)んとするやラケルいふ然(され)ば汝の子の戀茄(こひなす)のために夫(をつと)是夜(このよ)汝と寢(いぬ)べし
  16. 晩(くれ)におよびてヤコブ野より來(きた)りければレア之(これ)をいでむかへて言(いひ)けるは我(われ)誠(まこと)にわが子の戀茄(こひなす)をもて汝を雇(やと)ひたれば汝我の所にいらざるべからずヤコブ即(すな)はち其夜(そのよ)彼といねたり
  17. 神レアに聽(きゝ)たまひければ彼(かれ)妊(はら)みて第五の子をヤコブに生(うめ)り
  18. レアいひけるは我わが仕女(つかへめ)を夫に與(あた)へたれば神(かみ)我に其値(そのあたひ)をたまへりと其名(そのな)をイツサカルと名(なづ)けたり
  19. レア復(また)妊(はら)みて第六の子をヤコブに生(うめ)り
  20. レアいひけるは神(かみ)我に嘉賚(よきたまもの)を[たま]ふ我(われ)六人の男子(をのこ)を生(うみ)たれば夫(をつと)今より我と偕(とも)にすまんと其名(そのな)をゼブルンとなづけたり
  21. 其後(そののち)彼(かれ)女子(をんなのこ)を生み其名(そのな)をデナと名(なづ)けたり
  22. 茲(こゝ)に神ラケルを念(おも)ひ神彼に聽(きゝ)て其(その)胎(たい)を開きたまひければ
  23. 彼妊(はら)みて男子を生(うみ)て曰(い)ふ神わが恥辱(はじ)を洒(そゝ)ぎたまへりと
  24. 乃(すなは)ち其名(そのな)をヨセフと名(なづ)けて言ふヱホバ又他の子を我に加へたまはん
  25.  茲(こゝ)にラケルのヨセフを生むに及びてヤコブ、ラバンに言(いひ)けるは我を歸(かへ)して故郷に我國(わがくに)に往(ゆか)しめよ
  26. わが汝に事(つかへ)て得たる所の妻子(つまこ)を我に與(あた)へて我を去(さら)しめよわが汝になしたる役事(つとめ)は汝(なんぢ)之(これ)を知るなり
  27. ラバン彼にいひけるは若(もし)なんぢの意(こゝろ)にかなはゞねがはくは留(とゞま)れ我ヱホバが汝のために我を祝(めぐ)みしを卜(うらな)ひ得たり
  28. 又言ふ汝の望む値(あたひ)をのべよ我(われ)之(これ)を與(あた)ふべし
  29. ヤコブ彼にいひけるは汝は如何(いか)にわが汝に事(つか)へしか如何(いか)に汝の家畜を牧(かひ)しかを知る
  30. わが來(きた)れる前に汝の有(もち)たる者は鮮少(わづか)なりしが増(まし)て遂(つひ)に群(ぐん)をなすに至る吾(わが)來(きた)りてよりヱホバ汝を祝(めぐ)みたまへり然(しかれ)ども我は何時(いつ)吾家(わがいへ)を成(なす)にいたらんや
  31. 彼言ふ我(われ)何を汝に與(あた)へんかヤコブいひけるは汝(なんぢ)何者をも我に與(あた)ふるに及ばず汝もし此事(このこと)を我になさば我復(また)汝の群(むれ)を牧(かひ)守(まもら)ん
  32. 即(すなは)ち我(われ)今日[あまね]く汝の群(むれ)をゆきめぐりて其中(そのうち)より凡(すべ)て斑(ぶち)なる者點(まだら)なる者を移し綿羊(ひつじ)の中(うち)の凡(すべ)てKき者を移し山羊(やぎ)の中(うち)の點(まだら)なる者と斑(ぶち)なる者を移さん是(これ)わが値なるべし
  33. 後に汝(なんぢ)來(きた)りてわが價値(あたひ)をしらぶる時わが義(ぎ)我にかはりて應(こたへ)をなすべし若(もし)わが所(もと)に山羊(やぎ)の斑(ぶち)ならざる者點(まだら)ならざる者あり綿羊(ひつじ)のKからざる者あらば皆(みな)盜(ぬすめ)る者となすべし
  34. ラバンいふ汝の言(ことば)の如(ごと)くなさんことを願ふ
  35. 是(こゝ)に於て彼其日(そのひ)牡山羊(をやぎ)の斑入(ふいり)なる者斑點(まだら)なる者を移し凡(すべ)て牝山羊(めやぎ)の斑駮(ぶち)なる者斑點(まだら)なる者都(すべ)て身に白色ある者を移し又綿羊(ひつじ)の中の凡(すべ)てKき者を移して其(その)子等の手に付(わた)せり
  36. 而(しか)して彼(かれ)己(おのれ)とヤコブの間に三日程(みつかぢ)の隔(へだたり)をたてたりヤコブはラバンの餘(のこり)の群(むれ)を牧(か)ふ
  37.  茲(こゝ)にヤコブ楊柳(やなぎ)と楓(かへで)と桑(くは)の枝(あをえだ)を執(と)り皮を剥(はぎ)て白紋理(しろすぢ)を成(つく)り枝の白き所をあらはし
  38. 其(その)皮はぎたる枝を群(むれ)の來(きた)りて飮むところの水槽(みづぶね)と水鉢に立(たて)て群(むれ)に向はしめ群をして水のみに來(きた)る時に孕(はら)ましむ
  39. 群(むれ)すなはち枝の前に孕(はら)みて斑入(ふいり)の者斑駮(ぶち)なる者斑點(まだら)なる者を産(うみ)しかば
  40. ヤコブ其(その)羔羊(こ)を區分(わか)ちラバンの群(むれ)の面(かほ)を其(その)群(むれ)の斑入(ふいり)なる者とKき者に對(むか)はしめたりしが己(おのれ)の群(むれ)をば一所(ひとところ)に置(おき)てラバンの群(むれ)の中(うち)にいれざりき
  41. 又家畜の壯健(つよ)き者孕(はら)みたる時はヤコブ水槽(みづぶね)の中にて其(その)家畜の目の前に彼枝(かのえだ)を置き枝の傍(かたはら)において孕(はら)ましむ
  42. 然(され)ど家畜の羸弱(よわ)かる時は之(これ)を置(おか)ず是(これ)に因(より)て羸弱者(よわきもの)はラバンのとなり壯健者(つよきもの)はヤコブのとなれり
  43. 是(こゝ)に於(おい)て其人(そのひと)大(おほい)に富饒(ゆたか)になりて多(おほく)の家畜と婢(しもめ)僕(しもべ)および駱駝(らくだ)驢馬(ろば)を有(もつ)にいたれり

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):創世記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書