目次 前へ 次へ  11020 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50

Old Testament「Book of Genesis」
旧約聖書:創世記

第31章(CHAPTER 31)

  1. 茲(こゝ)にヤコブ、ラバンの子等(こら)がヤコブわが父の所有(もの)を盡(ことごと)く奪(うば)ひ吾(わが)父の所有(もの)によりて此(この)凡(すべて)の榮光(さかえ)を獲(え)たりといふを聞(きけ)り
  2. 亦(また)ヤコブ、ラバンの面(かほ)を見るに己(おのれ)に對(たい)すること疇昔(まへ)の如(ごと)くならず
  3. 時にヱホバ、ヤコブに言(いひ)たまひけるは汝の父の國(くに)にかへり汝の親族に至れ我(われ)汝と偕(とも)にをらんと
  4. 是(こゝ)に於(おい)てヤコブ人をやりてラケルとレアを野に招きて群(むれ)の所に至らしめ
  5. 之(これ)にいひけるは我(われ)汝等の父の面(かほ)を見るに其(その)我に對(たい)すること疇昔(まへ)の如(ごと)くならず然(され)どわが父の神は我と偕(とも)にいますなり
  6. 汝等がしるごとく我(われ)力を竭(つく)して汝らの父に事(つか)へたるに
  7. 汝等の父(ちゝ)我を欺(あざむ)きて十次(とたび)もわが値(あたひ)を易(かへ)たり然(しかれ)ども神彼の我を害するを容(ゆる)したまはず
  8. 彼(かれ)斑駮(ぶち)なる者は汝の傭値(あたひ)なるべしといへば群(むれ)の生(うむ)ところ皆(みな)斑駮(ぶち)なり斑入(ふいり)の者は汝の値(あたひ)なるべしといへば群(むれ)の生(うむ)ところ皆(みな)斑入(ふいり)なり
  9. 斯(かく)神汝らの父の家畜を奪(とり)て我に輿(あた)へたまへり
  10. 群(むれ)の孕(はら)む時に當(あた)りて我夢に目をあげて見しに群(むれ)の上に乗(のれ)る牡羊(をひつじ)は皆(みな)斑入(ふいり)の者斑駮(ぶち)なる者白點(まだら)なる者なりき
  11. 時に神の使者(つかひ)夢の中に我に言ふヤコブよと我(われ)此(こゝ)にありと對(こた)へければ
  12. 乃(すなは)ち言ふ汝の目をあげて見よ群(むれ)の上に乗(のれ)る牡羊(をひつじ)は皆斑入(ふいり)の者斑駮(ぶち)なる者白點(まだら)なる者なり我(われ)ラバンが凡(すべ)て汝に爲(な)すところを鑒(かんが)みる
  13. 我はベテルの神なり汝(なんぢ)彼處(かしこ)にて柱に膏(あぶら)を沃(そゝ)ぎ彼處(かしこ)にて我に誓(ちかひ)を立(たて)たり今起(たち)て斯地(このち)を出(いで)で汝の親族の國(くに)に歸(かへ)れと
  14. ラケルとレア對(こたへ)て彼にいひけるは我等の父の家に尚(なほ)われらの分あらんや我等の産業あらんや
  15. 我等は父に他人のごとくせらるゝにあらずや其(そ)は父(ちゝ)我等を賣(う)り亦(また)我等の金(かね)を蝕減(くひへら)したればなり
  16. 神がわが父より取(とり)たまひし財寶(たから)は我等とわれらの子女(こども)の所屬(もの)なり然(され)ば都(すべ)て神の汝に言(いひ)たまひし事を爲(な)せ
  17.  是(こゝ)に於てヤコブ起(たち)て子等(こども)と妻等(つまら)を駱駝(らくだ)に乗せ
  18. 其(その)獲(え)たる凡(すべて)の家畜と凡(すべて)の所有物(もちもの)即(すなは)ちパダンアラムにてみづから獲たるところの家畜を携(たづさ)へ去(さり)てカナンの地に居所(をるところ)の其父(そのちゝ)イサクの所(もと)におもむけり
  19. 時にラバンは羊の毛を剪(きら)んとて往(ゆき)てありラケル其父(そのちゝ)のもてるテラピムを竊(ぬす)めり
  20. ヤコブは其(その)去(さる)ことをスリア人(びと)ラバンに告(つげ)ずして潛(ひそか)に忍(しの)びいでたり
  21. 即(すなは)ち彼その凡(すべて)の所有(もちもの)を挈(たづさ)へて逃去り起(たち)て河(かは)を渡りギレアデの山にむかふ
  22.  ヤコブの逃去(にげさり)しこと三日におよびてラバンに聞(きこ)えければ
  23. 彼(かれ)兄弟を率(ひきゐ)てその後を追ひしが七日路(なぬかぢ)をへてギレアデの山にて之(これ)に追及(おひつき)ぬ
  24. 神(かみ)夜の夢にスリア人(びと)ラバンに臨(のぞ)みて汝(なんぢ)愼(つゝし)みて善(よき)も惡(あしき)もヤコブに道(いふ)なかれと之(これ)に告(つげ)たまへり
  25. ラバン遂(つひ)にヤコブに追及(おひつき)しがヤコブは山に天幕(てんまく)を張(はり)ゐたればラバンもその兄弟と共にギレアデの山に天幕をはれり
  26. 而(しか)してラバン、ヤコブに言(いひ)けるは汝我に知(しら)しめずして忍(しの)びいで吾(わが)女等(むすめら)を劍(かたな)をもて執(とらへ)たる者の如(ごと)くにひき往(ゆけ)り何ぞかゝる事をなすや
  27. 何故に汝(なんぢ)潛(ひそか)に逃(にげ)さり我をはなれて忍(しのび)いで我につげざりしや我(われ)歡喜(よろこび)と歌謠(うた)と[つゞみ]と琴(こと)をもて汝を送りしならんを
  28. 何ぞ我をしてわが孫(まご)と女(むすめ)に接吻(くちつけ)するを得(え)ざらしめしや汝(なんぢ)愚妄(おろか)なる事をなせり
  29. 汝等に害をくはふるの能(ちから)わが手にあり然(され)ど汝等の父の神(かみ)昨夜我に告(つげ)て汝つゝしみて善(よき)も惡(あしき)もヤコブに語(いふ)べからずといへり
  30. 汝(なんぢ)今(いま)父の家を甚(いた)く戀(こひ)て歸(かへら)んと願ふは善(よけ)れども何ぞわが神を竊(ぬす)みたるや
  31. ヤコブ答へてラバンにいひけるは恐(おそら)くは汝(なんぢ)強(しひ)て女(むすめ)を我より奪(とる)ならんと思ひて懼(おそ)れたればなり
  32. 汝の神を持(もて)る者を見ば之(これ)を生(いか)しおくなかれ我等の兄弟等の前にて汝の何物(なにもの)我の許(もと)にあるかをみわけて之(これ)を汝に取れと其(そ)はヤコブ、ラケルが之(これ)を竊(ぬすみ)しを知(しら)ざればなり
  33.  是(こゝ)に於(おい)てラバン、ヤコブの天幕に入りレアの天幕に入りまた二人の婢(しもめ)の天幕にいりしが視(み)いださゞればレアの天幕を出てラケルの天幕にいる
  34. ラケル已(すで)にテラピムを執(とり)て之を駱駝(らくだ)の鞍(くら)の下にいれて其(その)上に坐(ざ)しければラバン遍(あまね)く天幕の中(うち)をさぐりたれども見いださゞりき
  35. 時にラケル父にいひけるは婦女(をんな)の經(つね)の習例(ならはし)の事わが身にあれば父の前に起(たつ)あたはず願くは主(しゆ)之(これ)を怒り給(たま)ふなかれと是(ここ)をもて彼さがしたれども遂(つひ)にテラピムを見いださざりき
  36.  是(こゝ)に於(おい)てヤコブ怒(いかり)てラバンを謫(せむ)即(すなは)ちヤコブ應(こたへ)へてラバンに言(いひ)けるは我何の愆(あやまち)あり何の罪ありてか汝(なんぢ)火急(はげし)く我をおふや
  37. 汝わが物を盡(ことごと)く索(さぐり)たるが汝の家の何物を見いだしたるや此(こゝ)にわが兄弟と汝の兄弟の前に其(それ)を置(おき)て我等二人の間をさばかしめよ
  38. 我この二十年汝とともにありしが汝の牝綿羊(めひつじ)と牝山羊(めやぎ)其(その)胎(こ)を[うみそこ]ねしことなし又汝の群(むれ)の雄綿羊(をひつじ)は我食はざりき
  39. 又(また)噛(かみ)裂(さか)れたる者は我これを汝の所(もと)に持(もち)きたらずして自(みづか)ら之を補(おぎな)へり又(また)晝(ひる)竊(ぬすま)るるも夜(よる)竊(ぬすま)るゝも汝わが手より之(これ)を要(もと)めたり
  40. 我は是(かく)ありつ晝(ひる)は暑(あつき)に夜は寒(さむさ)に犯(おか)されて目も寐(ねむ)るの遑(いとま)なく
  41. 此(この)二十年汝の家にありたり汝の二人の女(むすめ)の爲(ため)に十四年汝の群(むれ)のために六年汝に事(つかへ)たり然(しかる)に汝は十次(とたび)もわが値(あたひ)を易(かへ)たり
  42. 若(もし)わが父の神アブラハムの神イサクの畏(かしこ)む者我とともにいますにあらざれば汝(なんぢ)今必ず我を空手(むなしで)にて去(さら)しめしならん神わが苦難(なやみ)とわが手の勞苦(はたらき)をかへりみて昨夜(さくや)汝を責(せめ)たまへるなり
  43.  ラバン應(こたへ)てヤコブに言(いひ)けるは女等(むすめら)はわが女(むすめ)子等(こら)はわが子(こ)群(むれ)はわが群(むれ)汝が見る者は皆わが所屬(もの)なり我(われ)今日(けふ)此(この)わが女等(むすめら)とその生(うみ)たる子等(こら)に何をなすをえんや
  44. 然(され)ば來(きた)れ我と汝二人契約をむすび之(これ)を我と汝の間の証憑(あかし)となすべし
  45. 是(ここ)に於(おい)てヤコブ石を執(と)りこれを建(たて)て柱となせり
  46. ヤコブ又その兄弟等に石をあつめよといひければ即ち石をとりて垤(つか)を成(つく)れり斯(かく)て彼等(かれら)彼處(かしこ)にて垤(つか)の上に食す
  47. ラバン之(これ)をエガルサハドタ(証憑(あかし)の垤(つか))と名(なづ)けヤコブ之(これ)をギレアデ(証憑(あかし)の垤(つか))と名(なづ)けたり
  48. ラバン此垤(このつか)今日われとなんぢの間の証憑(あかし)たりといひしによりて其名(そのな)はギレアデと稱(となへ)らる
  49. 又ミヅパ(觀望樓(ものみ))と稱(となへ)らる其(そ)は彼(かれ)我等が互にわかるゝに及べる時ねがはくはヱホバ我と汝の間を監(かんが)みたまへといひたればなり
  50. 彼又いふ汝もしわが女(むすめ)をなやまし或はわが女(むすめ)のほかに妻をめとらば人の我らと偕(とも)なる者なきも神(かみ)我と汝のあひだにいまして證(あかし)をなしたまふ
  51. ラバン又ヤコブにいふ我(わが)われとなんぢの間にたてたる此垤(このつか)を視(み)よ柱をみよ
  52. 此(この)垤(つか)證(あかし)とならん柱(はしら)證(あかし)とならん我この垤(つか)を越(こえ)て汝を害せじ汝この垤(つか)この柱(はしら)を越(こえ)て我を害せざれ
  53. アブラハムの神ナホルの神彼等の父の神われらの間を鞫(さば)きたまへとヤコブ乃(すなは)ちその父イサクの畏(かしこ)む者をさして誓(ちか)へり
  54. 斯(かく)てヤコブ山にて犧牲(いけにへ)をさゝげその兄弟を招きてパンを食(くらは)しむ彼等パンを食(くらひ)て山に宿(やど)れり
  55. ラバン朝夙(あさつと)に起き其(その)孫と女(むすめ)に接吻(くちつけ)して之(これ)を祝せりしかしてラバンゆきて其所(そのところ)にかへりぬ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):創世記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書