目次 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42

Old Testament「Book of Job」
旧約聖書:ヨブ記

第1章(CHAPTER 1)

  1. ウヅの地にヨブと名(なづ)くる人あり其(その)人と爲(なり)完全(まつたく)かつ正(たゞし)くして神を畏(おそ)れ惡に遠ざかる
  2. その産(うめ)る者は男の子七人女の子三人
  3. その所有物(もちもの)は羊(ひつじ)七千 駱駝(らくだ)三千 牛(うし)五百軛(ひき) 牝驢馬(めろば)五百 僕(しもべ)も夥多(おびたゞ)しくあり 此人(このひと)は東の人の中(うち)にて最も大(おほい)なる者なり
  4. その子等(こら)おのおの己(おのれ)の家にて己(おのれ)の日に宴筵(ふるまひ)を設くる事を爲(な)し その三人の姉妹をも招きて與(とも)に食飮(くひのみ)せしむ
  5. その宴筵(ふるまひ)の日はつる毎(ごと)にヨブかならず彼らを召(よび)よせて潔(きよ)む 即(すなは)ち朝はやく興(お)き彼ら一切(すべて)の數(かず)にしたがひて燔祭(はんさい)を獻(さゝ)ぐ 是(これ)はヨブ我子(わがこ)ら罪を犯し心に神を忘れたらんも知(しる)べからずと謂(いひ)てなり ヨブの爲(なす)ところ常に是(かく)のごとし
  6.  或日(あるひ)神の子(こ)等(たち)きたりてヱホバの前に立つ サタンも來(きた)りてその中にあり
  7. ヱホバ、サタンに言(いひ)たまひけるは汝(なんぢ)何處(いづく)より來(きた)りしやサタン、ヱホバに應(こた)へて言(いひ)けるは地を行(ゆき)めぐり此彼經(こゝかしこへ)あるきて來(きた)れり
  8. ヱホバ、サタンに言たまひけるは汝(なんぢ)心をもちひてわが僕(しもべ)ヨブを觀(み)しや彼のごとく完全(まつたく)かつ正くして神を畏(おそ)れ惡に遠ざかる人世にあらざるなり
  9. サタン、ヱホバに應(こた)へて言けるはヨブあにもとむることなくして神を畏(おそ)れんや
  10. 汝(なんぢ)彼とその家およびその一切(すべて)の所有物(もちもの)の周圍(まはり)に藩屏(まがき)を設けたまふにあらずや汝かれが手に爲(なす)ところを盡(ことごと)く成就(じゃうじゆ)せしむるがゆゑにその所有物(もちもの)地に遍(あま)ねし
  11. 然(され)ど汝の手を伸(のべ)て彼の一切(すべて)の所有物(もちもの)を撃(うち)たまへ然(さら)ば必ず汝の面(かほ)にむかひて汝を詛(のろ)はん
  12. ヱホバ、サタンに言(いひ)たまひけるは視(み)よ彼の一切(すべて)の所有物(もちもの)を汝の手に任(まか)す唯(たゞ)かれの身に汝の手をつくる勿(なか)れサタンすなはちヱホバの前よりいでゆけり
  13.  或日(あるひ)ヨブの子女(むすこむすめ)等(ら)その第一の兄の家にて物(もの)食(く)ひ酒(さけ)飮(のみ)ゐたる時
  14. 使者(つかひ)ヨブの許(もと)に來(きた)りて言ふ牛(うし)耕(たがへ)しをり牝驢馬(めろば)その傍(かたはら)に草食(くさくひ)をりしに
  15. シバ人(びと)襲(おそ)ひて之(これ)を奪ひ刄(やいば)をもて少者(わかきもの)を打殺せり我たゞ一人のがれて汝に告(つげ)んとて來(きた)れりと
  16. 彼なほ語(ものい)ひをる中(うち)に又一人きたりて言ふ神の火(ひ)天より降(くだ)りて羊(ひつじ)および少者(わかきもの)を焚(やき)て滅ぼせり我たゞ一人のがれて汝に告(つげ)んとて來(きた)れりと
  17. 彼なほ語(ものい)ひをる中(うち)に又一人きたりて言ふカルデヤ人(びと)三隊(みくみ)に分(わか)れ來て駱駝(らくだ)を襲(おそ)ひてこれを奪ひ刄(やいば)をもて少者(わかきもの)を打殺せり我ただ一人のがれて汝に告(つげ)んとて來(きた)れりと
  18. 彼なほ語(ものい)ひをる中(うち)に又(また)一人來(きた)りて言ふ汝の子女(むすこむすめ)等(ら)その第一の兄の家にて物(もの)食(く)ひ酒(さけ)飮(のみ)をりしに
  19. 荒野(あれの)の方より大風(おほかぜ)ふき來て家の四隅(よすみ)を撃(うち)ければ夫(か)の若き人々の上に潰(つぶ)れおちて皆しねり我これを汝に告(つげ)んとて只一人のがれ來(きた)れりと
  20.  是(こゝ)においてヨブ起(たち)あがり外衣(うはぎ)を裂(さ)き髮を斬(き)り地に伏して拜(はい)し
  21. 言(い)ふ我(われ)裸(はだか)にて母の胎(たい)を出(いで)たり又(また)裸にて彼處(かしこ)に歸(かへ)らんヱホバ與(あた)へヱホバ取(とり)たまふなりヱホバの御名(みな)は讚(ほむ)べきかな
  22. この事においてヨブは全(まつた)く罪を犯さず神にむかひて愚(おろか)なることを言(いは)ざりき

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ヨブ記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書