目次 前へ 次へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42

Old Testament「Book of Job」
旧約聖書:ヨブ記

第10章(CHAPTER 10)

  1. わが心(こゝろ)生命を厭(いと)ふ然(され)ば我わが憂愁(うれへ)を包まず言(いひ)あらはし わが魂神(たましひ)の苦(くるし)きによりて語(ものい)はん
  2. われ神に申さん我を罪ありしとしたまふ勿(なか)れ何故(なにゆゑ)に我とあらそふかを我に示したまへ
  3. なんぢ虐遇(しへたげ)を爲(な)し汝の手の作(わざ)を打棄(うちすて)て惡(あし)き者の謀計(はかりごと)を照(てら)すことを善(よし)としたまふや
  4. 汝は肉眼(にくがん)を有(もち)たまふや汝の觀(み)たまふ所は人の觀(み)るがごとくなるや
  5. なんぢの日は人間の日のごとく汝の年は人の日のごとくなるや
  6. 何とて汝わが愆(とが)を尋ねわが罪をしらべたまふや
  7. されども汝はすでに我の罪なきを知(しり)たまふ また汝の手より救(すく)ひいだし得(う)る者なし
  8. 汝の手われをいとなみ我をことごとく作れり然(しか)るに汝今われを滅ぼしたまふなり
  9. 請(こ)ふ記念(おぼえ)たまへ汝は土塊(つちくれ)をもてするがごとくに我を作りたまへり然(しか)るに復(また)われを塵(ちり)に歸(かへ)さんとしたまふや
  10. 汝は我を乳(ちゝ)のごとく斟(そゝ)ぎ牛酪(ぎうらく)のごとくに凝(こら)しめたまひしに非(あら)ずや
  11. 汝は皮と肉とを我に着せ骨と筋(すぢ)とをもて我を編(あ)み
  12. 生命(いのち)と恩惠(めぐみ)とをわれに授(さず)け我を眷顧(かへりみ)てわが魂神(たましひ)を守りたまへり
  13. 然(しか)はあれど汝これらの事を御心(みこゝろ)に藏(かく)しおきたまへり我この事の汝の心にあるを知る
  14. 我もし罪を犯さば汝われをみとめてわが罪を赦(ゆる)したまはじ
  15. 我もし行状(おこなひ)あしからば禍(わざはひ)あらん假令(たとひ)われ義(たゞし)かるとも我頭(わがかうべ)を擧(あげ)じ其(そ)は我は衷(うち)に羞耻(はぢ)充(み)ち眼にわが患難(なやみ)を見ればなり
  16. もし頭(かうべ)を擧(あげ)なば獅子(しし)のごとくに汝われを追打ち我(わが)身の上に復(また)なんぢの奇(くす)しき能力(ちから)をあらはしたまはん
  17. 汝はしばしば證(あかし)する者を入(いれ)かへて我を攻め我にむかひて汝の震怒(いかり)を増し新手(あらて)に新手を加へて我を攻(せめ)たまふ
  18. 何とて汝われを胎(はら)より出(いだ)したまひしや然(しか)らずば我は氣絶(いきた)え目に見らるゝこと無く
  19. 曾(かつ)て有(あら)ざりし如(ごと)くならん即(すなは)ち我は胎(はら)より墓(はか)に持(もち)ゆかれん
  20. わが日は幾時(いくばく)も无(な)きに非(あら)ずや願くは彼(かれ)姑(しば)らく息(やめ)て我を離れ我をして少しく安んぜしめんことを
  21. 我が往(ゆき)て復(また)返ることなきその先に斯(かく)あらしめよ我は暗き地(ち)死の蔭(かげ)の地に往(ゆか)ん
  22. この地は暗くして晦冥(やみ)に等しく死の蔭(かげ)にして區分(わいだめ)なし彼處(かしこ)にては光明(ひかり)もK暗(くらやみ)のごとし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):ヨブ記 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書